バンコク観光

アンパワー水上マーケットで蛍鑑賞クルージング!【見どころ・営業時間・行き方まとめ】

タイに来たら、水上マーケットに行くのも楽しみのひとつ。

運河の両岸にビッシリ並んだお店で、タイ料理を楽しんだり、お土産屋めぐりを楽しんだり。そして、運河ボートでのクルージングも人気です。

バンコクの水上マーケットといえばダムヌンサドゥアックが有名ですが、アンパワーもたくさんのタイ人観光客が訪れています。

その目的は、蛍!!

私たちも、蛍目当てにアンパワーでナイトクルージングを楽しんできましたので、レポートしたいと思います!

 

アンパワー水上マーケット 営業時間

バンコクから車で約1時間半。

古い伝統家屋や長屋が残り、地元住民も昔ながらの水上生活を続けていることから、タイ人観光客にも人気の水上マーケットです。

アンパワー水上マーケットの営業時間は、金土日曜日の15時〜21時

有名なダムヌンサドゥアックは、朝から行って楽しむマーケットですが、アンパワーは夕方から夜にかけて楽しめるマーケット。

日帰りでも行くことができますが、今回はゆったり過ごしたかったので、一泊して行きました。

近くには、線路の折りたたみで知られるメークロン市場もあるので、二日目は朝からそちらも観光して帰りました。

日帰りで行くなら、朝にメークロン市場、午後からアンパワーというコースがオススメです。

 

アンパワー水上マーケット 行き方

車を手配

バンコクからは車で1時間半。あっという間に着きました。


GoogleMapで開く

何人かで行くなら、Grabかレンタカーを手配して行くのがオススメです。

 

ロットゥ

旧南バスターミナルからアンパワーまでロットウが出ているそうです。

こちらのブログで詳しく書かれていました。

>> アンパワー水上マーケットの観光は蛍が見られる夜からがおすすめ。

交通費を抑えたい!という方にはこんな選択肢があります。

ただ、そもそもバンコクの中心地から旧南バスターミナルが離れていること、ロットウの運転は超荒いことで有名なので、個人的にはあまりおすすめしません。

 

ツアー

一番楽なのは、ツアーに参加しちゃうことです。

いろいろな会社からツアーが出ていますが、送迎&日本語ガイドがついている、こちらのツアーはオススメです。

>> 夜の水上マーケット(アンパワー)+ホタル鑑賞ナイトクルーズ<金・土・日/午後/送迎/日本語ガイド>

15時にバンコク出発、アンパワーで買物や食事、蛍ツアーを楽しんで、21時半頃にホテルへ戻ってくるプランです。

アンパワーとメークロン市場がセットになったツアーもあるので、こちらも是非チェックしてみてください。

 

アンパワー水上マーケット の様子

私たちは13時半頃にバンコクを出発、15時頃にホテルへ到着してチェックイン。

16時半頃にマーケットへ行ってみました。

アンパワーは、全長およそ500mの運河沿いにびっしりとタイ料理店や土産物店、カフェなどが並んでいます。

両岸とも見て回ると、けっこう時間がかかります。

川で採れた新鮮なエビをそのまま調理して出してくれるお店がたくさん。

プラートゥって魚はどこかしこで売られています。勇気が出なくて食べられなかった…!美味しいのかな?

タイのミニチュア模型。置くところないくせに、見てると欲しくなっちゃう!

蛍ツアーまでの間が暇すぎて、射的2回くらいやりました笑

カフェでもけっこう時間潰しさせてもらいました笑

子供がいなければ、マッサージ行ってたな。

これは、蛍ツアー後に入ったレストランで、焼海老にフライドガーリックをまぶしたもの。めっちゃ美味でした!!

ここ、マーケットの端っこのレストランですが、ベビーチェアあったんですよね。お店の名前をメモっておけばよかった…!

 

アンパワー水上マーケット 蛍ツアー

蛍ツアーの参加費は1人60バーツ(約200円)

色々と見て回りましたが、だいたいどこも60バーツでした。とりあえず目についたところで申し込めばいいと思います。

18時半にまた来てねと言われたので、時間通りに行ってみたら19時と言われました(((((( ;゚Д゚)))))

16時半から19時まで2時間半も時間を潰せるほど、アンパワーは見どころたっぷりではありません。

食事を蛍ツアー後で食べる予定なら、17時半頃に来てもいいんじゃないかと思います。

19時前にようやく人が集まってきて、こんな感じのボートに乗りこんでいきます。

当然ながらシートベルトなどはないので、動きたい盛りの1歳児を押さえつけるのに大変でした。

一番前の席でスペースが空いてたから良かったです。(とはいえ、今度は船から落ちないように見るのが大変でしたが)

ボートが動き出してから、最初は子供も興奮していましたが、1時間も乗るのでだんだん飽きてきちゃって、とにかくお菓子やオモチャで頑張ってもらいました。

0歳児なら抱っこ紐でOKでしょうし、2歳以上なら良い子に座ってるんじゃないかと思うので(子によりでしょうけど)、1歳児が一番大変じゃないかと感じました (´∀`;)

でも、ちょうど陽が暮れる間際の岸辺の様子を見ながらボートで進んでいくのは、とっても風情があって綺麗でした。

お店の人も手を振ってくれたりして、こちらのテンションも高まっていきます。

ボートで進んで少しすると、船頭さんがエンジンを止めて「蛍がいるよ!」と促してくれます。

指差す方向を見ると、確かに蛍の光が!!

アンパワーの蛍は、マングローブの一種であるランプーの木の花蜜を求めてやってくるそうです。確かに、木の周りにたくさん集まっていました。

凄く小さい光が規則的に点滅する様子が、まるでクリスマスツリーの電飾のようでした。

(本当に電飾だという噂があるのはここだけの話)

光が小さすぎて、うまく写真におさめられませんでしたが、とても綺麗で幻想的でしたよ。

夕陽が落ちるのを楽しみながらのナイトクルーズは、それだけでも情緒があってオススメです。

 

まとめ

以上、アンパワー水上マーケットと、蛍鑑賞クルージングの紹介でした。

週末の15時からオープンのアンパワーですが、やっぱりここに来たら蛍鑑賞をしていかないと損かなと思います。

アンパワーの蛍は1年中見ることができます。

が、雨季の間だと夕方〜夜にかけて雨が降ることも多いので、大変です。

もうすぐ乾季を迎える今、是非一度蛍ツアーに参加してみてくださいヾ(´∀`)ノ

アンパワー水上マーケットのツアーをチェックする

 

施設詳細

アンパワー水上マーケット

  • 住所:Amphawa, Samut Songkram
  • 電話:アンパワー町役場 034-751-359 (タイ語・英語のみ)
  • 営業時間:毎週金土日の週末のみ 15:00~21:00

※ 2018年9月29日現在:1バーツ=約3.4円

ブログランキング参加中!
記事が面白かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
ABOUT ME
pukuko15
pukuko15
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!