2024年4月現在:1バーツ=約4.1円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

タイ国内外旅行

アユタヤ・カンチャナブリー・サメット島などへのバス旅!チャトチャックミニバスステーションを使いこなそう

当サイトは記事広告・アフィリエイトによる収益を得ております

Sunnyside

こんにちは!Sunnysideです。

タイ旅とバンコク街歩きが大好きで、夫と2人の子どもたちとタイ国内を色々と巡り、77県中76県を訪れました。

今回は、バンコク北バスターミナルの向かいにあるチャトチャックミニバスステーションについてご紹介します

チャトゥチャック ミニバスステーション(MINIBUS STATION CHATUCHAK)は、中・近距離向け小型バスの乗り場です。

バンコク最大のバス乗り場「北バスターミナル」の向かい側にあります。

アユタヤや、チャチューンサオなどのバンコク近郊はもちろん、カンチャナブリーやサメット島など、結構いろいろなところに行けてしまう小型バス。

このあたりはツアーで参加することが多いかもしれませんが、バスだと何といっても低価格で、そして自分だけのペースで行き来できるのが魅力です。

どんなところに行けるのか、紹介していきますね。

タイの北部・東北部・南部など長距離バスを使う場合は、こちらの記事にチケットの購入方法など記載しています!

チャトゥチャック ミニバスステーションへの行き方

チャトゥチャック ミニバスステーションは、バンコクの長距離バス乗り場として有名な「北バスターミナル」の向かい側にあります。

BTSモーチット駅(Mo Chit)又はMRTチャトチャック・パーク駅(Chatuchak Park)からアクセスします。

駅からは、①タクシー、②バイタク(バイクタクシー)、③路線バスなどで移動しましょう。

タクシーやバイタクは、駅前に待機しています。

行き先は、「モーチット・マイ(หมอชิดใหม่)」と言えば伝わるかと思います。

バスで行く場合、バス停は駅出口の北側にあります。

バスは、52、94、122、134、136、138、145、517、529、A1が、北バスターミナルに停車します。だいたい10~15分位で着きます。

北バスターミナルについたら、建物の正面にある歩道橋に向かいます。

歩道橋を渡って降りたら、そのまま直進します。

少し行くと高架下に建物があり、「チャトチャックミニバスステーション(MINIBUS STATION CHATUCHAK)」の看板が見えてきます。

チャトゥチャック ミニバスステーションの様子

ミニバスステーションの地図がこちら。行き先別に、チケット売り場がA棟からD棟までに分かれています

トイレが3か所あり(7番)、またミニマートが左奥(10番)と右手前(5番)にあるようです。

チケット売り場は、A棟からD棟の建物の中にそれぞれあります。

A棟(カオヤイなどタイ中部行き)

A棟は、主にカオヤイなどのタイ中部行きになります。

建物の中はこんな感じ。チケットカウンターと、待ち合い用の椅子があります。

カウンターごとに行き先が書かれています。英語も表記してあるのでわかりやすいですね。右側に書かれている数字がチケットの代金です。

上の「A1」「A2」と書かれている部分が、乗り場と連動していますので、先ほどの地図を見ながら乗り場を確認しましょう。

A棟で販売しているバスの主な行き先

B棟(アユタヤなどタイ中部行き)

入り口左側すぐにあるのがB棟。B棟は主にアユタヤやロッブリーなど、タイ中部行きのバスがあります。

よく見ると、同じ行き先のバスが、複数のカウンターで売られています。やる気のあるカウンターだと、スタッフさんが行き先を盛んに連呼し、客引きの掛け声が勢いよくかかってきます。

おそらくバスの運営会社同士で競ってるんでしょうね。

B棟で販売しているバスの主な行き先

Sunnyside

アユタヤまでなんと59バーツ!近所に電車で行く価格で行けてしまうんだね

C棟(パタヤなどタイ東部行き)

C棟は入り口入って右側にあります。C棟は、主にパタヤサメットなどのタイ東部行きです。

Sunnyside

C棟の行き先は、なぜか看板に価格が書いてなかったよ。カウンターごとに料金が違うかもしれないので、訪ねて比較してみよう

D棟(カンチャナブリーなどタイ西部行き)

一番右奥にあるD棟。D棟はメークロンやホアヒン、カンチャナブリーなど、タイ西部行きのようです。

D棟で販売しているバスの主な行き先

各棟それぞれの入り口の反対側に、バス乗り場へと続く扉があります。

バス乗り場には、たくさんの車が待機しています。乗り場と出発時間をよく確認して待機するようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。改めて全棟見てみると、思ってた以上に色々な場所に、バスで行けてしまうんだなあと驚かされました。

ここに書いてない行き先で、「ここどこ?」みたいな場所もたくさんあったので、まだまだ知られていないタイの町があるのかもしれないと思うと、ワクワクしました。

まずはアユタヤやチャチューンサオなど、近場の日帰りなどで利用してみると、小旅行が楽しめるかもしれませんね。

ABOUT ME
Sunnyside
Sunnyside
タイ在住。バンコクの街歩きと、市場でくつろぐ猫が大好き。ガイドブックに収まりきらないタイ国内旅行の魅力を発信中!よりディープなお出かけはInstagramから

こんな記事もおすすめ