バンコク観光

【2019年最新版】ワットパクナムの電車(MRT・BTS)での行き方&参拝方法を徹底解説!

ワットパクナム

2017年4月4日:記事公開
2019年8月25日:ソンテウの行き方&参拝マナーについて追記

数年前からタイを訪れる日本人の中で人気が高まっている【ワットパクナム】。

仏塔の最上階にある天井画が、思わず息を呑んでしまうほど美しいお寺です。

そして、その天井画もさることながら、本堂の厳かな雰囲気も、個人的にはとても好き。

その周辺のお寺も一緒に散策してきましたので、行き方や参拝方法などを、まとめてレポートしたいと思います。

 

ワットパクナムとは

現地でもらったパンフレットによると、ワットパクナム大仏塔は、前タイ国王陛下と王妃陛下の72歳の誕生日のお祝いとして建てられた仏塔なんだそう。

起工式が西暦2004年、落成式が2012年ということで、まだまだ新しい仏塔なんですね。

ワットパクナムは、日本人の間ではインスタ映え寺院として話題になっていますが、タイの方々にとっては格式高い寺院です。

仏塔に足を向けたり、飛び跳ねたりなんてもってのほか。静かに参拝するようにしましょう。

肩や脚を出したファッションもマナー違反ですので、羽織るものやストールを用意しておくことをお勧めします。

タイの人気YouTuber・でいぜろバンコクさんが、現地の僧侶に参拝マナーについて伺っている動画は、是非ワットパクナムを訪れる前に見ていただきたい動画です。

 

広告

ワットパクナムの場所・行き方

ワットパクナムは、チャオプラヤ川よりも西側にあるトンブリ地区にあります。

BTSタラートプルー駅が最寄り駅となり、交通手段もいくつかあるので行きやすいです。

 

MRTバンパイ駅から徒歩で行く場合

2019年8月24日より試験運行中のMRTバンパイ駅から徒歩約12分で歩くことが出来ます。

まだ地図にはバンパイ駅が出ていないので、駅最寄りのバンパイ病院からの地図を記しておきます。

バンパイ駅3番出口を出て歩いていきます。ちょっとややこしいので、GoogleMapを忘れずに。

【時間延長】バンコクの地下鉄MRTが延伸!各駅から行ける観光名所MAPを作ったよ! 2019年8月13日から、運転時間が午前7時〜午後21時になりました! 2019年8月24日から、延伸区間が伸びました! ...

 

BTSタラートプルー駅からソンテウ(乗り合いバン)で行く方法

ワットパクナム乗り場

まずタラートプルー駅に着いたら、3番出口へ出ます。

ワットパクナム

3番出口の階段を降りたら、進行方向へ真っ直ぐ進みます。

ワットパクナム

少し歩くと、The MALLというショッピングモールが目の前に見えるバス停に着きます。ここでソンテウを待ちましょう。

ワットパクナム

いくつかソンテウが通りますが、この赤いソンテウがワットパクナムに行くものです。念のために運転手さんに「ワットパクナム?」って聞くと安心。

ワットパクナムはほぼ終点で、乗車時間は約15分。運賃の8バーツ(約30円)は、降りるときに運転手さんに支払いましょう。

ソンテウの中はこんな感じ。混むときは立つことになるので、子連れだとちょっと大変かも。

帰りは、印をつけたあたりで待っていると、ソンテウが循環してきますよ。

Grabでタクシーを呼んだときも、印のあたりで待ち合わせになります。

 

BTSタラートプルー駅からタクシーorバイクタクシーで行く方法

先に紹介した3番出口から出たソンテウ乗り場だと、タクシーもたくさん走っているので、そこからタクシーに乗るのが一番行きやすいです。

もし、バイクタクシーで行く場合は、2番出口から出ると、すぐにバイクタクシー乗り場が出てきます。

日本人と分かると、「ワットパクナム?」と聞いてくるので分かりやすいかと思います。

乗車時間は15分前後で、運賃は40バーツ(約140円)です。到着してから支払いましょう。

 

バンコクから都心部から車で行く方法

私はスクンビットから車で行きましたが、だいたい40分程で着きました。

帰りはちょっと混んで1時間ほど。お寺の近くに専用の駐車場があります。

Grabタクシーを使うのもオススメです!

タイ・バンコクでの移動はタクシー配車アプリ【Grab(グラブ)】が超便利!使い方や事前予約方法を解説するよ!東南アジアで使えるタクシー配車アプリGrabを簡単・便利に使えるように解説しています!...

 

ツアーで行くなら

他の観光地もあわせて回るならツアー参加もオススメです。

一日で見どころを回れるので、時間短縮になりますよ!

▼ピンクガネーシャ+タラートロットファイラチャダー(鉄道市場)を一緒に回れるツアーがおすすめ!

ツアーの詳細を見る

 

天井画の美しい大仏塔へ

まず到着したら、天井画のある大仏塔へ。本堂を出て左側にあります。

ワットパクナム

こちらの白い建物が大仏塔です。外観の白が青い空に映えますね。

ワットパクナム

2019年7月現在、新しい仏像を建設中の模様。仏像ってこうやって骨組みをつくっていくのね!

ワットパクナム

平日はエレベーターを使えないので、左手の階段から靴を脱いであがっていきます。

ワットパクナム

肌の露出の激しいファッションの場合は、こちらの法衣がレンタルされているので、羽織って参拝してくださいね。

f:id:pukuko15:20170403011139j:plain

土日祝はエレベーターを利用することができます。エレベーターが5階に到着すると…

出てきたのは…

f:id:pukuko15:20170404152236j:plainf:id:pukuko15:20170403011457j:plain

なんとも神秘的な空間。加工無しでこの美しさです。(以上2枚は2017年撮影)

ちなみに、これは2019年に行ったものなんですが、上の2017年のものと少し色味が違いますね。確実に塗り直している気がするような。

ワットパクナム

この緑色の部分はガラスかな?こちらも、少し前から光るようになっていました。

ワットパクナムワットパクナム

柱に施してある金細工も見ものです。

ワットパクナム

気持ちのいい風も通り抜けていくので、この場所から離れがたくもありました。

f:id:pukuko15:20170404153828j:plain

ちなみに4階以下は、美しい展示物が並んでいます。こちらも是非ゆっくり見て回ってみてください。

 

本堂での参拝も忘れずに

大仏塔を堪能したら、本堂でのお参りも忘れずにしていきましょう。

f:id:pukuko15:20170403005532j:plain

本堂は、大仏塔から少し歩いたところにあります。

f:id:pukuko15:20170403005958j:plain

本堂に入ったところで靴を脱ぎ、長い廊下をまっすぐ歩くとお参りゾーンに。

f:id:pukuko15:20170403005723j:plain

こちらで線香とロウソク、お花を貰います。お布施として20バーツを写真右奥の箱に入れます。

f:id:pukuko15:20170404151333j:plain

ここでロウソクと線香に火をつけてお参りをして…

f:id:pukuko15:20170403010238j:plain

この金ピカの像に線香についてた金箔を貼り付けます。やり方が分からずオロオロしてたら、近くにいた方が丁寧に教えてくれました。

その後、近くにあるもうひとつのお寺・ワットクンチャンへも行ってみることに。こちらも興味深いお寺だったので、時間があれば是非行ってみてください!

カラフルな仏像に会える【ワットクンチャン(Wat Khun Chan)】ワットパクナムとセットで観光! 前回からの続きです。 https://www.bangkok-pukuko.com/entry/watpaknam-ban...

 

▼ピンクガネーシャ+タラートロットファイラチャダー(鉄道市場)を一緒に回れるツアーがおすすめ!

ツアーの詳細を見る

 

ワットパクナム寺院 施設詳細

住所(英語)Thoet That Road. | Bang Yi Ruea, Thon Buri, Bangkok 10160
住所(タイ語)ซอยปากน้ำ ถนนเทอดไทย ปากคลองภาษีเจริญ ภาษีเจริญ กรุงเทพฯ
参拝時間8:00〜18:00
拝観料無料
FBhttps://www.facebook.com/WATPAKNAM.BKK

※2019年8月25日現在:1バーツ=約3.5円

オススメ観光プラン!
タイ・バンコクで何しよう?在住者がオススメのモデルコースを紹介するよ! GWでタイに来ている皆さんこんにちは! タイは見どころがたくさんありすぎて、どこに行こうか迷いますよね? 少し前に女...
【タイ在住者厳選】子連れバンコク旅行でおすすめな観光スポット15選! 日本からの海外旅行先として人気の高い国・タイ。 でも、「子供連れでもタイって楽しめるの?」ということが、お子さんのいるパパ...
ワットパクナムから近いよ!
バンコクから1時間以内!クローン・ラットマヨム水上マーケットはローカル感満載! バンコクの水上マーケットというと、ダムヌンサドゥアックやアンパワーが有名ですが、どれもバンコクから2時間くらいかかり、ちょっと遠...
ABOUT ME
ぷくこ
ぷくこ
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!