タイ国内外旅行

チェンマイで首長族の村に行ってみよう!行き方や入場料など(Long Neck Karen Camp)

この記事で紹介している「Long Neck Karen Camp」」は閉鎖してしまっているようです。他でも首長族の村はあるので、探してみてください。

チェンマイに行ったら、是非一度訪れてみたかったところ。

それは、首長族の村。

首に長い金属の輪っかをつけている女性の姿を、本やテレビで見たことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日本では一般的に首長族と呼ばれているのは、カレン族のことを指します。カレン族の村へは、チェンマイから行くことができます。

この記事では、首長族の村への行き方や入場料、見どころなどを綴っています。

首長族の村「Long Neck Karen Camp」」

首長族と呼ばれている人たちは、ミャンマーから移住してきたカレン族と呼ばれる人たちのこと。

通常はメーホンソンというチェンマイから5時間ほどかかる村に住んでいます。

さすがにそこまで行くには遠いので、観光で行くのであれば、観光客用のスポットとして整備されている「Long Neck Karen Camp」に行くのが一般的です。

Long Neck Karen Campでは、カレン族だけでなく、アカ族やヤオ族と行った少数民族たちも一緒に暮らしているようです。

首長族の村への行き方

チェンマイ中心部から「Long Neck Karen Camp」までは、車で40分ほどです。