バンコク観光

【サイアムアメージングパーク】絶叫系コースターにスライダープールが楽しいバンコクの遊園地!

私、遊園地大好きなんです。入った瞬間からワクワクする感じがたまらない!

娘の誕生日祝いという名目で、前から行きたかった《サイアムアメージングパーク(旧サイアムパークシティ)》というタイの遊園地に行ってきました!

ここは、絶叫系中心の遊園地に加えて、スライダーがたくさんあるウオーターパークもある、一日中楽しめる遊園地なんです!

パークの場所や内容、通常より安く入場チケットを手に入れることのできる方法などを、この記事で徹底解説させていただきます!

サイアムアメージングパークの場所

サイアムパークシティがあるのは、スクンビットエリアから車で約40分。

バスを乗り継いでも行けますが、時間がかかるのでGrabで行くのが一番楽チンだと思います。

サイアムパークシティと言ってもタクシーには通じないので、「スアン サイアム(อยากไปสวนสยาม)」と伝えるとOK。

サイアムアメージングパークの料金

サイアムパークシティの入場料は以下の通りです。タイの他の施設と同じように、こちらも外国人料金とタイ人料金に分かれています。

外国人料金

  • 大人(身長131cm以上):900バーツ(約3,150円)
  • 子供(身長100cm〜130cm):750バーツ(約2,620円)

※身長100センチ以下の子供は無料

タイ人料金

  • 大人(身長131cm以上):900バーツ(約3,150円)
  • 子供(身長100cm〜130cm):150バーツ(約520円)
  • 平日(月〜金):450バーツ(約1,570円)

※身長100センチ以下の子供は無料

サイアムアメージングパークに安く入場する方法

大人の通常料金は外国人もタイ人も変わらないですが、(多分いつもやってる)プロモーションで安く入場できます。

大人430バーツで入場可能。子供は150バーツのまま。

タイ在住者はワークパーミットを持っていくことをオススメします。

もし1人分のワーパミで家族の割引が効かなかった場合は、Klookというサイトでチケットを購入すると確実に安くチケットをゲットできるのでオススメ。

タイ人のプロモ価格と同じく430Bで入場可能です。

申し込んだらすぐにメールが送られてきて、それを入口で見せればいいだけなので、事前予約の必要がありません。当日申込でも利用できます。

印刷不要なのも嬉しいポイントです!

以下リンクから「サイアムアメージングパーク」で検索してみてください。

Klook公式サイトへ

サイアムアメージングパーク 内容

それでは、どんなアトラクションがあるのか、どんどん紹介していきますね!

絶叫系アトラクションがたくさん!

このコースター楽しかった〜!!!!

最初は後ろ向き、途中から前向きになって進むんです!予測不能でビビりましたが面白かったです!

私このバイキング系の乗り物苦手なので乗らず…。

円盤グルグル!タイの遊園地は相変わらず回ってる時間が長い!

気球に乗って回るやつ。とにかく回らせるのが好きなようです。

フリーフォール的な。上からビューンと落ちていきました。

ディズニーのスプラッシュマウンテンのような乗り物も。出てくるところ、怖い。

そしてこっちはビッグサンダーマウンテン的なコースター。これ全然激しくないんですけど、乗り物がギシギシ言うから別の意味で怖かったです笑

子供が楽しめるアトラクションも!

こちら子供向けのスモールワールドというゾーン。屋根付きです。

滑り台遊具。どこにでもありそうな遊具なのに、うちの娘はココでめっちゃ遊んでました^^; ま、仕方ないか〜!

船がグルグルする乗り物。100cm以上でないと乗れません。

こちらの白鳥も100cm以上です。スモールワールドと言いながらも、100cm以上になっているものがほとんどでした。

スモールワールドの近くにあったこちら!ジュラシックパークっぽい!

このジープで恐竜世界を旅していきます。ジープが2台しかないから、これは少しだけ順番待ちしました。

こんな感じでそこかしこに恐竜がいます!

タイの割に精巧!(←失礼)

エントランスの目の前にある大きなメリーゴーランド!!大きいのにあんまり誰も乗ってなくて貸し切り状態笑

お子さんが怖がらなければ、お化け屋敷も身長制限なしで遊べます。

うちの娘は怖くてギャン泣きでした笑

あと、列車か船かを選んでジャングルを旅できるアトラクションも身長制限なし。これが一番楽しんでたかなあ。

今回列車を選びましたが、船だとこちら。

ルートの大枠は一緒なんですけど、見える景色が変わってきます。船も面白そう!

早速出ました!アフリカの女性たち。

猿の軍団。けっこうリアルなんですけど、なんかシュールで笑えてきます笑

作り物だけかと思ったら、本物の動物まで現れました!鹿ですね〜。

乗ってるのは20分くらいかな?次々と現れる動物がどこかしらシュールで、案外大人も楽しめました!

シュールといえば、こちらもシュール笑

気になる食事は?

私たちは外で食べてから入園したので、中では食べてないんですけど、こちらのレストランがきれいでエアコンもあって良さそう。

あとは屋台のフードゾーンも。食べるところは屋根付きでファンもありましたよ。

ウオーターパークの内容

思っていたよりもずーっと楽しめたのが、こちらのウォーターワールド!!

チケット代金の中に含まれています。

ウォーターワールドは施設の一番奥にあるので、エントランスからはトロリーが走っています。

先に、ウォーターワールドがどんな感じなのか紹介しますね!

海のようになっているプール。手前は浅瀬で奥に行くに連れて深くなっていきます。

真ん中には滑り台。小さい赤ちゃんとかなら、ここで遊ぶと良いかも。

こっちは流れるプール。一周するにもめっちゃ広い!!

このスライダー、めっちゃ楽しかったです!!そんなに激しくないから小学生くらいの子もガンガン滑ってました!

定期的に大きなバケツの水がひっくり返るアトラクション!テンション上がるわ〜

これ!写真じゃ伝わらないけど、めっちゃスピード出る!旦那がこれ滑って「死ぬかと思った」と言ってました笑

うちの子はこの小さい滑り台ゾーンでまったり〜。小さい滑り台も、いくつか種類があって飽きずに滑ってました!

ロッカー・水着・タオル・浮輪のレンタル可能

思ってたよりもちゃんとしてたのが更衣室。更衣室・シャワーがそれぞれ個室であります。

50バーツでロッカーも使えます。貴重品は全てここに入れておきました。

水着やタオル、浮き輪などは現地でレンタル可能。こだわりがなければ、手ぶらで着ても泳げちゃいます。

こちらがレンタル料金表。

私たちは水着は持っていたので、タオルだけ50バーツでレンタルしました。

サイアムアメージングパーク まとめ

以上、サイアムパークシティについてレポートしてみました!

子供が100cm以下なら、遊園地のアトラクション自体はそこまで楽しめないかもしれないけど、プールがかなり楽しかったので結果オーライ!

そもそも100cm以下は子供料金無料ですしね。

夫婦交代で絶叫系のコースターも乗れて、久しぶりに遊園地を満喫しました!!

週末でも混んでないから、そこまで待たずに乗り物に乗れますし、乾期のおでかけにオススメです!!

チケットはKlookというサイトから!

リンク先から「サイアムアメージングパーク」で検索してみてください。

Klook公式サイトへ

近くの北タイ料理レストランもおすすめ!
ABOUT ME
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 5歳児ママ。かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。

BANGKOK GIRLS NOTEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

こんな記事もおすすめ