2024年1月現在:1バーツ=約4円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

アーントーン

【アーントーン県】おすすめ観光スポットや見どころを紹介します!タイ最大の仏像あり!

Sunnyside

こんにちは!Sunnysideです。

タイ旅とバンコク街歩きが大好きで、夫と2人の子どもたちとタイ国内を色々と巡り、77県中76県を訪れました。

今回は、アーントーン県の見どころについて紹介します。

「金の器」という意味を持つアーントーン県は、タイ中部のチャオプラヤー川の低地に位置しています。

県内に200以上もの仏教寺院がある歴史ある県

アユタヤと隣接しているので、一緒に観光してみるのもオススメです。

特筆すべきスポットしては、やはりワット・ムアン。

国内最大の黄金の仏陀坐像ががあり、数キロ離れた場所からでも、水田にそびえ立つ仏像を確認することができます。

この記事では、アーントーン県の魅力について紹介していきます。

【寺院】ワット・ムアン

ワットムアンは、バンコクから車で約1時間40分程の場所にあるお寺。

みどころは何といっても、16年の歳月をかけて作られたという高さ93mの巨大ブッダ。

周りに何も建物がないので、寺院に訪れる前からその存在感は抜群。

ワットムアンの大仏の魅力はやはり、この手に触ることができるところだと思います。

バンコクのワットパクナムなど、タイの大仏は他の場所にもありますが、台座部分の高さがなく、直接手で触れられるというのはここならでは。

子供の手と比べてみると、いかに大きいのかがわかりますね。

エリアの一角には、タイでよく見かける地獄ゾーンがあります。怖いのが苦手な子どもがいる場合は避けて通りましょう。

お酒を飲んでしまったため煮え湯を飲まされる罪人。

エリアの一角には、タイでよく見かける地獄ゾーンがあります。

Sunnyside

ここから見るとまさに地獄に仏!

ちなみにこの寺院には鏡張りの礼拝堂があるらしいのですが、敷地内が広すぎて訪れるのを忘れてしまいました。残念!

参拝料なし
地図Googleマップで開く
Webhttp://www.watmuang.com/

【市場】サーンチャオローントーン市場

ワット ムアンから車で10分程行った場所に、サーンチャオローントーン市場があります。

百年市場との表記はなかったのですが、歴史を感じさせる路地裏です。

この市場では、主にお菓子が売られているようです。

店内がセピアトーンで、まるでタイムスリップしたかのような雰囲気。

こちらのお菓子屋さんも、100年ぐらいやってそうな風格があります。

サーンチャオローントーン市場は、昔ながらの市場の雰囲気を感じる場所でとてもよかったです。

タイの市場歩きが好きな方は、寄ってみてもいいかも。

地図Googleマップで開く
営業時間4:00〜16:00

【寺院】ワット・チャイヨー・ウォラウィハーン

アーントーン県北端のチャオ プラヤー川沿いにあるワット・チャイヨー・ウォラウィハーンは、県内で最も古い寺院のひとつ。

タイの第2級王室寺院となります。

アーントーンの地元の人々の参拝で常ににぎわっており、堂内には金色の座像が鎮座しています。

寺院の前には市場もあり、食材などが売られていました。

観光地ではなく、アーントーンの住民のための市場という印象を受け、寺とともにある人々の暮らしを垣間見ることができました。

暑くなってきてあまり歩かなかったのですが、チャオプラヤー川沿いにあり、川からの景色もよさそうでした。

地図Googleマップで開く
営業時間7:00〜17:00

【寺院】ワット・クン・インタプラムーン

アーントーン県で最後に訪れたのは、ワット・クン・インタプラムーン。

全長約50mのタイ最大級の涅槃仏を有する寺院です。

スコータイ王朝時代に建立された古刹ですが、涅槃仏が納められていた本堂が火災で倒壊し、アユタヤ時代以降何百年と雨風にさらされ続けてきたそうです。

ワットポーとはまた違った時代の、ちょっと可愛げのあるお顔の涅槃像。

涅槃像の裏側も歩くことができます。当時を思わせる長い回廊。

これだけ大きな本堂がスコータイ時代にもあったというのが、タイのスケールを感じさせますね。

タイで遺跡というと世界遺産のアユタヤとスコータイが有名ですが、この二つの都市を結ぶ地域がアーントーン県やシンブリー県といったタイ中部エリアになります。

そのため、こうした遺跡が各地に点在しており、陸続きで仏教と町が発展していったことが、よく分かります。

地図Googleマップで開く
Webhttps://www.watkuninthapramul.com/

まとめ

以上、アーントーン県の観光スポットについてご紹介しました。

タイの観光地からすこし離れた地域で、ゆっくりと仏教建築を見たいなら、アーントーン県は非常にオススメな場所です。

このほかにも沢山の見ごたえのある寺院がありますので、ぜひドライブしてみてください。

ABOUT ME
Sunnyside
Sunnyside
タイ在住。バンコクの街歩きと、市場でくつろぐ猫が大好き。ガイドブックに収まりきらないタイ国内旅行の魅力を発信中!よりディープなお出かけはInstagramから

こんな記事もおすすめ