スパ・マッサージ

パンピューリが作る究極の温泉&スパ!ウェルネス施設【PAÑPURI WELLNESS】が凄い!

アジアを代表するウェルネスブランド『PAÑPURI(パンピューリ)』

バンコクにはたくさんスパブランドがありますが、私は特にパンピューリが大好き!!

パンピューリのボディクリームを使って肌をケアするだけで、香水を身にまとってるかのごとく良い香りがします♡

そんなパンピューリが2017年にオープンさせたのが、ウェルネス施設『PAÑPURI WELLNESS』です!そして2018年8月、同施設内に公共温泉もオープン。

在住者や観光客に人気のこちらの施設ですが、2020年8月に女性向けのお得なプロモーションを行います!!

元々ラグジュアリースパで有名なパンピューリが手がける、まるで日本のようなウェルネス施設。どんなものか気になりませんか?

この記事でたっぷり紹介しちゃいます!!

Lady Onsen プロモーション/

  • 温泉入館料:通常750THB→THB500
  • プロモーション期間:2020年8月1日〜8月31日まで
  • 毎日予約不要で利用可!

※女性のみ使用可能なプロモーションです

 

PAÑPURI WELLNESS 場所

まずは温泉の場所から。

最寄り駅はBTSチットロム。スカイウォーク直結のゲイソーンタワーの12階にあります。

ゲイソーンビルの中に入って進んでいきます!

エレベーターで12階を目指すんですが、すべてのエレベーターが12階へ行くわけではありません。

BTS側から入った場合、手前のエレベーターはスルーし、奥のエレベーター(BIG-C側)を使いましょう。

ちょうどこの回廊を抜けた先

12階へ行くと、フロア全体がPAÑPURI WELLNESSの施設になっています。

 

PAÑPURI WELLNESS 予約&料金

パンピューリウェルネスの温泉利用料は以下のとおりです。

温泉(17歳以上)750バーツ(約2,550円)
温泉(6〜16歳)450バーツ(約1,530円)
6歳未満の子供は入館できないので注意!

8月はプロモーション開催!!

Lady Onsen プロモーション/

  • 温泉入館料:通常750THB→THB500
  • プロモーション期間:2020年8月1日〜8月31日まで
  • 毎日予約不要で利用可!

※女性のみ使用可能なプロモーションです

その他、マッサージやスパ、アカスリのついたプランもあります。スパ単体で受けるよりも、温泉セットの方がお得です。

いくつかメニュー例を載せておきます。

温泉 + Signature Massage(90分)4,100バーツ(約13,940円)
温泉 + Thai Massage(60分)2,400バーツ(約8,160円)
温泉 + 垢すり(30分)1,550バーツ(約5,100円)

※上記温泉とは全て大浴場のことを指します。(プライベート温泉とは別)

その他メニューはこちらからチェック!

panpuri-wellness-onsen-treatment

温泉は予約無しで入館可能ですが、スパは人気なので事前に予約していくことをオススメします。

予約の受付先は以下の通り。WEBサイトからの予約が楽ちんかと思います。

 

PAÑPURI WELLNESS 受付

まずは、靴を脱いで靴箱へ。靴箱の鍵を受付へ渡します。

その後、タブレットで登録。登録後に館内の鍵の役割を果たすリストバンドをもらいます。

このリストバンドで館内の全ての精算を済ませるので、貴重品を持ち歩く必要はありません。

ロビーから温泉の受付へ。

カウンターで甚平とタオルなどを受け取ります。サイズは女性用がS〜L、男性用がM〜XXLまであります。

身長158cmの私はSサイズでぴったりでした。

最近はコロナ対策ですべて抗菌後のものを一つ一つ袋に入れて渡してくれます。

めーっちゃありがたいのはPANPURIのアメニティが入ってること!!!

ボディウオッシュ、シャンプー、ボディローションが入ってます。もったいなくて使えないーー!!でも使う!!!笑

あと必要であれば、温泉用の簡易ブラ&パンツを貰っていきましょう。

(ちなみに、外国人からすると、「日本人はなんで温泉で裸なの?」ってビックリするそうな。いやでも簡易の黒ブラも、伸びると微妙に透けてるし、それはそれで恥ずかしい気がするんやで…。だからそんな話を聞いた後でも私は裸で突入してやったぜい。誰もいなかったけど笑)

 

PAÑPURI WELLNESS 温泉内部の様子

温泉エリアは当然のことながら写真撮影NG。

なので、公式写真をお借りしました!

はい、どーーーん!!!

奥に非奥長く続く温泉!!めちゃくちゃかっこよくないですか?

写真では窓がオープンになってますが、実際にはカーテンで閉じています。そりゃあ周りのビルから覗き放題やと困りますからね笑

意外なことに男性のお客さんの方が多いらしくて、男性ゾーンの方が広く作られているんだそう。

さて、ここで用意されている温泉は以下のとおり。

  • 炭酸風呂
  • 草津の湯
  • ニセコの湯(季節で変わる温泉)
  • ジャグジーバス
  • 水風呂
  • スチームサウナ
  • ヒマラヤソルトサウナ
  • あかすりルーム(事前予約要)

こちらでは、草津の湯をはじめ、日本の有名温泉のお湯を楽しむことができます。

季節のお湯は、約3ヶ月毎に変わるそうですが、私が入ったときはニセコの湯でした。

サウナ
アカスリルーム
アカスリルーム

まるで日本の温泉に入りに来たよう。ああジャグジーバス最高やったなああ。

別でお金を払えば、プライベート温泉も楽しめるようですよ。タイの有名人とかがお忍びで来ちゃったりするのかな…なんて想像してみたり。

私は午後の早い時間に行ったんですけど、ちょうど女湯は貸切でした。

誰もいない静寂の中、ゆっくり温泉に浸かっていろいろ考え事したり、ぼーっとしたり。

なんて贅沢な時間なんだろうと、しみじみしちゃいましたね。

ただ、以前は化粧水が置いてあったのにコロナの影響で置かなくなっちゃったんだそう。それだけが残念…!

そして化粧水持ってきてないから、肌がカピカピになってしまう!ピンチ!

でもご安心を!

外のプロダクト販売コーナーでテスターが置いてあるので、これをここぞとばかりに使っちゃいました笑

パンピューリのフェイスオイルが自分の肌に合ってて、今どハマリ中。是非試してみてください!

 

PAÑPURI WELLNESS その他施設の様子

その他、温泉を上がった後に休憩できるリラクゼーションルームがあります。

これがまた素晴らしくて!!

ゴロンと寝転がれるベッドがズラリ!!窓からの絶景を見ながら、リラックスできる部屋になっています。

ベッドには充電もできるUSBポートがついているので、スマホをチェックしたり、パソコンで仕事をしたりもできます。

こちらはWELLNESS BARと銘打たれた休憩ゾーン。飲食もできます。

ここで使われている食材は、可能な限りオーガニックのものを使用しているそう。

しかも、全てのメニューが600カロリー以下に抑えられいてとってもヘルシー!

メニューはタイ料理を中心に、前菜、メイン、デザートまで用意されています。

上の写真が、蓮の花を模したシグネチャーメニュー。めっちゃ可愛い!

フロントではパンピューリのプロダクトも販売されています。

すべての商品ではなく、スパで使われている商品が主なんだそう。

もし、他の商品も見たければ、同ゲイソーン内2階にパンピューリのショップがあるので、そちらには全商品が網羅されています。

 

PAÑPURI WELLNESS フェイシャル体験レビュー

今回温泉だけでなく、フェイシャルエステも受けさせていただきました!

以前にパンピューリのマッサージを体験して、「私史上最高のスパ」と勝手に認定させてもらっているので、否が応でも期待が高まります。

ArunaYouth™ Skin Lifting Facial の75分で3,500バーツ(約11,900円)のものを体験!温泉とセットなら3,800バーツ(約12,920円)です。セットの方がお得!

まずはデトックスドリンクで身体を中から浄化。フィンガールート(タイの生姜)、ライム、はちみつを使ったドリンクです。

こちらがトリートメントルーム。広々とした清潔感のある部屋です。

今回は使用しませんでしたがシャワールームも。もちろん置いてあるのはパンピューリのアメニティ。

身支度を整えるデスクの上にはお水が。

カップの上には「omoiyari」と書かれた紙が。日本語の中でもこの言葉を選ぶところが素敵ですね。

身支度が整えたら、まずは足を洗ってくれます。

フェイシャルのトリートメントなのに、足を洗ってくれるのなんてびっくり!

こちらのお湯は、オーガニックソルトとコブミカンの果汁をミックスしたもの。

しかも肩には温かいネックピローまで。ほのかに香るハーブの香りで始まる前から天国〜!!

今回のフェイシャルで使うプロダクトは、パンピューリの新作アイテム♡

以前自宅用にと使わせてもらい、実際に効果を実感しているものなので安心感があります。

世界中の200種を超えるジャスミンの中で、類まれなビューティーパワーを持つというジャスミンサンバック(タイ語名ラチャブラナ)。

そんなラチャブラナの蕾のパワーをたっぷり閉じ込めたのが、アルナユースシリーズで、ハリ感のあるふっくらとした肌へ導いてくれるトリートメントです。

アルナユースシリーズの詳細はこちら
【プロモーション有】PAÑPURI(パンピューリ)肌を蘇らせてくれる新作フェイスマスク&パッチ! \この記事はPAÑPURIのPR記事です/ パンピューリといえばタイの人気スパブランド。私もボディクリームやハンドクリームなど香り...

フェイシャルのマッサージがやっぱりボディのときに感じたのと同じ、ほんと丁寧に丁寧に揉みほぐしていってくれる感じ。ありえないくらい気持ちいいです。

終了後には、WELLNESS BARにてお茶とフルーツを出してくれます。

添えられたお茶は、トンローにあるミシュランレストランBo.lanのもの。オーガニックティーで美味しい。身体の底からリラックスできました。

 

PAÑPURI WELLNESS スパマッサージ体験レビュー

2018年に受けさせてもらったマッサージのレビューです。

実は以前にもパンピューリウェルネスでスパを体験させてもらっておりました。

そのとき受けさせてもらったのは、オススメのシグネチャーマッサージ 90分です!金額は温泉とセットで4,100バーツ(約13,940円)。マッサージ単体だと3,800バーツ(約12,920円)。

このシグネチャーマッサージは、緊張を和らげ、循環を促進し、リラックスを促す、古代からの東洋の指圧技術と伝統的タイマッサージとスウェーデン式マッサージを融合したものです。

先に感想を言っておくとですね…

ぷくこ
ぷくこ
私史上、最上級のスパ!!

え、マジ!!?って感じですが、本当です。

そんなにたくさんスパを経験した訳ではないですが、サービスも技術もプロダクトもすべてが完璧でした。

まず最初に、好きな香りのオイルを選びます。THAI JASMINE、LEMONGRASS、ROSE ABSOLUTE、LAVENDERだったかな。どれも本当にいい香り。

今回はTHAI JASMINEをチョイス。

その後、重点的にほぐしてほしい場所などのアンケートに答えました。

個室に移動して、服を脱いでガウンにお着替え。まずは足を洗ってもらいます。

オーガニックソルトとコブミカンの果汁をミックスしたお湯で足を洗ってもらっている間、肩に温かいネックピローを置いてくれました。

そんなところから、「おや、ここのスパは何か違うぞ…?」という雰囲気がプンプン。そして、その予想は大当たりでした。

足を洗ったら、施術がスタート。ベッドも微妙に温められていて、寝転がっているだけで気持ちいい。

重点的にほぐしてほしい場所を先に伝えているので、「あーそこそこ!」っていう箇所をしっかりマッサージしてくれます。

セラピストさんは、最低800時間以上の社内外研修を受けているため、技術も確か。

大好きなパンピューリの香りに包まれながらのマッサージは、リラックス効果が半端ありません。

そして、背中から肩、腕、足をマッサージしてもらった後、まさかのヘッドマッサージにリンパまで!ヘッドマッサージまでやってくれるなんて予想外でした。

頭皮をぐいぐいやってもらっていると、いつの間にか夢の世界へ…。

施術後は、フルーツとお茶が出てきました。お茶はオーガニックのライスティーで、フルーツももちろんオーガニック。

水分を欲しているので、果汁たっぷりのフルーツのサービスは嬉しいですね。

帰宅後も、その日は一日中パンピューリの香りが消えませんでした。一日中幸せな気分になれるなんて嬉しいなあ。

 

PAÑPURI WELLNESS まとめ

以上、パンピューリのウェルネス施設《PAÑPURI WELLNESS》について紹介させていただきました。

一言で言うと最高にリラックス&デトックスできる場所。

特に仕事後にここでリラックスして帰るなんて最高じゃないですか!?

日本にいるときから、仕事終わりや週末に近所のスーパー銭湯に行ってたんよなあ。バンコクの働き女子必見ですね!!

もちろん家事や育児で疲れた身体を癒すのにもオススメ。一日中いれるので、温泉入って、寝て、ご飯食べて、スパして、また温泉入って…なんて使い方も最高。

日々の疲れた身体を、是非パンピューリでゆっくり癒やしてあげてくださいヾ(´∀`)ノ

 

PAÑPURI WELLNESS 施設紹介

住所12th Floor, Gaysorn Urban Retreat, Gaysorn Village Ploenchit Road, Lumpini, Pathumwan Bangkok
地図Google Mapで開く
営業時間温泉 11:00〜23:00・スパ 11:00〜22:00 (最終受受付20:00-20:30まで)
定休日なし
電話+66(0) 2-253-8899
WEBHPFacebookInstagram
予約予約サイトへ

※ 2020年7月29日現在:1バーツ=約3.4円

ABOUT ME
ぷくこ
ぷくこ
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻5年生。3歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!