2024年5月現在:1バーツ=約4.2円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

バンコク観光

タイ・バンコク旅行で携帯スマホでネットを使う6つの方法。SIMやポケットWi-Fiの選び方

当サイトは記事広告・アフィリエイトによる収益を得ております

タイに旅行に行くとき、携帯はどうされますか?

海外旅行に慣れている人なら、海外ではこのSIMを使って…なんてすぐに考えが巡るかもしれませんが、そうでない場合どうしたらいいか困りますよね。

この記事では、タイ旅行で携帯を使う6つの方法について解説していきたいと思います。

旅行でなく、海外赴任・移住の方はこちらの記事をご覧ください。

お使いのスマホがSIMフリーかどうかがポイント

今使われているスマホが、SIMフリースマホかどうかが、携帯をどう使うかを考えるにあたり、重要事項になります。

以前はDocomoやau、Softbankといった大手キャリアで購入したスマホには、他社のSIMが入れられないようにロックがかかっていました。

2021年夏以降に販売されたスマホはロックが解除された状態で売られています。

ですので、最近スマホを買い替えたよって方は基本的にSIMフリースマホだと思うんですが、購入してから数年使っているって方は注意が必要です。

もしも数年前に購入したスマホをお使いの場合でロックがかかっている場合は、購入ショップでロックを外してもらえますよ。(タイでもSIMロック解除の手続きはできます。)

【タイ旅行の携帯事情①】eSIMを使う

私はここ数年、海外へ行くたびにeSIMを使っています。

eSIMは、タイ渡航前(私は空港で手続きすることが多い)に購入・設定しておけば、飛行機が着陸した瞬間からネットを使うことができるという優れもの。

お手持ちのスマホがeSIM対応であれば、ぜひeSIMも検討してみて!

  • 物理SIM:スマホに差し込むカードタイプ
  • eSIM:スマホに内蔵された本体一体型タイプ。SIMの差し替え作業が不要

iPhoneならXS以降のモデルは全てeSIMに対応しています。

eSIMは主回線は元から使ってる日本のSIM、副回線をタイの現地SIMといった感じで、2回線設定することができます。

その切り替えもスマホ上でボタン一つでできちゃいます。

eSIMといっても取り扱っている会社が色々とあるので実際に使ってみてよかったものをご紹介します!

おすすめのeSIM ① Holafly(オラフライ)

直近のタイ旅行で使ったはHolafly(オラフライ)のSIM!

データ無制限で使うことができるので、移動中に動画を見たり、仕事でネット環境をよく使う人にはおすすめのSIMです。

設定も簡単でした!

5%オフの割引クーポンコードをいただいたので、よかったら使ってください◎

クーポンコード:PUKUKO

Holafly公式ページ

おすすめのeSIM ② airalo(エラロ)

これまで一番よく使っていたのはairalo(エアアロ)です。

私はよくデータと通話付きのSIMを購入していたんですが、最近売り切れが多いんですよね。もし売り切れてなければ、それがオススメ!

データだけのSIMも売ってますが、あまりコスパ良くないかな。ドル表記なのが慣れないと分かりづらいかもしれません。

こちらもクーポンコードあります!

クーポンコード:BRDBXU4391

airalo公式ページ

おすすめのeSIM ③ TRAVeSIM(トラベシム)

街中とホテルのWi-Fiを使いつつ、外では少しだけネットを見たりGoogleマップを見るだけって方には、このTRAVeSIMが分かりやすくていいと思います。

6GBで8日間1,980円とプランが1つしかないので明瞭で楽ちん!

ただ、ギガが足りなくなったときに追加購入ができないのが、ちょっと不安かもしれません。

TRAVeSIM公式ページ

【タイ旅行の携帯事情②】現地の物理SIMを使う

eSIM対応ではない、もしくはもっと安いプランがいい!ということであれば、現地の空港で物理SIMカードを購入するのも良いでしょう。

タイの空港ショップで直接購入できますが、事前にKlookというサイトで申込しておくと、実は一番安くゲットできます。

例えば、空港で売っているSIMカードは8日間15GBで299B(約1,200円)です。

これでも十分安いですが、Klookで購入すると10日間50GBで約1,000円です。しかもこの値段で通話(電話番号)付き!

   スワンナプーム空港やドンムアン空港、プーケット空港で受取可能です。

出発前に空港で申し込みすれば、タイ到着時に空港のKlookカウンターで受取でき、その場でアクティベートしてくれます。

しかも、当サイト限定のクーポンコードを使うとさらに5%割引で購入することができるんです!

Klookを使うときには当サイト「BANGKOK GIRLS NOTE」限定のクーポンコードを要チェック!

決済画面でクーポンコードを入力してください。

何度でも使える5%オフクーポン
→「PUKUKO5OFF」

※割引上限1,000円
※3,000円以上の利用

【タイ旅行の携帯事情③】ポケットWi-Fiを使う

SIMフリースマホではない、またはスマホだけじゃなくタブレットやパソコンなど、複数のデバイスをネットに繋げたい、という方は、ポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめです。

海外旅行用のWi-Fiは色々ありますが、コスパで選ぶなら、海外Wi-Fiレンタルショップです。

なんとデータ無制限なのに1日650円〜。1GBプランで1日500円から。使用していない日の通話料はかかりません。

子どもが動画を見たりと、外でもけっこうスマホを見るよ!って方は無制限がオススメ。複数デバイスで一緒に使えます。

受け取りも事前に送ってもらったり、空港の24時間あいてるコンビニで受け取れたりと、楽々。終わったら帰国日翌日までにポストに入れるだけです。

【タイ旅行の携帯事情④】日本で物理SIMを購入しておく

現地の空港でSIMを購入したりが面倒な方は、Amazonでタイで使えるSIMを購入しておくこともできます。

【タイ旅行の携帯事情⑤】日本のSIMの国際ローミングを使う

日本で契約されているSIMでも、追加料金なしの契約範囲内で国際ローミング使用が設定されているものがあります。

例えば以下のようなプランがあります。

  • 楽天モバイル:月2GBまで国際ローミング可能
  • ahamo:日本とあわせて月20GBまでの中で可能
  • LINEMO:3GB・980円で可能
  • docomo:24時間・980円で可能
  • Softbank:1日2,980円で使い放題
  • au:24時間490円〜

安価で国際ローミングできる楽天モバイルやahamoは海外によく行く方にとってはメリットが大きいですね!

【タイ旅行の携帯事情⑥】現地の無料Wi-Fiを駆使する

タイではホテル、カフェ、レストランなど、至る所でWi-Fiが使えるようになっています。

ですので、上記の案に、無料Wi-Fiを組み合わせながら使っていくのがおすすめ。

旅行でどれくらいギガを使うか分からない場合は、ひとまず安いものにしておいて、後でパッケージを追加するくらいで良いと思います。

SIMも買わず、Wi-Fiも契約せずにタイに遊びに来てた友人も時々いましたが、それはあまりにも不便すぎるかなと思います。

例えばタクシーに乗るときでも、Googleマップを確認しながらいった方がいいですし、何か事故に遭った時にも外で携帯が使えないと困ります。(タクシー内にWi-Fiはありません。ただし高級タクシーならWi-Fiがある場合も)

タイ・バンコク旅行で携帯スマホを使う方法 まとめ

色々な方法がありますが、昔の海外旅行に比べたら簡単に携帯が繋がるようになって本当に便利ですね。そして安価になりました。

逆に「旅行中だから携帯は繋がりません」って出来ないのが不便ですが笑

何かしらの通信手段を持って、タイに遊びに来てくださいね!

ABOUT ME
アバター
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。 応援メッセージはこちらから!
こんな記事もおすすめ