バンコク観光

ナコンパトムにある龍が巻き付くピンク色の塔【ワット・サームプラーン】

今回のナコンパトム・ショートトリップ。

観光はこの一箇所のみ。巨大な龍が巻き付くピンクの塔。そのインパクトは絶大!!

この塔は、「ワット・サームプラーン」という寺院の敷地内に立っています。

こちらの初代住職が、七日間の瞑想中に、夢で「龍の塔を建てるべし」というお告げを受けて建てたのが、この高さ約80メートルの塔。

ちょうど目当てのカフェに行く途中にあったので立ち寄ってみました!

 

ワット・サームプラーンの場所

ワット・サームプラーンはバンコク都心部から車で1時間ほどの場所にあります。

国道4号線から少し入ったところにあるその寺院は遠くから見ても衝撃的。

ワット・サームプラーン

何も知らなければ「あれ何!?」って思っちゃいますよね笑

今回は車で行きましたが、調べてみたところ、BTSバンワー駅から4番出口に出て、そこから84番のバスに乗れば行けるそうです。

ワットサムプランという巨大な龍が巻きつく塔。ナコンパトムのドラゴンタワー。│タイ一択

runさんのブログに詳しく載ってました。さすがです。

 

広告

ピンクの塔に登ってみよう!

ワット・サームプラーン

元々は1983年に僧侶の修行場として建設され、1985年にプラ・パーワナープットー氏が初代住職として正式に仏教寺院となったそう。

その後、プラ・パーワナープットー氏は未成年淫行・強姦の罪で禁固刑を言い渡され、お寺は一時衰退。現在は、プラクルー・パトムウォーラワット氏のもとで運営が継続されています。

そりゃあ、住職が未成年淫行ってイメージ悪すぎ…!

ワット・サームプラーン

それにしても、近くで見ると、やはりすごい迫力ですね!

まるでドラクエの世界に紛れ込んだみたいです。

塔の周りには曜日ごとの仏像が祀られているので、そこで自分の曜日の仏像にお参りするんですが、すっかり失念…。まあいっか!

ワット・サームプラーン

さて、気を取り直して。こちらの塔、内部を登ってみることが出来ます。ここまで来て登らないという選択肢はありません!

ワット・サームプラーン

まず塔の1階には、様々な仏像が置かれています。奥には2階に上がる階段が。

ワット・サームプラーン

エレベーターもありました。が、動いていませんでした。

ワット・サームプラーン

2階は、塔の内部を上がるための入り口!!すご!!これはもうリアルドラクエですね…!ワクワク…!

ワット・サームプラーン

中はこんな感じ。階段ではなくて、緩やかな上り坂を上がっていきます。最初の方はコンクリートできちんと整備されていたんですが…

ワット・サームプラーン

だんだん道が悪くなってきて、裸足の私は足の裏が痛い…!娘も登るのを嫌がり抱っこ要求…!地獄…!!

ちょっと厚手の靴下があればいいかも!

ワット・サームプラーン

内部には扇風機もあって、そこまで暑くなかったです。

ワット・サームプラーン

10分ちょっと登り、そろそろ疲れてきた頃に、やっと出口が見えてきました!やったー!!

ワット・サームプラーン

ん?でもここ何もない…

ワット・サームプラーン

さらに上に登ったら、こんな景色が!!見晴らし良いーーー!!!

ワット・サームプラーン

上から何か気になるスポット発見!後で行ってみよう!

ワット・サームプラーン

なんだか気になるこの仏像。

ワット・サームプラーン

中央には大きな木が。

ワット・サームプラーン

こちらでお参りします。

ワット・サームプラーン

手前のところにハチマキのような布とペン、黄色いお供え用のお花が置いてあります。

ワット・サームプラーン

お供え用の20バーツはこちらに入れましょう。

そして更に上に登ります。

ワット・サームプラーン

屋上に出ました!!

下にあった赤い布をこちらの柵に巻きつけていきます。でも、ちび連れの私たちには、この柵の近くまで行くのが怖すぎた…。絶対落ちるし。

ワット・サームプラーン

こんな感じで赤い布と一緒にお花も巻き付けている方もいましたよ。

 

敷地内は他にも見どころいっぱい!

ワット・サームプラーン

境内はかなり広くて、散策にもってこいでした。

ワット・サームプラーン

現国王様と王妃様、前国王様の写真も飾られているところに、変わらぬ敬意を感じますね。

ワット・サームプラーン

ルアンポー・プット―・パーワナーという大きな仏像。

ワット・サームプラーン

仏像の下はタンブンできるようになってました。近くにいたおばちゃんに促され、タンブン用のコインを購入。

ワット・サームプラーン

1枚ずつコインを入れていったけど、かなり余ったので最後は2枚ずつ笑

ワット・サームプラーン

そして、かなり巨大な象の像。象の足に触れてから自分の足に触れると、象のような力強い足腰を持てると言われているんだとかなんとか。

ワット・サームプラーン

これは、上から見た巨大亀!!

ワット・サームプラーン

口の中が入り口になっていて、中へ入ることが出来ます。ちょっと不気味だったのでやめときました…。

ワット・サームプラーン

塔周辺にある手形や足形は、塔の建設に協力した信者さん達のものなんだとか。

ワット・サームプラーン

これ、外からは噴水のような雰囲気なんですが、

中には大きな壺!これ、賽銭箱なんだそうですよ。言われないと分かりませんね。

 

ワット・サームプラーン まとめ

以上、龍が巻き付くピンクの塔・ワット・サームプラーンについて紹介させていただきました!

ピンクの塔のインパクトはさることながら、思っていたよりも見どころが多くて、思わず長居してしまいました。

象の像や巨大な亀など、動物たちのモチーフは子どもたちも楽しかったようですよ!

バンコクからも1時間〜1時間半と近いですし、バンコク定番のお寺に飽きた方は、行かれてみてはいかがでしょうかヾ(´∀`)ノ

 

ワット・サームプラーン 施設情報

住所หมู่ที่ 7 92/8 Sam Phran, Amphoe Sam Phran, Chang Wat Nakhon Pathom 73110
地図GoogleMapで開く
参拝時間6:00〜18:00
閉館日なし
電話064-463-5366
WEBHP

 

 

ABOUT ME
ぷくこ
ぷくこ
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!