2024年1月現在:1バーツ=約4円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

バンコク観光

【2023年1月】ZIPAIR搭乗体験記!日本(成田)⇄タイ(バンコク)快適な旅でした

当サイトは記事広告・アフィリエイトによる収益を得ております

先日、ZIPAIRを利用して6歳娘と2人でタイ・バンコクへ行ってきました!!

大阪滞在の私としては、成田空港からしか発着していないZIPAIRは選択肢から外れていたのですが、他の航空会社のフライトチケットが高くてなかなか手が出せないこと、LCCの中でもZIPAIRは評判がいいこともあり急浮上。

大阪⇄東京間のフライトがセールでかなり安くなっていたこともあり、今回ZIPAIRでタイまで行ってみました!

ぷくこ

東京に前乗りしてディズニーランドでも遊んできたよ!

結論としては、値段を考えるとアリ!!というか快適!!!

という訳で、ZIPAIR搭乗のレビューを書いていきたいと思います。

ZIPAIRの基本情報はこちら!

ZIPAIR(ジップエアー)のチケットを予約

渡タイ予定の約1ヶ月前にチケットの予約をしました。

1月のお正月を過ぎたあたりでしたので、普通に取れるだろうと思っていたのですが、なんと1ヶ月前の時点で希望日が満席。1日ズラして予約することにしました。

最近、日本に旅行するタイ人もZIPAIRを利用する方が多いので、繁忙期のチケットは早めにゲットした方がいいと思います。

予約したのはスタンダートシート。

運賃は6歳の娘と2人分、それぞれの23キロまでの預入荷物のオプションや遅延保証をつけて、143,527円でした。

ZIPAIRのカウンターの様子

ZIPAIRのカウンターがオープンするのは3時間前から。

ちょうど3時間前に行くと、人が少し並んでいるだけで、スムーズに手続きできました。

でも、手続きが終わってパッと列を見てみると一瞬で長蛇に!!早めに並んでて良かった〜!!

2023年1月現在、ZIPAIRの日本→タイ行きは17:00発、タイ→日本行きは23:45発で、毎日運行しています。

行きは、定刻より30分遅れで出発。LCCなので、多少の遅れは覚悟していましたが、30分遅れなら早い方です。

帰りは定刻通りで出発しました。

案内も全て日本語なのが、やはり安心感がありますね。

ちなみにこれは、タイから日本行きのカウンターの様子。これ3時間前です。

私はかなり早めに着いてしまったんですが、3時間半前からZIPAIRのカウンター前で列ができていたのでそれに並ぶことに。

3時間前のカウンターオープンと同時に手続きできました。

ZIPAIR(ジップエアー)機内の様子

続けて、ZIPAIR(ジップエアー)の機内についてレポートしていきます。

ZIPAIRの席には、

  • スタンダードシート
  • フルフラットシート

の2種類があります。ただ、フルフラットシートは6歳以下の子どもは利用できません。

6歳娘と一緒の渡タイだった私は、自動的にスタンダードシートとなりました。

スタンダードシート

こちらがスタンダードシートです。

ZIPAIRではスタンダードシートでも、一般航空会社と同様の、シートピッチ31インチ(79㎝)、座席幅17インチ(43cm)のゆとりあるシートを採用。

LCCにありがちな、狭くてギチギチな座席じゃないので快適。

ちなみに、もちろんLCCなので映画やフライトマップが見れるモニターはついていません。

ただし、電源とUSB端子はついています。

ポケットはこんな感じ。

なんと素晴らしいことに、ZIPAIRは機内でWi-Fiが使えます!!

ただ、私が乗ったときには満席だったこともあり、行きの飛行機ではほとんどWi-Fiが繋がりませんでした。

17時発だったので寝る人はいませんし、利用者が多かったことが原因だと思います。

帰りは同じく満席でしたが、深夜便でWi-Fiを利用する人が少なかったためか、サクサク繋がって快適でした。

動画を見るにはちょっと不安定ですが、SNSをしたりする分には何も問題なかったです。

Wi-Fiがあるから…と油断せずに、オフラインで動画をダウンロードしておいたり、本を持ち込んだりと、暇つぶし対策が必要です。

念のために子ども用にNetflixやYouTubeで動画をたくさん落としておいて正解でした。

フルフラットシート

利用していませんが、フルフラットシートも見せていただいたので写真を置いておきます。

席はぐるりと白い壁で覆われ、半プライベートな空間。中も広々としていて快適そうです。

この座席が、180度まで背もたれを倒せるようになっていて、フルフラットの状態で寝ることができるんだそう。

これは快適ですね!!

予算が許せばフルフラットシートに乗ってみたい!!

ZIPAIR(ジップエアー)の機内食

機内食は、事前にリクエストしておく必要があります。

レストラン並みに種類が豊富で、何を食べようか迷ってしまいます。

席選択時にValueパッケージを選択していたので、「サービスパッケージ」と書かれたものなら、追加料金なしにオーダーできました。

こちら娘用に頼んだベジタブルペンネ。トマトソースに野菜が入っていて、普通に美味しい!娘は完食でした。

こちらは鶏そぼろ丼。卵がフワッとしていて美味しかったです。

有料のものも美味しそうですが、サービスでこれがついてるなら十分!

個人的に、一般航空会社の機内食って完食できない&トレイが大きくて邪魔なので、このメインだけっていうのがコンパクトで良かったです。

たくさん食べたい方だと、ちょっと物足りないかもしれません。

ちなみに、帰りの23時45分発の深夜便で、深夜1時にバターチキンカレーが出てきたけど、申し訳ないが食べれなかった…!バターチキンカレー美味しそうだったのに。

後でフォロワーさんから教えていただいたんですが、発着1時間後に機内食を出すって決まってるそうです。

深夜便に関してパッケージで機内食自動付帯じゃなくて、カスタマイズで機内食不要にしておけば良かったなと反省しました。

LCCの機内では基本飲み物のサービスもありませんが、機内食を頼めば水はついてきました。

2023年8月・ハワイ搭乗記

ZIPAIRを利用してハワイ・ホノルルにも行ってきました!

鶏肉のクリーム煮

行きは夜遅い便だったので、成田空港のコンビニでパンやおにぎりの朝ごはんを購入して持ち込みして機内食は頼みませんでした。

帰りの便は、ホノルル発だったからか機内食の種類は少なめでした。でも、ハヤシライスなど洋風で子供でも食べやすいメニューも多く美味しかったです。

機内のWi-Fiに繋いで、簡単に機内販売もオーダーできます。支払いはクレジットなので現金のやり取りもなし。料金も良心的に感じました。

和光堂の離乳食も購入できるなんて最高ですね。

Amazonプライムでバチェラー見ながら角ハイボール。

ZIPAIR(ジップエアー)搭乗体験記 まとめ

はじめてZIPAIRに乗ってみましたが、前評判通りとっても快適でした!!

一般航空会社と比較したときに、かなり割安な値段で、このサービスで、この乗り心地であれば、今後もZIPAIRを使いたいです。

日本⇄バンコク間は6時間ほどなので、機内サービスがなかったり、モニターがなかったりっていうのも特に問題ありませんでした。

Wi-Fiが思ったより使えなかったことだけが、期待していただけにちょっと残念だったかな。

とはいえ、一般航空会社ですらWi-Fiは有料なのに、無料で提供してくれていること自体がありがたいし、深夜便では使えたのでそれも大きな問題ではないですね。

願わくば、関空からもZIPAIRが出てほしい…!成田が遠い…!!

ZIPAIRの公式サイトはこちら!

ZIPAIR公式サイト

ABOUT ME
アバター
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。
こんな記事もおすすめ