タイ国外旅行

アンコールワットの内部へ潜入!【子連れカンボジア旅行記④】

f:id:pukuko15:20180121235334j:plain

アンコールワットの朝日を見て、腹ごしらえをした後は、アンコール遺跡群の見学です。

見学したのは、アンコールワット、アンコールトム、タ・プロームの3つ。一番メジャーなやつ3つですね。子連れなので、多分一日に回るならこれくらいが限界だと思います。

ガイドさんに全てお任せだったので、私たちはひたすらついていくだけでした〜。

凝縮ツアーの決定版!アンコールワット+トム+タプロム観光ツアー☆朝日&夕日鑑賞&アプサラディナーショー付の充実な1日<昼食・夕食/専用車・空港送迎付プランあり> | カンボジアの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

 

アンコール・ワット

f:id:pukuko15:20180121234924j:plain

クメール語で「王都の寺」を意味するアンコールワット。

アンコール王朝において、王位継承は血縁だけでなく、実力によって決められたため、新しい王はその能力を新たな寺院の建立などによって世に広く示す必要があり、作られたのがアンコールワットと言われています。

アンコールワットの中央祠堂は、神々の棲む山を平地に表現したもので、ヴィシュヌ神が降臨し、王と一体となる聖なる儀式が行われていた場所でもありました。

f:id:pukuko15:20180121233014j:plain

ちなみにアンコールワットは、当時の都の全人口の10分の1にあたる6万人が造営作業に関わったと言われていて、建築にかかった期間はなんと約35年!

f:id:pukuko15:20180121232827j:plain

アンコールワットの周りは3重にもなる回廊が続き、その中央には蓮のつぼみのような尖塔をもつ祠堂がそびえ立っています。

f:id:pukuko15:20180121233303j:plain

まずは、ガイドさんに従って、回廊のレリーフを見学していきます。

f:id:pukuko15:20180121233327j:plain f:id:pukuko15:20180121233339j:plain

ガイドさんがたくさんレリーフの説明をしてくれて、そのたびに写真を撮ってたけど、後から見返したらなんのこっちゃになったやつ…。ほんと申し訳ない。

f:id:pukuko15:20180121233555j:plain

回廊の厳かな雰囲気に、心なしか背筋がピンとします。

f:id:pukuko15:20180121233650j:plain

こちら中央祠堂のある第三回廊。入場できるのは東面のみで、この時点でまだ朝8時頃だというのに40分待ちの大行列。

f:id:pukuko15:20180121233842j:plain

そもそも12歳以下の子供は階段をのぼることができないので、今回は諦めました。

f:id:pukuko15:20180121233923j:plain

第三回廊の周りをぐるっと一周するだけでも面白かったです。

f:id:pukuko15:20180121234523j:plain

こんな首のない仏像が飾ってあったり。

f:id:pukuko15:20180121234711j:plain

この連子窓はベンメリア遺跡でも見ました。建築様式が似てるんですね。

f:id:pukuko15:20180121234006j:plain

第三回廊手前でウロウロしてから、アンコールワットを後にしました。

帰るときにようやく、逆光じゃない写真を撮ることができました。

f:id:pukuko15:20180121235334j:plain

それでもちょっとイマイチなんですけどね。

写真を綺麗に撮ることを目的にするなら、やっぱり午後の方が良さそうです。

ほんとは一記事にまとめようと思ったんですが、アンコールトムと、タ・プロームは次回に回そうと思います。

アンコールワットの見学は、ガイド付きツアーがオススメです!

凝縮ツアーの決定版!アンコールワット+トム+タプロム観光ツアー☆朝日&夕日鑑賞&アプサラディナーショー付の充実な1日<昼食・夕食/専用車・空港送迎付プランあり> | カンボジアの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

 

子連れでの見学はどうだった?

ちなみに、こちら1歳過ぎの子供を連れていきました。

朝日鑑賞のときは寝ててくれたんですが、その後はずっと起きていました。

アンコールワットの回廊部分などは、1歳の子供でも歩けるような足場だったので、けっこうずっとご機嫌で回ってくれましたね。もちろん、要所要所では抱っこでしたが。

アンコールワット近くのトイレがかなりローカルで、小さい子が行くには厳しそうに感じました。

子連れで行くなら、できればオムツが外れる前で、抱っこで回っても大丈夫な時期がいいんじゃないかなあと思いました!

 

◆◇ カンボジア旅行記 ◇◆ 

  1. 年末にカンボジア・シェムリアップに行ってきました!
  2. 天空の城ラピュタのモデルといわれるベンメリア遺跡へ
  3. アンコールワットで朝日鑑賞
  4. アンコールワットの内部へ潜入!
  5. アンコールトムとタ・プローム見学
  6. オールドマーケットの超可愛いカフェ「Fifty5 Kitchen&Bar」
  7. オールドマーケットのお洒落で美味しいフレンチ「Le Malraux」
  8. アンコールワット観光ならMemoire d’ Angkor Boutique Hotelがオススメ!
ブログランキング参加中!
記事が面白かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
ABOUT ME
pukuko15
pukuko15
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。1歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!