バンコク観光

【バンコクのナイトマーケットおすすめ6選】定番市場からローカルな穴場スポットまで!

バンコクに遊びに来たら、是非行きたいナイトマーケット!

日中は暑いのでなかなか野外の市場でお買い物となりづらいですが、ナイトマーケットなら夜風を感じながらゆっくりお買い物やローカルグルメを楽しめます。

この記事では、観光客が訪れやすい定番の市場から、ガイドブックにも載っていないローカルな市場まで、様々なナイトマーケットを6つ紹介していきます!

THE ONE RATCHADA(ザ ワン ラチャダー)

そのアクセスの良さや、上から見下ろしたカラフルな屋根の美しさから、旅行者にも大人気だったラチャダー鉄道市場(タラートロットファイラチャダー)。

2021年7月に、コロナにより一旦閉鎖となりましたが、2022年9月に名前を変えて復活!

それが、 THE ONE RATCHADA(ザ ワン ラチャダー)です。

隣のエスプラネードから見える夜景も健在。以前のカラフルな夜景じゃなくてホワイト一色のスタイリッシュな景色になりました。

タイカルチャーセンター駅から徒歩3分という立地の良さも魅力。ショッピングからグルメまで満喫できます。

フードエリアにもタイ各地から美味しいものが集まっています。黄色い車が目印のこちらのイサーンソーセージは特に美味しいですよ!

アクセスMRTタイランドカルチャー駅から徒歩3分
地図Google Mapで開く
営業時間毎日 16:00〜0:00
WEBHP・Facebook・Instagram

JODD FAIRS(ジョッドフェア)

2021年11月にできた、MRTラマ9世駅(アソーク駅から2駅)からすぐのナイトマーケット・JODD FAIRS(ジョッドフェア)。

実は、上で紹介したTHE ONE RATCHADA(ザ ワン ラチャダー)と同じオーナーさんです。

オーナーさんが白いのが好きなのかな?こちらも隣のセントラルプラザから見える景色が白一色!とっても綺麗です。

十分楽しめる広さもあり、清潔で、何よりオシャレ!カップルで来ても、友達で来ても家族で来ても楽しめる場所ですね。

買い物もグルメもなんでも揃うので、海外からの旅行者が遊びに来た時にも、おすすめです。

住所MRTラマ9世駅から徒歩3分
地図GoogleMAPで開く
営業時間毎日 16:00〜24:00
WEBHP・Facebook・Instagram

シーナカリン鉄道市場

元祖・鉄道市場といえばここ!!シーナカリンにある木・金・土・日と週4日だけオープンしているナイトマーケットです。

シーナカリン鉄道市場の特徴は、ヴィンテージエリアがあること!クラシックカーが並び、周辺には関連ショップも。

とはいえ車を真剣に検討するというよりは、映えスポットとして写真を撮っている人が多いかも笑

もちろんグルメも充実!ヒアポンガパオタードという巨大なガパオライスが特に有名です。

革製品もたくさんお店があって可愛かったです。

周辺にはシーコンスクエアや、ラマ9世公園、ノンボーン公園などがあります。お子さんと一緒に遊びに行った帰りに立ち寄るのも良いかもしれません。

アクセスバンコク中心地から車で約30分
地図Google Mapで開く
営業時間木〜日 16:00〜0:00(月火水休み)
WEBHP・Facebook・Instagram

フアムムマーケット

フアムムマーケットは、バンコク中心部から車で30分ほどの場所にあるナイトマーケットです。

元々は、どちらかというと地元の人が利用するマーケットという感じで、1時間ほどあれば一周できるくらいの規模。食べ物や雑貨などが並んでいて、見ているだけでも楽しい。

そんなフアムムマーケットを一躍有名マーケットにしたのが、こちらのサタニーミーホイ!!

女装をしたムキムキお兄さんが踊り狂いながら接客をしてくれる、サービス精神に溢れた最高に楽しいお店です。

一見怪しい?雰囲気ですが、みんな楽しくて優しいお兄さんばかりですので安心して遊びに行ってみてください!

アクセススクンビットから車で約30分
地図GoogleMAPで開く
営業時間毎日 10:00〜0:00
(サタニーミーホイは18時から)
WEBHP・Facebook・Instagram

オンアン運河ナイトマーケット

上で紹介したマーケットは、お土産も手に入るし、旅行者でも食べやすいフードがたくさんで楽しいんですが、何せ人が多い。

もう少し落ち着いて食べ歩きやお買い物を楽しみたいなあって方におすすめなのが、中華街ヤワラートの外れにある、パフラットエリアにある「オンアン運河ウォーキングストリート」です!

ここが出来たのはコロナ真っ盛りの2020年。

元々は、バンコクの景観改善プロジェクトの一環としてオープンしたんですが、以前と比べて、この辺り一帯が本当に綺麗になりました。

このマーケットでは何故かパクチーアイスが流行っていて、数店舗ありました笑

食べてみたら案外美味しいので試してみてください!

Facebookより引用

なんと無料でカヤックまで楽しめちゃうんですよ◎

アクセスMRTサムヨット駅から徒歩2分
地図Google Mapで開く
営業時間金土日 16:00〜22:00
WEBHP・Facebook・Instagram

リアップドゥアン・ナイトマーケット

バンコク郊外にある“リアップドゥアン・ナイトマーケット”

観光で訪れるような場所ではないので、日本人にはあまり聞きなれない市場かもしれませんが、タイの若者たちがこぞって訪れるマーケット!

リアップドゥアン(Liab Duan)は、タイ語で高速道路の意味。リアップドゥアン・ナイトマーケットで、「高速道路沿いの夜市」となります。

約65,000平方メートルあり、東京ドーム(46,755平方メートル)の1.4倍の広さを誇る大規模ナイトマーケットなのです!!

敷地内にはフードやショッピングのほか、遊園地顔負けのアミューズメントエリアもあり、大人から子供まで楽しめます。

アクセスバンコク中心部から車で約30分
地図Google Mapで開く
営業時間毎日 17:00〜AM2:00
WEBHP・Facebook・Instagram

バンコクのナイトマーケット6選 まとめ

以上、バンコクにあるナイトマーケットを6つ紹介させていただきました!

初めてのタイ旅行で訪れやすいのは、THE ONE RATCHADA(ザ ワンラチャダー)や、JODD FAIRS(ジョッドフェア)がアクセスも良くて、お土産も色々と売ってるのでおすすめ!

タイ在住者や、何回もタイを訪れてるよって方は、少し足を伸ばして普段あまり行かないナイトマーケットを開拓するのも楽しいと思います。

それぞれ雰囲気が違うので、ぜひ色々遊びに行ってみてくださいね!

ABOUT ME
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 幼稚園児ママ。かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。
こんな記事もおすすめ