2024年1月現在:1バーツ=約4円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

BTSトンロー周辺のレストラン

【ZAO LARB(サオ ラープ)】イサーンの鍋料理 ジェオホン鍋をトンローで!

当サイトは記事広告・アフィリエイトによる収益を得ております

Miwako

こんにちは!Miwakoです。タイの風景やタイ料理が大好きで、街歩きを日々楽しんでいます。

タイの最も東に位置するウボンラーチャターニー出身のオーナーさんが祖母のレシピを元に提供されているというイサーン料理店【 ZAO(サオ)】

ウボンラーチャターニーの本店、エカマイの「ZAO Ekkamai」に続き、トンローにオープンしたのが今回紹介する一軒家レストラン【ZAO LARB】です。

【ZAO LARB】では、これまでの店舗で提供されてきたお料理とは異なり、イサーン地方でお祝い時の食事とされてきた、ラープやジェオホン鍋を専門とされています。

イサーン地方では、お祝い事の際に、まず動物や魚を屠殺するところから始まるそう。

そのため、新鮮で生のままいただくものや、血や内臓までありがたくいただくお食事もあります。

そのひとつでもある、ジェオホン鍋。

ジェオホン鍋という鍋料理をこのお店に出会って知ったのですが、これがとても美味しかったのです。

さらに、【ZAO LARB】では2023年11月からイサーンの朝食メニューもスタートしたとのこと!

それでは、2パターンの楽しみ方ができるイサーン料理レストラン【ZAO LARB】をご紹介していきます。

【ZAO LARB(サオ ラープ)】場所

お店があるのは、トンローのSoi25。

BTSトンロー駅から車で約5-6分、徒歩約30分程度のところです。

駐車場もあります。

【ZAO LARB(サオ ラープ)】お店の様子

チーク材の床に、木製の素敵なダイニングテーブルがいくつも並び、誰かのお家に遊びに来たような居心地の良さを感じられるおしゃれな店内。

窓が大きく、開放的な席もありました。2階席もあります。

イサーン料理に合うお酒をセレクトされているとのこと。

【ZAO LARB(サオ ラープ)】メニュー

今回訪れたのは、ディナータイム。以下、メニューの一部です。

Larb Goy(イサーン地方の生肉を使ったサラダ)

Som Tum(パパイヤサラダ)

Oom, Kaeng(イサーンのハーブスープ)
Tod(揚げ物)
Jaewhon(ジェオホン鍋):肉

お肉は、ウボンラーチャターニーのお隣、シーサケートで育った但馬のA5和牛。

Jaewhon(ジェオホン鍋):魚

お魚は、ウボンラーチャターニーを流れるメコン川の川魚。

「Recommended」マークもあり、写真付きのメニューなので選びやすかったです。

別途VAT7%・サービスチャージ10%あり

なんと訪問した日が、翌朝から朝食メニューが開始するというタイミングで一足早くオーダーが可能でした。

朝食時に夜のメニューはオーダーできませんが、朝食メニューはディナータイムにもオーダーが可能とのことです。

それでは、今回食べたものを紹介していきます。

Jeaw Hon Set 3 Kinds of Beef (for 1-2 persons) [1,950THB]

セットのお肉:Beef Silver Shank, Beef Picanha, Beef Sirloin Tip

3種類のナムチム(つけだれ):①Sweet and sour、②Sour and spicy (Hog plumを使用)、③Bitter and spicy

先述の通り、ジェオホン鍋は、イサーン地方のお祝い事の際に食べる鍋料理のこと。

牛の血や内臓、タイハーブから出汁をとったスープに野菜や山菜、きのこなどが入り、食べる直前(もしくは途中の味変として)卵を投入して、お肉や魚をしゃぶしゃぶしていただく鍋料理です。

臭みは一切なく、薬膳スープのようなテイストでとても美味しいスープでした!

3種のナムチムをお好みでつけて食べるようなのですが、スープそのものが美味しいのと、ナムチムがなかなかに辛いので、私はほとんどそのままいただき、食後も名残惜しくスープを飲むほど気に入りました。

Miwako

持参したポン酢が、このスープにはとても合いました!イサーン料理とはかけ離れますが、ポン酢もおすすめです!

Tum Lao Puna Dong [200THB]

イサーンの伝統的な魚の発酵調味料プラーラーで味付けされた、田蟹のソムタム。

普通の辛さでは唐辛子を8本使うとのことで、ミディアムスパイシーでオーダーしましたが、しっかり辛い!

Soi Juu:round cut, tripe, liver [320THB]

臭みが一切ない、牛の生肉。

溶けるような柔らかさや、弾力、コリっとした歯ごたえなど、3種ともとても美味しく食感も楽しめました。

つけだれはBitter and spicyがおすすめとのことでしたが、個人的には味付けせずにそのままで大満足。

強いて言うならば、わさびと醤油も持参すればよかったな〜と思いました。

Miwako

馬刺しを食べるように、ニンニクや生姜も合いそうです。(これなら提案したらもしかしたら出してもらえたかもしれないですね!)

川魚のグリル [350THB]

この店舗のメニューにはないですが、エカマイ店で人気の焼き魚をオーダー可能か聞いたら提供可能とのことで出していただきました。

脂ののった身がふわっと柔らかかったのが素晴らしかったのですが、少し臭みが残っていて、エカマイ店とは仕上がりが異なっていました。

調理場の環境もきっと異なりますし、やはり専門のものを頼むに限りますね。

まとめ

【ZAO LARB】では、とても珍しいメニューをいただけるので、新しいタイ料理を求めている方にも是非おすすめしたいお店です!

スタッフの皆さんの気配りも素晴らしく、心地の良いお店でした。

Miwako

2023年12月1日開業のThe EmSphereに「ZAO ZEN」という系列店がオープン予定とのことで、新店舗も楽しみでなりません!

【ZAO LARB(サオ ラープ)】店舗情報

住所11, 9 Thonglor25,
Khwaeng Khlong Tan Nuea,
Watthana, Bangkok
地図Googleマップで開く
営業時間8:30〜14:00
17:00〜23:00
定休日月曜日
電話番号091-916-2242
WebサイトInstagramFacebook
ABOUT ME
Miwako
Miwako
タイ在住。ローカルと都会のギャップ、新しさと古さが混在するタイが好き!日々街歩きとタイ料理、タイ産のコーヒーやお茶を楽しんでいます。

こんな記事もおすすめ