ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

ガイヤーンで有名な「ニッタヤガイヤーン」に行ってみた@スアンプルーン・マーケット

スポンサーリンク

f:id:pukuko15:20170328173449j:plain

少し前に紹介した「クルンサイアム」に続き、タイ料理つながりで「ニッタヤガイヤーン」を紹介したいと思います!旦那がタイ料理嫌いなので、なかなかタイ料理屋に行かないんですよね。先日友人に誘われて行ってきました。パリパリ皮のガイヤーンが美味しかったですよ〜

スポンサーリンク

 

 

ニッタヤガイヤーン

バンコク北部に位置するノンタブリー県にあった小さなレストランが口コミで人気になり、今では超有名になったんだそうです。タイ料理に疎い私は、そんな有名店だったとは全然知らなくて、お店の盛況っぷりにビックリ!

 

場所

ニッタヤガイヤーンは、「スアンプルーン・マーケット」の中にあります。スアンプルーン・マーケット?どこやねん!って思ったそこのアナタ!私も同じです。(え?有名なんですか?)そして、空港のスワンナプーンと間違えがち。

 
GoogleMAPで開く

 ラマ4通り沿いにある新しいマーケットで、LotusやBig-Cにも近いです。プロンポン付近からタクシーで10分くらいかな。帰りは、トンローまで5分ほどで思ってたよりもかなり近かったです。

f:id:pukuko15:20170328171856j:plain

駅舎をイメージして造られたということで素敵な建物。ですが、オープンして1年経ったというのに、テナントはまばら、人もあんまりいなくて、盛り上がりに欠けていました(´・ω・`)

f:id:pukuko15:20170328172808j:plain

ドッグランがあったので、ワンちゃんを飼ってる方なら楽しめそうヾ(´∀`)ノ

f:id:pukuko15:20170328172850j:plain

とりあえず、やることもないのでお店に入ります。

 

店内

f:id:pukuko15:20170328172920j:plain

11時過ぎくらいに入ったときはまばらだったのに、どんどんお客さんが増えていって、帰るときにはこの状態。さすが有名店ですね。連日満員だそうです。

ソファ席はなかったので、抱っこひものまま食事しました。ちょっと堅いけどベンチシートみたいな長椅子はありました(写真左)チャイルドチェアがあるかどうかはリサーチしていません。

 

メニュー

メニューは全て税サ込の価格です。

f:id:pukuko15:20170328173217j:plain

メニューの一番最初は、お店のおすすめメニューがズラリ。大人数だったら色々頼んでシェアしたいところですが、2人だったので控えめに。

f:id:pukuko15:20170328173306j:plain

「ガイヤーン」105バーツ(約340円)

こちらが名物のガイヤーン!ハーフサイズでしたが2人で食べるにはちょうどいい大きさでした。皮がパリッとしていて美味しい!

f:id:pukuko15:20170328173449j:plain

「ソムタムタイ」65バーツ(約200円)

ソムタムが色々と種類がありましたが、一番オーソドックスなものを。辛くしないで、と言ったら本当に辛くなかった。私にとってはこれくらいが美味ですわ。

あとカオニャオとジュースを頼んで終了。1人120バーツくらいでした。安いわー。

 

まとめ

美味しかった!美味しかったんですけど、タイ料理って他のお店と比べてどう!というのがよく分からないんですよねー。和食ならなんとなく美味しいか美味しくないかが分かるんですけど。

ガイヤーンって、どこもこんな感じじゃなかったっけ?多分、たまにしか食べないから、そのたまにも割と有名なところに行っちゃってるから、美味しくないガイヤーンにあたったことがないんですよね(;´∀`) ほんとグルメ記事書いてるのに最低…。

という訳で、ガイヤーン好きの方は是非どうぞ!むしろ、行ってみて違いを教えてくださーい(笑)

 

店舗概要

Nittaya Kai Yang Restaurant(ニッタヤガイヤーン)
住所:3654 Rama 4 Rd., Khlong Tan, Khlong Toei,
電話:02-042-6315
営業時間:10:30~21:30
HP:http://nittayakaiyang.com/en/

 ※ 2017年3月29日現在:1バーツ=約3.2円

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

他のバンコク情報・駐在妻ブログはこちらのボタンからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ