カフェ

タイのジブリ公認レストラン「May’s Garden House Restaurant(メイのレストラン)」@ソイ29

2018年6月にグランドオープンした、ジブリ公認レストラン「May’s Garden House Restaurant(メイのレストラン)」。

ソフトオープン時から話題になっていたので、気になっていたお店。

友達親子に誘われて、先日行ってきました!!

うちの子は、まだジブリデビューを果たしていないので早いかな〜と思ったんですが、広い庭に、トトロだらけの店内で、凄く楽しめました!!

早速紹介していきます!!

 

May’s Garden House Restaurant

このメイのレストランは、世界初のジブリ公認レストラン

ジブリ公認レストランが、なぜ日本でなく、タイにできたのか?

それは、ジブリのプロデューサーである鈴木敏夫氏が、タイ東部にあるコーラット州パクトンチャイ村の風景と、その村の小さな店で売られていた手羽先に、惚れ込んだことがきっかけのようです。

さらに、その手羽先を売っていた女店主のニックネームが「メイ」だったことにも縁を感じ、タイ・バンコクでの出店を手助けすることに

そんなエピソードが、メニュー表の最初に書かれていました。是非じっくり読んでみてください。

予約は友達がしてくれましたが、公式Facebookから日本語で予約が可能とのこと。

どうやら、20年日本に住んでいて、アニメ業界にも精通しているイタリア人のコルピ・フェデリコ氏がオーナーということで、日本語が通じる点も納得です。

 

メイのレストランの場所

メイのレストランがあるのは、スクンビットソイ29の奥の方。


GoogleMapで開く

私としては、来タイ時通っていたタイ語学校ソーソートーのすぐそばなので、馴染みがあります。

最寄り駅はプロンポン駅。歩いて15分くらいです。アソーク駅からも同じくらいで歩けますよ。

プロンポン駅からタクシーで行くなら、ソイ31から迂回していくのが近道です。

車通りの少ない静かな住宅街の中に、ぽんと大きな門のあるお店が現れます。

May’s Garden House Restaurant「メイのレストラン」です!

トトロとメイとサツキをあしらった看板が可愛い!!

 

店内の様子

まず門をくぐり抜けて目の前に広がるのは、大きな庭!

これは素晴らしい!奥にはプールもあります。

料理が来るまでの待ち時間に遊ばせてもらいましたが、子どもたち大興奮!

トトロに出てくるメイとサツキのパパが乗ってる車もバッチリ再現!迷わず乗り込む子どもたち。そりゃあ、こういうの子供は好きですよねえ。

お店の入口手前には、こんなマットを敷いた待合いスペースも。

今後はオモチャや滑り台を置いて、キッズスペースにするそうですよ。実現したら、もっと楽しくなりそうですよね!

外にかかった風鈴までもがトトロ。こういう隠れトトロを探すのも、このお店の楽しみ方のひとつかも。

実はさっき紹介したお庭にも隠れトトロがいますよ!探してみてください!

こちら入口に佇む大きなトトロ。皆ここで写真を撮ってました!

うちの子はトトロをまだ見たことがないんですけど、この大きなモフモフの生き物に興味を持ったんでしょう。お腹にボスっと体当りして遊んでいました!

ジブリの展示ルームもありました。

なんと、ショーケースの中に飾られているトトロやネコバスには、このお店ができるきっかけと生み出した、ジブリのプロデューサー鈴木敏夫さんのサインが!

5月8日に来られてたんですね〜!

客席はこんな感じ。

オープン時間の12時に予約して、時間ちょうどに行きましたが、既に人が。この後、平日にも関わらず満席になっていました。

ソファ席もあります。ベビーチェアも豊富。

RESERVEDの看板を持ったトトロとまっくろくろすけが可愛い♡

トイレにはオムツ替え台に、子ども用の補助便座まで。キッズフレンドリーなお店で嬉しくなります。

至るところにトトロがいて、ジブリ好きにはたまらない空間。

どれだけ写真を撮っても収めきれません笑

是非行って、トトロを探してみてください(*゚∀゚)=3

 

メニュー

メイの家のレストランメニューは、タイ料理が中心。

友達親子3組で、いくつか頼んでシェアしました。

このお店のために特注で作られた、トトロのセラドン焼き。非売品なんだそうです。

商品化したら絶対売れそう!てゆうか買う!!

手羽先(180B/約610円)

まずはこちら。鈴木氏が惚れ込んだ鶏の手羽先です!(正式名称忘れちゃいましたw)

うん!これは間違いない味。絶対日本人は好きですね。鶏にしっかり味がついているので、タレにつけなくても十分美味しいです。

子どもも入れて6人でシェアしたら一瞬でなくなりました。もう一皿頼んでも良かったかも。

スープ(270B/約920円)

シグネチャーメニューになっていたスープ。お肉がホロホロで美味しい〜!!辛さもないので、子供でも食べやすいです。

鶏肉炒め(250B/約850円)

鶏肉の甘辛炒めジャスミンライス添えです。けっこうナンプラーが効いていて、ザ・タイというメニュー。鶏肉の他に、海老も選べました。

正直に言っちゃうと、フードメニューに関しては至って普通かなと。というか、美味しいんですけど、この味と量で、この値段はちょっと高い…。

個人的には、お昼は別のお店ですませて、デザートを食べに来るのがいいんじゃないかなと思いました。

あ、でも早めに来ないとデザートメニューが売り切れてしまうという難点もあるんですよねえ。難しい!

という訳で、売り切れ必須のデザートメニューたちです。

メイの帽子(300B/約1,020円)

セラドンの葉っぱのお皿の上に、メイの帽子が象られたケーキがちょこんと。

これ、可愛いだけじゃありません。

柚子とライムの皮が入っていて、すごく爽やかで美味しい!周りに葉っぱのように飾られているメレンゲも美味しかったです。

ネコバスがタイにやって来た!(300B/約1,020円)

こちらはネコバスを模したタイティーケーキ。これも美味しい〜!!

どれも可愛くて、食べるのがもったいない!!ケーキを食べるのに、こんなにためらったのは初めてかも笑

これ、自分でミックスして作るタイティーもついていたので、お得でしたよ〜。

雨のなかのトトロ(320B/約1,090円)

これは隣のタイ人グループが頼んでいたメニュー。こちらの頼んだものと交換して、写真を撮り合いっこしました笑

見た目からは想像できないけど、マンゴーチーズケーキなんだそうです。

まっくろくろすけの抹茶風呂(300B/約1,020円)

このまっくろくろすけは、あんころ餅なんだそう。それを抹茶に入れるなんて、アイデアが面白すぎます!!

2枚目1番上の「トトロからのプレゼント」は、頼んだら売り切れと言われました…。

えー、でもまだ12時のオープンから1時間しか経っていないのに!!これはもしかすると、事前に予約しておかないとないメニューなのかもしれません。

 

まとめ

現在、メイ・レストランはまだ完成していません。

これは、メニューの一番最初に綴られた言葉です。

その言葉通り、これから大きなネコバスが設置されたり、鈴木文庫という図書館ができたり、プールで遊べるようにしたりと、色々と構想が練られているそう。

また再訪するのが楽しみになっちゃいます(*゚∀゚)=3

まだ日本にもない公式レストランということで、これから日本人旅行者にも広まっていきそうですよね。

平日でも満席なので、予約は必須ですよ!

 

店舗詳細

May’s Garden House Restaurant(メイのレストラン)

住所: 18 Sukhumvit 29 Alley, Khwaeng Khlong Toei Nuea
電話:電話 02-034-9127
営業時間:12:00〜19:00
定休日:月曜
FBhttps://www.facebook.com/MaysBangkok/

※ 2018年6月29日現在:1バーツ=約3.4円

ブログランキング参加中!
記事が面白かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
ABOUT ME
pukuko15
pukuko15
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。1歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!