生活情報

タイ・バンコクでの移動はタクシー配車アプリ【Grab(グラブ)】が超便利!使い方や事前予約方法を解説するよ!

バンコク内での移動は、タクシーを使いこなせると便利です。

分かっちゃいるけど、タクシーって、タイ語が話せないとハードルが高いんですよね。

タイのタクシー運転手は、英語も話せない、地図も読めない、観光客と知るとぼったくってくるのは当たり前。(なかには良いドライバーさんも多数いますけどね)

そんなときは、タクシー配車アプリのGrabが超便利です。

私は、流しのタクシーも使いますが、遠出のときや、行き先が分かりづらい場所のときにはGrabを使います。また、最近ではバイクもGrabで呼びます。

この記事では、Grabの使い方を改めて徹底解説したいと思います!

 

まずはGrabアプリをダウンロード

まずはGrabアプリをスマホへダウンロードしましょう。

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

アプリを開きます。

Grabには車を呼ぶ以外のも、食事をデリバリーしたり、荷物を運んだりできるサービスもあるのですが、ひとまず今回は《Car》をセレクト。

もしiPhoneをお使いの方で、アプリがタイ語になってしまう場合は、
「設定」⇒「一般」⇒「言語と地域」⇒「使用する言語の優先順位」で、
【①日本語・②英語・③タイ語】になっているか確認しましょう。

【①日本語・②タイ語】になっている可能性があるので、その場合は右上の編集ボタンで訂正できます。

現在地と、周りにいる車のアイコンが出てくると思います。

ちなみに、このアプリを使うためには、外でもネットが繋がるようにしておかないといけません。

たまに、「ホテルやカフェのWi-Fiを使えばいいや!」ということで、外でのネット環境無しで旅行に来られる方がいますが、できればタイで使えるSIMカードや、ポケットWi-Fiを持ってきた方が安心ですよ。

 

広告

Grabで車を呼んでみよう

それでは実際に、Grabで車を呼んでみましょう。

現在地が今いる場所と合っているか確認し、目的地を入力します。

例えばプロンポンにあるショッピングモール・エムクオーティエから、ワット・ポーまでは128〜192バーツと出てきました。

現在、車の種類が「GrabTaxi」となっていますが、「JustGrab」に変えてみましょう。

「JustGrab」は、タクシーか、登録してある個人の車か、どちらでもいいので一番早く来る方を呼ぶ呼び方です。これだと186バーツ。(※呼べる車の種類については後述します)

妥当と感じたら、「BOOK」を押します。

来てくれるドライバーを探しています。

これが、すぐ見つかる場合もあれば、かなり長い間待たされることもあります。

渋滞時や雨の日などは、全く見つからない場合も。

見つかりました!!車のナンバーと車種が記載されているので、その車が来るまで待ちましょう。今どこまで来ているのかをGPSで確認することができます。

もし、予定が変わったり、待っている間に普通のタクシーが捕まったりしたら、キャンセルすることも出来ます。

厄介なのが、ドライバーの方からキャンセルすることもできちゃうこと。20分待って、キャンセルされた日には、本当に腹が立ちました…。

待ち合わせ場所についたけど、会えないときには電話がかかってくることもあります。

タイ語のことが多いですが、とりあえず目についた建物の名前を言って、頑張って合流してください(←雑)

その他チャット機能もあります。チャット機能は英語でOKなので使いやすいと思います。

 

行き先指定はGoogle Mapsからがオススメ

行き先指定で、英語で目的地名を入れているのに、うまく表示されないということが多々あります。

その場合、Google Mapsから行き先を指定することができます!

Google Mapsアプリで、ルート検索をしたら、使用交通手段欄の一番右端に、Grabの記載があります。

ここから「アプリを開く」欄を押せば、Grabアプリの方で目的地を入力することなく使うことができます。

Google Mapsの方が、カタカナ対応している建物も多いですし、目的地は探しやすいですからね。

 

Grabで呼べる車の種類

まずは、通常のエコノミープラン。

  • JustGrab:最寄りのタクシーor一般車
  • GrabCar:一般車
  • GrabTaxi:タクシー
  • GrabVan:5〜10人乗りの大型バン
  • GrabAssist:車椅子対応車

乗る人数が4人までの場合は、JustGrabを選べばいいと思います。

GrabCarは、きちんと登録を受けた一般車で、普通のタクシーよりも綺麗で大きな車で来ることが多いです。料金も定額。

GrabTaxiは、普通のタクシー。料金は、メーター料金+呼出料25B必要です。

GrabVanやAssistは比較的最近始まったサービスですね。

ちなみに、チェンマイだとソンテウ(トラックを改造したような車)も呼べるんですよ〜

こちらがプレミアムプラン。私は使ったことないです笑

でも、スーツケースが多いときなどは、SUVが良いと思います。

SUVの車

GrabCarPlusは、高い評価を得たトップクラスのドライバーによるサービスで、配車される車も、新車や大型車のみなんだとか。

こちらは事前予約の場合ですね。早朝に空港に行く場合などに便利です。

 

実はバイクはGrabの方が安い

私は最近バイクタクシーに乗る際に、Grabを使っています。

実は、場所や時間によりますが、流しのバイタクよりも安く済むことが多いんです。

また、Grabで呼ぶバイクだと、運転手さんがちゃんと私の分までヘルメットを渡してくれます。(いや、日本だと当たり前なんですけど、普通のバイタクだとヘルメットは貸してくれないことが多いんです)

 

GrabPayに登録しておくと便利

GrabPayの項目をクリックすると、クレジットカード登録画面が現れます。

するとキャッシュレスでGrabを利用することが出来ますし、乗車料金が安く済む場合も多いです。

タイのタクシーってお釣りを持っていないことも多く、細かいお金を用意しておかないといけないので、キャッシュレスで乗れるのは本当に便利。

旅行者の方にもオススメです。

Grabって使ってるとポイントも貯まるんですけど、そのポイントもGrabPay支払いにした方が貯まりやすいんだとか。

 

まとめ

以上、タクシー配車アプリ・Grabの使い方について説明してみました!!

Grabは、東南アジアを旅行する際には、本当に便利なアプリです。これ日本でも導入すべきですよね。色々と難しいんでしょうけど…。

ちなみに、このアプリを使うためには、外でもネットが繋がるようにしておかないといけません。

たまに、「ホテルやカフェのWi-Fiを使えばいいや!」ということで、外でのネット環境無しで旅行に来られる方がいますが、できればタイで使えるSIMカードや、ポケットWi-Fiを持ってきた方が安心ですよ。

Grabをうまく利用して、バンコク生活&旅行を快適なものにしていきましょう〜!!

 

ABOUT ME
ぷくこ
ぷくこ
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!
日本への一時帰国時におすすめなポケットWi-Fi

日本への一時帰国時の通信環境は悩みのタネですよね。

ぷくこのおすすめは【Wi-Fi東京】!!

>>日本への一時帰国時のWi-Fiレンタルは「Wi-Fi東京」で決まり!!

  • 日額レンタル料金が200円(30日プランの場合)〜
  • 通信容量が無制限!最大10台同時接続可能!

Wi-Fi東京を詳しく見てみる