教育

「AIKB35」英タイ日トリリンガル教育の新設校│保護者の口コミあり【バンコクの幼稚園】

バンコクの幼稚園紹介。どんどん行きたいと思います!

次は、プロンポンから徒歩圏内の「AIKB35」!!

ついつい友達と話すときに、「AKBみたいな名前の…」と言ってしまいがちなインターナショナルな幼稚園です(笑)

記事の最後に、実際に通わせている保護者の声を掲載しています。是非参考にしてみてください!

 

AIKB35(Associe International Kindergarten Bangkok 35)

AIKB35は、2017年末にオープンしたばかりの新しい幼稚園。

東京都を中心に18の保育施設を運営してきた経験を活かし、バンコク初の日本人経営のインターナショナル幼稚園として開園しました。

今は日本人の園児が中心ですが、今後は、日本人部とインター部を分けて、日本人以外の入園を積極的に募集していく予定なんだそうです。

AIKB35はこんな方にオススメです!

  • 子どもにネイティブな英語を学ばせたい方
  • インター校が希望だけど、親自身の英語に自信がない方(日本語対応)
  • 少人数制で手厚い保育を希望する方
  • 新設校の発展途上の様子を一緒に楽しめる方
  • とにかく新しい園舎がいい方

 

場所

AIKB35があるのは、スクンビットソイ35。プロンポン駅から徒歩5分という好立地です。


GoogleMapで開く

エムクオーティエのすぐ西側のソイ、スクンビットソイ35を真っ直ぐ北上。少し歩けば左手にカラフルな園舎が見えてきます。

 

見学予約

まずは電話で見学予約。特に指定の曜日などはなく、次の日の見学も大丈夫でした。

見学にかかった時間はだいたい1時間ほど。男性の先生が案内してくださいました。

話を聞いている間は、女性スタッフさんがオモチャで子供の相手をしてくれて、凄く助かりました!

 

保育目標

  • 思いやりと勇気を持ち、自立的に活動する子ども
  • 知的好奇心を持ち、主体的に学習する子ども
  • 自主性に富み、あらゆる努力を惜しまない子ども
  • 国際感覚と共感性に富んだ豊かな子ども

 

園内の様子

AIKB35|ギャラリー

今回、園舎の写真は撮っていません。

HP内に詳しくフロアマップと写真が載っているので参照してください。

出来たばかりの幼稚園なので、ほんっとうに綺麗!!

大きな滑り台があったり、吊り橋があったり、ボルダリング用の壁があったりと、遊び心もくすぐります。

フロアマップには記載されていませんが、1階ホールの奥に園庭があり、遊具はまだありませんが、自由に走り回るくらいの広さでした。プールはなく、簡易のものになるようです。

AIKB35の写真を見る

 

制服

AIKB35では、なんと有名ブランド「組曲」とタイアップした制服が用意されています!

AIKB35のHPより

男女ともにめっちゃ可愛い!

AIKB35のHPより

体操着は背中に象をあしらった赤いTシャツ。こちらも可愛い。

AIKB35のHPより

ちなみにスクールバッグも園指定。茶色いバッグなんて、オシャレな私立高校のものみたい!

 

学級編制

現在、2歳児・最年少クラスから入園可能です。

K0 最年少|2歳児|定員20名
K1 年少|3歳児|定員20名
K2 年中|4歳児|定員20名
K3 年長|5歳児|定員20名

2018年9月から、最年少には週3日コースも新設!

そしてまだ非公式ですが、1歳半からの最々年少クラスも準備中なんだそうです!

 

保育時間

  • 9:00〜14:00

※16:30まで延長保育可(100バーツ/30分)
※課外保育あり

 

1日のスケジュール

例として、HPよりK1クラス(年少クラス)のスケジュールをお借りしてみました。

園内では、日本語40%、英語40%、タイ語20%の比率で学びます。授業を担当する先生は、全員ネイティブ。

タイムテーブルの各クラスの下に、使用言語も記載されています。

例えば月曜日なら、英語を使った音楽の授業、日本語を使ったアートの授業、英語を使った自由遊び、タイ語の授業となっています。

AIKB35では、語学を授業として学ぶだけではなく、遊びの中で他言語を使って自然に学べるように工夫されているそうです。

 

給食

給食は毎日あり。日本で調理経験のあるタイ人調理師さんが、和洋中タイ料理バランスの良い食事を作ってくださっているそう。

園のインスタに美味しそうな給食の写真がたくさん載っていますよ!

 

課外保育

  • 英語、ヨガ、アート、テコンドー、日本文化など

日本文化を学ぶ課外保育は、保護者の方からの声で最近新設されたそうです。

 

学期区分

  • 4月〜8月
  • 9月〜12月
  • 1月〜3月

年末年始休暇、ソンクラン休暇あり。夏休みにはサマーキャンプも実施しています。

 

行事

ソンクラン、こどもの日、ハロウィン、七夕まつり、ロイクラトン、ひな祭り、保護者会

 

AIKB35の保育料金

2018年9月より保育料金が改定予定。以前より、かなり安くなりました!

最初に必要なお金

週5日コース 週3日コース
入園金 35,000 20,000

※週3日コースはK0クラス(2歳児)のみ。その後、K1コースに進んだときに残りの15,000バーツを支払います。

 

毎月の保育料

週5日コース 週3日コース
保育料 20,000 16,500
設備費 800 530
給食費 3,000 2,000
バス代 4,000 4,000
合計 27,800 23,030

※週3日コースのバス代は要確認!
※兄弟割引あり。詳細は園へ問い合わせとのこと。

 

その他

制服 3,000
体操服 900
スクールバッグ 1,050
課外授業 500〜1,000

 

プロモーション

先着30名まで、以下のプロモーションを実施中!

  • 保育料1か月分免除!
  • 入園金10%優待!
ぷくこ
ぷくこ
え、普通にめっちゃお特じゃありませんか?

 

AIKB35に通わせている方の声

それでは、実際にAIKB35に通わせている保護者たちの声を聞いてみましょう!

本当は全員分の回答をそのまま載せたかったのですが、回答多数のものなどは、省略させていただいています。

ご協力いただいた方、本当にありがとうございました!

ここに書かれている声は、あくまで個人の感想です。

鵜呑みにしすぎず、実際に園を見学して、それぞれのお子さんに合うかどうかを見極めてください。

また、良い点や不満点は、制度変更されてたりすることもあるので、見学のときに園に確認するようにしてください。

 

決めた理由

  • 家が近い(回答多数)
  • プロンポン駅から近い
  • 園舎が綺麗で整っている(回答多数)
  • 衛生管理がされており、怪我もしないような安全性も考えた設計になっている
  • 机や椅子、ドアなど細部まで日本基準で、しっかり安全面に配慮された作りになっている
  • ほぼ室内の為、蚊に刺されることは少ない
  • 新しい幼稚園なのでこれから発展しそう
  • インター校で英語を身につけられる
  • 英語、タイ語、日本語とそれぞれネイティブの先生から学べる。担任はアメリカ人、タイ人、日本人の三人体制
  • インター校だが、母体が日本の幼稚園なので連絡事項等は全て日本語でOK
  • 折角タイにいるので、子どもには日本も含む多様な文化&人種に対して苦手意識なく育ってほしかった
  • 日本語40%、英語40%、タイ語20%と程よい言語教育だと思ったから
  • 制服が可愛い(回答多数)
  • 給食の調理師が日本人の方(5月まで。現在は日本で調理経験のあるタイ人
  • 栄養バランスの良い給食
  • 食育にも力を入れており、和洋中タイ料理をバランスよく提供してくれ、見た目も可愛らしい給食が出る
  • プレイグループに参加してみて良かったから
  • 見学時子どもが一番のびのびしていた
  • 子供が「ここが良い!」と自分で決めた(年少)
  • 先生の印象が良かった
  • 親の出番がほぼ無い
ぷくこ
ぷくこ
インター校で英語を学ばせつつも、日本語で色々と問い合わせできるのは親としてはありがたいですね。

通わせてみて良かった点

  • 3ヶ国語を学べる
  • 子どもが英語やタイ語を覚えて話すようになった
  • 子どもが英語とタイ語に抵抗なくなり、楽しんでいる
  • 英語は全員ネイティブの先生
  • 先生たちが優しい
  • まだ園児数が少ないので、先生の目が行き届いていて手厚い(回答多数)
  • 課外授業が充実で安価(回答多数)
  • 制服や鞄など高級感がある
  • 保護者の意見をよく聞いて、改善してくれる。一緒に幼稚園を作り上げていく雰囲気がある(回答多数)
  • 少人数でアットホーム
  • まだ少人数の為、風邪などを園でもらってくることはほぼ無い
  • ランチが美味しいらしく、色々なものをたくさん食べてくれるようになったり、食が太くなったりした(回答多数)
  • 送迎バスはGPS付き
  • 園からの活動報告が頻繁にある
  • PTA活動がないので親の負担がなく楽
  • 園児が少ないのでクラス全員に名前が覚えやすく親同士も親しくなり易い(回答多数)
  • 子どもが毎日楽しんで通っている
ぷくこ
ぷくこ
新設校で、先生が保護者の声を積極的に聞き入れて改善しているのが良いなあと思いました!なんだか「天ない」みたいで憧れます笑

あえていうならの不満点

  • インターだけど、今は園児はほとんど日本人(ただ、9月頃からインター部と日本人部ができ、間口が広くなることで色んな国籍のお子さんが増えてくるのではないかと思う)
  • 3ヶ国語同時にやるので、第2&第3言語の習得はペース遅め。本当に英語をペラペラ話せるようにさせたいなら、インター校をお勧めします
  • もう少し英語が学べるのかと思っていましたが、子どもは英語よりもタイ語に興味を持っている
  • インターなので会社から保育料の補助が出ない場合がある。要確認(ただ、9月からインター部と日本人部ができることによって、日系幼稚園としての扱いになれば、会社から補助が出るのではないかと思う)
  • 園庭に遊具がないので、外で思いっきり遊ぶことが出来ない(これから設置予定とのこと)
  • プールが簡易なものしかない
  • 授業料、バス代が高い
  • 人数が少ないので、運動会や発表会などの大きな園イベントが少ない(来年度から実施予定)
  • まだまだ生徒数が少ないので、早く生徒が増えて欲しい
  • 先生が定着しない
ぷくこ
ぷくこ
まだ新設校で発展途上ということもあり、ここに出てくる不満点も、いずれ改善されるかもしれませんね

ちなみに、アンケートに関しては、まだまだ募集中です。(記事公開済の園でも、後に検索で読まれる方もいるので)よろしくお願いします(*゚∀゚)=3

アンケートに答える

施設詳細

AIKB35(Associe International Kindergarten Bangkok 35)

住所:23/1 Sukhumvit Rd., Soi35, Klongtan-Nua Wattana Bangkok
電話02-056-1035
メール:info@aikb35.com
HPhttp://www.aikb35.com/ja/
FBhttps://www.facebook.com/aikb35/
IGhttps://www.instagram.com/aikb_35/

あわせて読みたい
【最新版】タイ・バンコクの日系幼稚園全リスト│通わせている方の声あり これまでご紹介してきた幼稚園をエリア毎にまとめてみました。 各幼稚園の個別記事に、園内の様子や保育料、実際に通わせている方...
ブログランキング参加中!
記事が面白かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
ABOUT ME
pukuko15
pukuko15
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。1歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!