バンコク観光

旬の果物が食べ放題!ラヨーンのフルーツ農園【Suphattra Land(スパットラ・ランド)】

Sunnyside

こんにちは!Sunnysideです。夫と2人の子どもたちとタイ国内を色々と巡っています。

今回はラヨーン県にあるフルーツ食べ放題の農園 “Suphattra Land(スパットラ・ランド)” を紹介します。

常夏の国タイに来て意外だったのが、南国フルーツにも旬があるということ。

1年中暑いので果物も年中取れるのかと思っていましたが、マンゴーやライチは4〜5月と言った様に、ちゃんと「一番おいしい時期」というのはあるんですよね。

その中でも多くのタイ人が待ち望んでいるのが、果物の王様ドリアン!

今回はドリアンを初め、園内の果物の食べ放題ができるフルーツ農園を紹介します。

スパットラ・ランドの場所と行き方

スパットラ・ランドはタイ東南部ラヨーン県にあります。

バンコクから車で約2時間半程度かかるので、サメット島やパタヤへの旅行にあわせて行くのがお勧めです。

 800ライの敷地面積の中に、数多くの果樹が植えられており、その他に養蜂や、メディカルハーブの製造・開発も行っているんだとか。

園のWebサイトによる果物の旬カレンダー。

上からドリアン、ランブータン、マンゴスチン、ロンコン、スターフルーツ、ぶどう、サラ、パッションフルーツ、ドラゴンフルーツ、マンゴー、ロンガン

ドリアンは年中食べられるようですが、4月から6月が旬の様です。

スパットラ・ランドのチケットの買い方と予約方法

この園でちょっとやっかいなのが、チケットブースはあるものの、料金表示がないというところ。

他のシーズンはわかりませんが、ドリアンビュッフェが開催されていた2022年5月時点の料金は以下の通り(タイ人、外国人同価格)

土日祝日(ビュッフェあり)

  • 大人:690バーツ
  • 子供:345バーツ(身長90cm~120cm)

平日(ビュッフェなし)

  • 大人:120バーツ
  • 子供:60バーツ(身長90cm~120cm)

※平日は午前9時と午後2時の2ラウンドのみ

スパットラ・ランドは年中開園していますが、ドリアンビュッフェのシーズン(5月~6月)は特別混んでいるということだったので、念のために予約して行きました。

チケットが買えるLINEショップはタイ語オンリー。

事前予約すると少し安く購入できます。

  • 大人:690バーツ→650バーツ
  • 子供:345バーツ→325バーツ

分かりづらいのですが、購入画面の下部「メモ欄」のところに「訪問予定の日付と時間」を手打ちで入力する必要があります。

英語で大丈夫です。

事前予約は3日前まで。当日はカウンターで購入後の画面を見せれば入れます。

Sunnyside

この予約サイト、ローカル色強めなので、購入画面のキャプチャーを取っておくなどして備えよう

チケットは3枚つづりになっています。

チケットブースでウェルカムドリンクを飲むときに1枚、トラムに乗るときに1枚、ビュッフェ会場で1枚使用します。

なくさないようにしましょう。

ウェルカムドリンク、この時はロンガン(ラムヤイ)ジュースでした。

Sunnyside

ウェルカムドリンクは退場時に提示しても飲めるよ。一息つきたい帰り際に飲むのもオススメ

前半はトラムで果樹園を周回

トラムは20分に1回周回します。自家用車の乗り入れは出来ません。

園内は広いので歩く人も見られませんでした。

トラムに乗っている間の解説はタイ語のみ。

商売っ気がないのか、木の前で止まったりということもあまりなく、様々な果樹園を颯爽と通り過ぎていきます。

Sunnyside

もうちょい見せてーな!と思う速度で駆け抜けていくので、写真を撮りたい方はトラムの外側席に座ろう

サラ(棘のついた小さくて赤いフルーツ)の木。

南国の木って結構どぎついというか、とげとげした見た目のものが多いですよね。沢山の房が鈴なりになっていました。

栗の木かと思ったら熟れていないランブータン(ふさふさの毛がついてるフルーツ)!

そしてドリアンもたっぷりと実がなってました。さすが旬のシーズン!

ビュッフェ会場で果物と軽食が食べ放題!

こちらがメインとなるビュッフェ会場。

私たちが行ったときはドリアンビュッフェの開催シーズンだったので、沢山の人が訪れていました。

屋台には沢山のフルーツたち。

ムーピンとガイピン。甘い果物が多いので、お肉もあるのはありがたい。

ソムタム。お好みの味と材料を自分でオーダーします。

そしてドリアン専用のブース。スタッフの人が定期的にカットしたものを持ってくるのですが、持ってきた傍から一瞬でなくなっていきます。

Sunnyside

タイ人の鮮度へのこだわりがすごい!

いよいよ実食。

美味しい~!クリーミーかつなめらかな食感で、とても上品な味。パクパクいけちゃう食べやすさです。

一つは切り立て、一つは少しだけ時間をあけて食べてみると、あら不思議。

たった数分でも匂いが違ってきます。

切り立てのドリアン、なかなか食べられないですよね。

Sunnyside

切り立ては本当に匂いがしない!

ドリアン以外の果物も沢山食べることができます。

タイのフルーツ、まだまだ食べたことがないものもあったので、この機に全部手に取って食べてみることに。

Sunnyside

ビュッフェは時間無制限!じっくり腰を落ち着けてタイの果物を堪能しよう

子連れに嬉しい遊び場

ビュッフェの会場の周りには、ブランコやシーソーなど、遊べるところが少しありました。

昆虫のオブジェが色々あって、子供たちは「次これに乗る!」と楽しそう。

こちらのゾウさんは何故かドリアンが乗っていました。

少し歩くと噴水や滝の様な場所もあって、ローカル感溢れるフォトスポットに。

Sunnyside

小さい子供がいる方は、結構この周りでも遊べてしまう感じ

後半は養蜂とハーブのエリア

食べた後はまたトラムに乗ります。こちらも20分毎に来るので、好きな時間に乗り入れしましょう。

もう終わりかな?と思っていたら、道路の反対側に向かいました。

こちらでは養蜂の紹介。

ミツバチさんを見させてもらいました。女王蜂を教えてもらって子供達は大興奮。

ハチの巣からとれたばかりのハチミツと、ハニーレモンを試飲。

最後に、園内で取れる植物を使ったメディカルハーブ製品の紹介。

入り口に戻ってきました。

ビュッフェ会場でどれくらいゆっくり過ごすのかにもよりますが、2時間から3時間程度は楽しめる印象でした。

スパットラ・ランド まとめ

いかがだったでしょうか。

タイの農園は商業化している場所が少ないので、これだけの規模で果物が生えているところを見られるのは貴重だと思います。

なによりも、片づけいらずでタイフルーツが無制限で食べられてしまうのが魅力的!

これを機会にドリアンにハマってしまいましょ~!

スパットラ・ランド(Suphattra Land Rayong) 施設詳細

住所70 Moo 10, Nong Lalok, Ban Khai District, Rayong
地図Googleマップで開く
営業時間8:00~17:00(毎日)
WEBHPFacebook
予約用LINELINE SHOP

サメット島旅行前後に立ち寄るのがおすすめ

ABOUT ME
Sunnyside
タイ在住。バンコクの街歩きと、市場でくつろぐ猫が大好き。ガイドブックに収まりきらないタイ国内旅行の魅力を発信中!よりディープなお出かけはInstagramから

BANGKOK GIRLS NOTEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

こんな記事もおすすめ