タイ国外旅行

アンコールトムとタ・プローム見学【子連れカンボジア旅行⑤】

f:id:pukuko15:20180117004839j:plain

アンコールワットの見学後、そのままアンコールトムへと向かいます!

 

アンコール・トム

「大きな都」という意味を持つアンコールトム。1020年、スールヤヴァルマン1世により建造が着手され、12世紀のジャヤヴァルマン7世の時代に最盛期を迎えました。

周辺を一辺3kmの堀と高さ8mの城壁で囲まれた都には、中心寺院のバイヨンをはじめ、貴重な遺跡がたくさん配置されています。 

f:id:pukuko15:20180122015330j:plain

まずは、南大門から内部へと進みます。

f:id:pukuko15:20180122015903j:plain

門には4つの顔を持つ観世音菩薩が掘られていて、入っていく人を見下ろしているかのように見えます。

f:id:pukuko15:20180122015937j:plain

欄干が「乳海攪拌」の像になっています。

f:id:pukuko15:20180122020232j:plain

門をくぐったら、真っ直ぐアンコール・トム中心寺院「バイヨン」へ。

f:id:pukuko15:20180122020250j:plain

たくさんの大きな尊顔に圧感されます。

f:id:pukuko15:20180117004839j:plain

四方を向く巨大な顔が3体並ぶスポット。ガイドさんが、ここで写真を撮りな!と勧めてきます。

f:id:pukuko15:20180122020451j:plain

ここにも、アンコールワットと同じく巨大なレリーフが描かれています。

f:id:pukuko15:20180122020530j:plain

アンコールワットのレリーフは神話をモチーフにしたものでしたが、バイヨンの第一回廊のそれは、庶民の日常を描いたものがほとんど。

中には、化粧直しをする宮廷女史や、出産シーンを描いたものも有りました。そういうクスリと笑えるレリーフをじっくり見ていくのも面白そうですね。

f:id:pukuko15:20180122020811j:plain

皆こぞってご尊顔と並んで写真を撮っていました。私たちも例に漏れず、ガイドさんにたくさん写真を撮ってもらいました。

f:id:pukuko15:20180122021015j:plain

バイヨン見学後は、バプーオンと呼ばれる遺跡へ。このバプーオン、「隠し子」という意味を持ちます。

f:id:pukuko15:20180122021053j:plain

その後はゾウのテラスへを見学しました。王が閲兵などの式典を行ったと考えられているこのテラス。ゾウ、ガルーダ、蓮の花などのレリーフが施されています。

f:id:pukuko15:20180122021117j:plain

テラスの両端は、3つの頭を持つゾウが、蓮の花を鼻で摘んでいます。面白い建物でした。

アンコールトムは全部回ろうとすると広すぎるので、これくらいで切り上げてもらいました。

f:id:pukuko15:20180122235140j:plain

このアンコールトム、象に乗って見学することもできるみたいです。縦に揺れて大変そうですけどねー! 

 

タ・プローム

アンコールトムと後にし、次に向かったのはタ・プローム。

こちら、巨大な樹にすっぽりと覆われた寺院遺跡。自然の力を明らかにするために、あえて発見当時の姿のままで保存されているそうです。

f:id:pukuko15:20180123004622j:plain

この建物の奥へ進んでいきます。

f:id:pukuko15:20180123004048j:plain

そこには、巨大樹に侵食された世界が広がっていました。

f:id:pukuko15:20180123004102j:plain

全体的にこの遺跡内には、どこか退廃的で神秘的な雰囲気が漂います。

f:id:pukuko15:20180123004131j:plain

空まで伸びているかのように大きな樹。

f:id:pukuko15:20180123004153j:plain

このタ・プロームは、映画「トゥーム・レイダー」の舞台ともなった遺跡ということでも有名。巨大樹と遺跡のコントラストが興味深いですね。

f:id:pukuko15:20180123004207j:plain

遺跡を踏み潰しているかのように見える巨大樹。

f:id:pukuko15:20180123004304j:plain

ガイドさんは、パノラマ機能を使って巨大樹を上から下まで収めた記念写真を撮ってくれました。それを真似してパシャリ。

f:id:pukuko15:20180123004351j:plain

タ・プロームには、仏像はほぼ残されていませんが、木の隙間からひっそりと覗くデバター(女神)がいました。

f:id:pukuko15:20180123004524j:plain

血管のように幹が枝分かれした巨大樹。

f:id:pukuko15:20180123004605j:plain

人工物よりも自然が勝つ、そんな自然の真理を見せつけられたかのような遺跡でした。

友人が、アンコール遺跡の中でなら「タ・プローム」が一番面白かった!と言っていたので楽しみにしていたのですが、その言葉通り、大変見ごたえがありました。

 

子連れでの見学はどうだった?

こちらもアンコールワットに続き、子連れでの見学でしたが、アンコールトムのバイヨンは1歳時の足じゃ歩けませんね。ずっと抱っこしていました。そのうちに寝てくれたから良かったです。

タ・プロームは、多少なら歩けますが、木の根っこや石があるので歩き辛いです。という訳で、基本的にこちらも抱っこ。

小さい子ども連れのアンコール遺跡見学は、どうしても抱っこが必須になってきます。できれば抱っこ紐で移動できるうちに行くほうがおすすめです。

おむつ替えなどは、チャーターした車の中を利用させてもらいました。

 

まとめ

こんな感じで、アンコールワットで朝日鑑賞 → アンコールワット内部 → アンコールトム → タ・プロームと見学してきました。

アンコールワットの美しいレリーフと、荘厳さも良かったですし、圧巻のバイヨンも素晴らしかったですし、タ・プロームに漂う神秘的な雰囲気も、とても興味深かったです。

この後、ランチとお土産屋さんに連れて行ってもらいましたが、とにかく眠くて疲れがたまって、ホテルに帰ったらバタンキュー(古い?)でした (´∀`;)

体力に自身のない方は、朝日鑑賞のあとに、一度ホテルで休むプランの方が良いかもしれませんね。

凝縮ツアーの決定版!アンコールワット+トム+タプロム観光ツアー☆朝日&夕日鑑賞&アプサラディナーショー付の充実な1日<昼食・夕食/専用車・空港送迎付プランあり> | カンボジアの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

 

◆◇ カンボジア旅行記 ◇◆ 

  1. 年末にカンボジア・シェムリアップに行ってきました!
  2. 天空の城ラピュタのモデルといわれるベンメリア遺跡へ
  3. アンコールワットで朝日鑑賞
  4. アンコールワットの内部へ潜入!
  5. アンコールトムとタ・プローム見学
  6. オールドマーケットの超可愛いカフェ「Fifty5 Kitchen&Bar」
  7. オールドマーケットのお洒落で美味しいフレンチ「Le Malraux」
  8. アンコールワット観光ならMemoire d’ Angkor Boutique Hotelがオススメ!
ブログランキング参加中!
記事が面白かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
ABOUT ME
pukuko15
pukuko15
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!