バンコク観光

【2022年版】線路の上にあるメークロン市場を見に行こう!電車の時刻表・行き方まとめ

※2022年3月現在、列車の本数が減っており1日2本のみとなっております。

メークロン市場は、別名パタパタ市場と呼ばれており、線路ギリギリまで市場がせり出している迫力満点のスポット。

アンパワー水上マーケットと、メークロン市場は車で15分ほど。かなり近いので、次の日にはメークロン市場へGO!

私は前の日にアンパワー水上マーケットの蛍鑑賞クルージング楽しんだ後、その日はアンパワー近くにホテルを取って泊まり、午前中のうちにメークロン市場を訪れました。

この記事では、メークロン市場について解説していきたいと思います!

メークロン市場 概要

メークロン市場は、バンコクから1時間ちょっとで行ける観光地としても人気の場所。

実際に使われている線路のギリギリまで市場がせり出していて、列車が通るのにあわせてテントを折りたたみ、列車が通過するとすぐに元に戻して市場を再開する姿が面白くて、こぞって観光客が押し寄せます。

そして、そのテントを折りたたむ様子から、「折り畳み市場」や、「パタパタ市場」と呼ばれています。

メークロン市場 行き方

メークロン市場へは、以下の4つの方法で行くことができます。

  1. 車(マイカー・レンタカー・タクシーなど)
  2. ロットゥ
  3. 列車
  4. ツアー

車を手配

バンコクからは車で1時間半。あっという間に着きました。

私は車で行きましたが、バンコクから1時間半ほど。帰りはかなり空いていて、1時間ほどで帰ってこれました。

Grabでも行けますし、何人かで行くならレンタカーを手配して行くのもオススメです。

ロットゥで行く

とにかく安く行きたい!という方は、ロットゥで行く方法もあります。

時間と体力がいるので、小さいお子さん連れにはあまりオススメしませんが、ローカル感を味わえて面白いです。案外簡単に行けちゃいます。

詳しい行き方はYouTubeで解説しています!(序盤)

ツアー

とりあえず、手っ取り早くメークロン市場に行くのであれば、ツアーに参加するのが確実です。

メークロン市場 楽しみ方

メークロン市場ですが、基本的には列車が通過するのを楽しむところなので、列車の通る時間を調べなければいけません。

ちなみに2022年3月現在、列車の本数が減っており下の表の赤字の部分のみとなっています。

メークロン発メークロン着
6:2008:30
9:0011:10
11:3014:30
15:3017:40

8時15分くらいのアンパワー駅前の様子。まだ人もまばらで見やすいです。

カーンカーンと汽笛が聞こえたら、おもむろに屋根を閉じ始める店舗たち。

もう毎日のことで慣れているから、めちゃくちゃ素早い笑

そんなこんなしてると、あっという間に電車通過!!!

時間的にもう1回見れそうだったので写真リベンジ!!写真が綺麗に撮れるスポットで待機します。

来ました!今度こそ!!

完全に果物の上を通過しているような…

もうだいぶ近くに寄ってきた!!

おおおー!!近い!!!

この距離感、伝わりますか!?

だいぶ明るく綺麗に写真が撮れて、大満足ヾ(´∀`)ノ

2回チャンスがあったので、慌てず撮ることができました。

もう1回時刻表を貼っておきますね!

メークロン発メークロン着
6:2008:30
9:0011:10
11:3014:30
15:3017:40

2022年3月現在は、赤字で示した時刻のみです。また変わる可能性があります。

メークロン市場 周辺散策

列車が来たときの様子をかいつまんで紹介しましたが、市場のことについても触れたいと思います。

列車が来てないときの様子はこんな感じ。

売られているものは、魚や肉などの生鮮食品が中心。なので、市場自体は臭い…。

食用の虫が売られていたりと、正直あんまり惹かれるものはありません笑

駅と反対側に歩いていくと、線路沿いにカフェがあったので、2回目の電車が来るまでここで休憩。

店主のおじさんが優しくていい人でした。お店も線路沿いなので、通過する様子を楽しむだけならお店からでも見れますよ。

列車のスケジュールも書いてくれていて親切。

ここがメークロン駅。軽食やドリンク、雑貨を売る屋台が少し出ていました。

ちなみに、線路の上を歩くのでベビーカーは難しいです。

まとめ

以上、メークロン市場について書いてみました。

自分の目の前を列車が通っていく姿は圧巻ですし、列車が来ても飄々と商売を続ける市場の方々の姿がなんとも面白かったです。

線路の上を歩いて進むのも、日本ではできないことなので、バンコクに来たときには是非一度見に行ってみてほしい観光スポットです。

ABOUT ME
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 5歳児ママ。かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。

BANGKOK GIRLS NOTEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

こんな記事もおすすめ