遊び場・プレイグループ

【バンコク遊び場】入場無料の「子供博物館(Children’s Discovery Museum)」が凄い!@モーチット

f:id:pukuko15:20180214155647j:plain

チャトゥチャックウィークエンドマーケットのすぐ近くにある、子供向けの遊び場「子供博物館」

スクンビットからちょっと距離はありますが、子供向け施設としてはかなりの充実度を誇ります。0歳児〜小学校高学年くらいまで色んな年代の子が遊べるのがいいですね!

そしてなんといっても、そんな魅力的な施設が、なんと入場無料!!

それではちょっと紹介していきます〜!

子供博物館への行き方

子ども博物館の最寄り駅はBTSの終点であるモーチット駅。徒歩8分ほどなので、十分歩けます。


Google マップ

駅からチャトチャック市場方面に歩き、公園の終わりのところで右後ろに歩いていくと、カラフルな建物が見えてきます。

f:id:pukuko15:20180214154432j:plain

駐車場も広々としているので、車で来てもOK。もし満車なら、近くのJJモールに停めて歩いて来てもいいかも。

もしタクシーなどで行くなら、「ピピッタパン デック」で通じると思います。

f:id:pukuko15:20180214154615j:plain

受付のところで、代表者1人が記名すれば、あとは入場無料です。

早速中に入ってみましょう!

屋外遊び場の様子

f:id:pukuko15:20180214154741j:plain

入って最初に目を引くのは、この大きなアスレチック施設です。

滑り台やトンネル、揺れる木の橋など、子供が好きそうなポイントがたくさん!

f:id:pukuko15:20180214154844j:plain

今まで平日にしか行ったことはありませんが、午前中なら大抵空いています。

週末はやっぱり混むみたいですね。

f:id:pukuko15:20180214155132j:plain

噴水の出る水の遊び場。円の周りに大きな水鉄砲もあって楽しそう!

下はコンクリートに見えますが、遊び番の部分だけ柔らかくなっています。歩けるお子さんなら是非、水着持参で行きましょう!

水の出る時間は以下のとおりです。

  • 10:00〜11:30
  • 13:30〜14:30
  • 15:00〜16:00

それ以外の時間は水が出ないので、要注意です。

f:id:pukuko15:20180214160158j:plain

その他、園内のところどころに子供の遊具が置かれているので、一日いても飽きません。

屋内遊び場の様子

園内を奥に進んでいくと、また建物が出てきます。

f:id:pukuko15:20180214155407j:plain

1階の一番奥の部屋が、0〜2歳向けの遊び場。

f:id:pukuko15:20180214155527j:plain

床が全面柔らかいクッションになっていて、ハイハイの子でも安心して遊ぶことができます。

f:id:pukuko15:20180216001446j:plain

奥の大きな木の下は、トンネルになっています。そして木の周りには、たくさんのオモチャが。

f:id:pukuko15:20180214155604j:plain

やけにリアルな畑の収穫コーナー。こういうの、子供って大好きですよね。カゴを持ってずっと遊んでいました。

f:id:pukuko15:20180214155647j:plain

フォトスポットにもなる遊び場。この岩の部分が蓋のようになっていて、中に人形が入っています。宝探し感覚で是非、色々な人形を見つけてみてください。

f:id:pukuko15:20180214155823j:plain

けっこうオープンではありますが、授乳用のソファもあります。

f:id:pukuko15:20180214155855j:plain

ぬいぐるみもたくさん。母は左の椅子で座って、子が遊んでるのを見ながら、友達とお喋りできます。

そう、この室内遊び場って、ちょうど全体に目に届くので、子供を追い掛け回さなくていいのが良いんですよね。

キッズーナみたいな広い遊び場だと、友達同士で行っても、子がそれぞれ色んな場所に行っちゃうから、結局別行動ってことも多くて。

他にも、職業体験ゾーンや、科学館ゾーンなど、大きな子向けの施設がたくさんあるんですけど、いつも小さな子向けの部屋で時間が終わっちゃうので、行ったことがありません。

その他の施設に関しては、ニコラボの記事が詳しいので、是非参考にしてみてください!
バンコク遊び場の穴場発見!?『Children’s Discovery Museum バンコクこども博物館』 | nico labo magazine

注意点

室内は羽織もの持参で

室内はけっこう寒いので、薄手の上着を持参することをお勧めします。

初めて行ったときに、友達に教えてもらって持参してきていたので本当に助かりました。それくらい冷房効いてます。

ランチに困る

11時半〜12時と14時半〜15時まで、清掃時間になるので室内に入れません。(大きい子向けのところはどうか分かりませんが)

ちょうどお昼を食べたい時間ではあるものの、園内にフードコートなどはありません。

週末ならチャトチャで食べたらいいと思うんですけど、平日ならJJモールか、お弁当持参で公園で食べるか、みたいな感じになるかと。

私の場合、友達の車で行ったときは、車で10分弱のセントラルプラザラップラオに行きました。大戸屋もあるし、色々選べます。

普通の椅子に座れる子なら、オートーコー市場のフードコートとかでもいいかも。

電車で行ったときは、スクンビットまで戻るのも手です。この間行ったときは、エンバシーのオープンハウスに行きました。モーチットからプロンポンまでだと長旅なので、プルンチット下車がちょうど良かったんですよね〜。

まとめ

スクンビットから距離はあるので頻繁には行けませんが、近くの遊び場で飽きちゃったときにはオススメです。

個人的には、週末に旦那さんにここで子供と遊んでおいてもらいながら、奥さんがチャトチャックに買物に行くパターンが理想的だなあと思ってます(笑)

施設詳細

子供博物館

  • 住所:Queen Sirikit Park, Kamphaeng Phet 3 Road, Chatuchak District, Bangkok
  • 電話:02-272-4500
  • 営業時間:10:00〜16:00
  • 定休日:月曜日
  • HPhttp://www.cdm-bangkok.com/

◇◆ 関連記事 ◆◇

ブログランキング参加中!
記事が面白かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
ABOUT ME
pukuko15
pukuko15
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!