バンコク観光

【クロントゥーイ市場】バンコクの台所!地元民で賑わう巨大な生鮮市場!

とにかく巨大な生鮮市場・クロントゥーイ市場!

バンコクの台所を呼ばれ地元の人や、食堂やレストランを営む方、様々な方が早朝から食材を買いに訪れます。

私が習っていたタイ料理教室の先生も、いつもクロントゥーイ市場に行ってたな。

観光地ではないので、なかなか行く機会はないかもしれませんが、活気あふれる面白い場所です。

そんなクロントゥーイ市場がどんなところなのか、詳しく紹介していきたいと思います!!

YouTubeでも詳しく紹介しています

クロントゥーイ市場の場所

クロントゥーイ市場の最寄り駅はMRTクイーンシリキットナショナルコンベンションセンター駅。

駅を1番出口から出て、ラマ4世通りにかかる陸橋を渡れば到着します。駅から徒歩5分ほどといったところでしょうか。

市場の周辺には、買い物終わりの人待ちで待機しているトゥクトゥクがずらり。

そこにこんな大量の袋を抱えて乗り込む人たち。なかなかのカオスです。

クロントゥーイ市場で売られているもの

クロントゥーイ市場は24時間営業ではあるんですが、朝5〜6時台は業者さんがまとめ買いしに来たりするので、一般の方は7時以降くらいに行くのが良いそう。

卸市場の役割を担っていて、一般的な市場の人たちも、ここで仕入れをしているのです。だから、どのスーパーよりも市場よりも、クロントゥーイ市場は安い!!

ちなみに、タイの市場は基本的に量り売りになります。札がついてるのは基本的に1個じゃなくて、1キロの値段だったりします。

100グラムだったら100グラム、2個だったら2個って欲しい量を言って測ってもらう必要があるので、そういう点だけ少し注意ですね。

こちらお肉売り場にやってきました。

タイの市場では、豚、鶏、など種類ごとに屋台は別になっています。

手前の何だと思います?なんと豚の鼻…!え、30バーツでいいんですか?笑

これは豚の血!よくボートヌードルのスープには血の塊が入ってますよね?あれの素です。

お店や小さい市場では手に入りづらいので、やはりクロントゥーイ市場がおすすめ。

鶏がいますが、これはもしかして…?

写真は自粛しますが、豚も一頭そのままで置かれていたりします。

海鮮もいろいろ!そして安い!!

ナマズやカエルも売ってます!めちゃくちゃグロいから苦手な人は注意!

こちらは野菜売り場!

タイならではの食材もいろいろ。こういうのも、タイ料理を習うと何に使うか覚えられるので面白いですよ〜!

白菜やじゃがいもなど、日本人にもお馴染みの食材たち。白菜20バーツですよ!安いですよね!

乾物やお菓子などもこちらで全て手に入ります。中華街まで行かないと手に入りづらい桜エビを購入。

唐辛子やスパイスもいろいろ。

すでに刻まれている調味料や、漬物なども調達できます。このあたりは一般の人も活用すると時短になって便利!

フルーツも安いよ〜!!カラフルで目を奪われちゃいますね。

フルーツに紛れて猫がいる笑

陳列が美しい!!

こんなに立派なパイナップルが30バーツってすごい!!

一般家庭で食べるなら、皮が剥かれたパイナップルは便利で良いですねえ

ココナッツも10個入り!ココナッツジュース屋さんが買ったりするのかな?

雑貨屋さんもあります。

とにかくなんでも売られているクロントゥーイ市場。

他の場所でも市場はスーパーよりも安いですが、それを超えるくらいクロントゥーイ市場は安くて活気に溢れています。

行かれたことのない方はぜひ一度、市場を探索してみては?

クロントゥーイ市場 概要

アクセスMRTクイーンシリキットナショナル
コンベンションセンター駅から徒歩約5分
地図Google Mapで開く
営業時間24時間営業

ABOUT ME
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 幼稚園児ママ。かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。
こんな記事もおすすめ