寺院

【サンクチュアリー・オブ・トゥルース】アジアのサグラダ・ファミリアはパタヤにある!行き方や入場料など

アジアのサグラダ・ファミリアと呼ばれる場所がタイにある

そんな話を聞いてから、ずっと気になっていたんですが、先日のパタヤ旅行で泊まったホテルのすぐ近くにあったので、念願叶って行ってきました!

その名も、サンクチュアリー・オブ・トゥルース。

海のすぐそばに立つその建築物は、写真などで見るより圧巻の施設でした。

この記事では、サンクチュアリー・オブ・トゥルースの行き方や、入場料、見どころなどを紹介しています!

 

 

サンクチュアリー・オブ・トゥルース とは

1981年8月13日より施工開始。

30年以上経過した今でも、現在進行形で建築が進められています。

未完の建築物、という共通点から「アジアのサグラダ・ファミリア」と呼ばれているんですね。

サンクチュアリー・オブ・トゥルースは、全て木で作られています。

チーク材やハード材等を使用し、古典芸術、彫刻、技術保護を目的としているそうです。

 

サンクチュアリ・オブ・トゥルース 行き方

サンクチュアリ・オブ・トゥルースは、パタヤ中心部から車で約20〜30分離れたナクルア地区にあります。

バンコクからは車で約1時間半。


GoogleMapで開く

パタヤの足といえばソンテウですが、サンクチュアリ・オブ・トゥルースまでは走っていません。

Grabアプリでをタクシーを呼ぶか、バイタク、またはソンテウをチャーターするという方法で行くことになります。

 

サンクチュアリー・オブ・トゥルース 入場料&服装

サンクチュアリー・オブ・トゥルースの内部に入ってすぐの白い建物で、入場料を支払います。

入場料:1人500バーツ(約1,700円)

バーツマジックにより感覚が麻痺していましたが、日本円にすると、そこそこ金額しますね。

子供は5歳からって言ってました。(たしか)

有料で馬や象に乗って写真を撮ったり、スピードボートやATVに乗ったりもできます。

もはやなんでもありですね笑

ちなみに、サンクチュアリー・オブ・トゥルースでは、露出の多い服装は禁止されています。

ですが、旦那の短パンは特にお咎め無しでした。

写真上の左側の女性は、ノースリーブワンピースだったので、現地でスカーフを借りていましたね。

また、建築物内部へはヘルメットを被って入ります。

普通に工事中なので当然ですね。

お団子ヘアなどはヘルメットを被れなくなっちゃうので、注意してくださいね。

 

サンクチュアリー・オブ・トゥルース 内部の様子

チケットを購入したら、いざサンクチュアリー・オブ・トゥルースへ!と意気込んで行ったものの、入口までは、けっこう長い道のりを歩いていくことになります。

少しだけ見える、屋根の上部に興奮!

そして、入場制限が設けられており、30分毎にしか内部には入れません。時間には注意しておきましょう。

とはいえ、入口前にもフォトスポットがあるので、写真を撮りながら待っていたらすぐでした。

見えました!!小高い丘の上からなので、こんな感じで建物の上部だけ見えました!

いや〜この溢れ出るダンジョン感にワクワクを隠せません。

バックが海って凄い立地!!

なんとなく、魔王の城を遠くから見ているような雰囲気出てませんか…?

同意してくれる人がいないので、先を進んでいきます。

こんな感じで長い階段を下へ下へ降りていきます。

私がベビーカーで行ったのですが、階段上部に置いてきました。お子さんが小さいなら抱っこ紐で行った方がいいと思います。

下に降りたら、こんな風景。橋を隔ててもう少しです。

はい!到着〜!!!

想像していたよりも大きくてビックリしました。凄い迫力です。

近寄ってみると、これらの細かい装飾が木で出来ているということに、更に驚きを隠せません。

ここから内部へ入っていきます!!

内部もまた、木の彫刻が壁から天井までビッシリ。その光景は圧巻です。

どう計算されて、こんなデザインになっているのか、建築主の頭の中が知りたくなります。

内部は照明などは使われておらず、入ってくるのは少しだけ差し込む陽の光だけ。

それがまた神秘的な雰囲気を醸し出しますね。

窓の外はすぐ海。海に囲まれた建築物なんだということを、ここで実感します。

30年以上経っても未だ建築中ということもあり、ところどころで工事されています。

頼めば、英語でガイドも行ってくれるそう。日本語の説明書きも置いてありました。

歴史的建築物と、現代建築物とのコラボ的な。

オプション料金を払えば、馬にも乗れるし、

象にだって乗れますよん。

ミニ動物園もあったり。鹿とかウサギとかが飼育されていました。

敷地内にいくつかレストランもありました。

トイレは水栓ですけど、当然ながらオムツ替え台はありません。

 

まとめ

以上、サンクチュアリー・オブ・トゥルースのレポートでした!

ゆっくり見て回って、合計で1時間半くらいの滞在でした。我が家の場合は、動物を見たりもしてたからですね。

単純に建物だけなら、1時間もあれば見て回れると思います。

とにかく圧巻!溢れ出るダンジョン感が堪りません。リアルゲームの世界にワクワクしちゃいました。

もちろん、どれも精巧で美しい木の装飾も、本当に素晴らしかったです。

パタヤに行った際には、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

施設詳細

サンクチュアリー・オブ・トゥルース

※ 2018年9月24日現在:1バーツ=約3.4円

ブログランキング参加中!
記事が面白かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
ABOUT ME
pukuko15
pukuko15
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!