2024年4月現在:1バーツ=約4.1円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

バンコク観光

【マンダリンオリエンタルバンコク】宿泊レビュー!麗しのロビーに至福のスパ!客室も全て紹介!

当サイトは記事広告・アフィリエイトによる収益を得ております

マンダリンオリエンタル宿泊レビュー!

マンダリンオリエンタルは、1,887年にバンコク発の西洋風ホテルとして設立され、約130年以上に渡る歴史があります。

名だたる作家や、タイのシルク王で知られるジム・トンプソンもこちらのホテルを定宿にしていたと言われています。辻仁成の小説で後に映画にもなった「サヨナライツカ」の舞台になったことでも有名ですよね。

きめ細かいサービスに本当に感服しましたが、日本人スタッフの方も数名働かれていて、その点でも安心でした。

そんなマンダリンオリエンタル。次は施設についてレポートしていきたいと思います。

\このホテルの宿泊料金をチェック/

朝昼晩と装いを変える麗しのロビー

マンダリンオリエンタルといえば、この麗しいロビーですよね。

ロビーに入ってすぐに目に入るこの大きな花台は、季節ごとに装いを変えます。

これはいつぞやの装飾。今の花がたっぷり彩られた花台も素敵ですが、このときの凛とした潔さを感じる装飾も素敵でした。

朝昼晩と表情を変えるロビー。ロビーにいるだけで楽しめるホテルなんて、他にそうそうありません。

大型屋外プールにはキッズプールも完備

こんなに敷地広かったんだ?とビックリしてしまうほど、プールも素敵。緑に囲まれ、バンコク都心部にも関わらずリゾートにいるかのようにゆったりまったり過ごせます。

派手なスライダーなどはありませんが、静かに遊んだり、プールサイドでくつろぐには十分です。

こちらはキッズ用プール。水深が浅くて、小さい子でも安心して遊ばせられます。

プールサイドの天蓋付きの椅子が快適で快適で。ここで寝てしまいそうでした。

船に乗っていく至高のスパ・トリートメント

スパは宿泊棟とはチャオプラヤー川を挟んで反対側にあります。

船に乗って行くのが、なんだか別世界に行くようで、ワクワクしちゃいます。

なんだろう、もう全てが素敵。

受付で問診票を書き、ウェルカムドリンクをいただいたら、施術室へ。

部屋の中にシャワーもトイレもついています。プロモーションもあるのでいろんな人が出たり入ったりしていましたが、部屋の中はいたって静か。

さすがマンダリン!というだけあって施術の腕は確かです。じっくりしっかり揉みほぐしてもらい、あっという間に1時間が過ぎてしまいました。

食後に出されたお茶請けのお菓子が美味しかったな。懐かしのポンポン菓子みたいな味がしました。

スパのあとはこちら側の建物をちょっとお散歩。

ここは日本?と錯覚させるような素敵な竹林を抜けると、そこはフィットネスジム。

ランニングマシーンをしながら、外の竹林を見られるようになってたんですね。こんな景観の良いフィットネスジム、他にあります?笑

ムエタイルームまでありました。

ただ私、運動する気満々で泊まりに来てたんですけど、やっぱり船で渡っていくのは面倒で結局行かずじまいでした。スパだと喜んでいくのにね笑

館内でショッピングもできます

館内にはショッピングスポットもたくさん。マンダリンオリエンタルホテルに馴染みの深いジム・トンプソンや、

宝石店など。プロモーションで泊まりに来ているだけの庶民には、なかなか縁のない世界…!

マンダリンオリエンタルバンコクの客室

マンダリンオリエンタル客室

宿泊したのはデラックスルーム。決してものすごく広いという訳ではないのに、ゆったりと魅せるのがさすがマンダリン。

ベッド、ソファ、テーブル、ラグ、すべてのインテリアセンスが抜群で、部屋に入った瞬間から「好き…!」ってなった。

このラグ、色も柄も素敵すぎるな。欲しい。でも高そう。

マンダリンオリエンタル客室

このソファ裏の壁がミラーになってるのが、部屋が広く見せる秘訣ですね。

横に長いソファが少し固めなんですけど座り心地が最高でした。

マンダリンオリエンタルバンコク客室

事前にリクエストしたらキッズテントを入れてくれるよ。家から連れてきたメルちゃんの家と貸していました。

部屋の窓からはチャオプラヤー川の眺め。ちょうど川が見れるようにソファも配置視されてるんですよね。そのへんの心配りがさすがやわあ。

夜もきれいですな。

そして部屋に置いてあるコーヒーマシンで淹れたコーヒー、美味しかった!

美味しかったのはこの素敵なコーヒーカップで淹れたせいかな?

これが冷蔵庫。引き出し形式ってちょっと珍しいよね。

部屋には新品マスクとアルコールパッドの心遣い。

ベッドサイドにBOSEのスピーカーを置いてあるのもめっちゃ良かったなあ。

Bluetoothで繋いで好きな音楽を流して癒やされてました。

洗面所は嬉しいダブルシンク。大理石の天板に重厚感があります。

もちろんバスタブつき。

トイレは自動で蓋が上がるタイプ!テンションも上がるぜ!!

アメニティはホテルオリジナルのものでした。

歯ブラシやカミソリなど、木製でエコに気を使ったものになっていました。サスティナビリティもさすがです。(もはや、さすがしか言ってない)

なんだろうね。全部使い勝手よく置かれてるんですよねえ。ここで寝泊まりする人のことをとことん考え尽くした作りだと感じました。

ウェルカムドリンクとお菓子。ぞうのアイシングクッキー可愛い。

粋なお花のプレゼント。ちょうど娘のバースデーが近かったので、お花の他にケーキもプレゼントしてくださいました。ありがたやありがたや。

直筆でメッセージをくれるって嬉しいよね。たくさんゲストもいるやろうに。

ベッドメイクが1日に数回入るんですけど、夜ご飯を食べに外に出てた間にも入ってくれていて。

パッとベッドを見ると、そのへんに裸で転がってたメルちゃんがベッドの上に…!

ちゃんと服も着せてくれてるよ。ここまでやってくれるんですかい!

そして、昼間は部屋の電気が全部ついてて明るくしてたんですけど、帰ってきたときには寝る前ということもあり、薄暗いちょうど良い照明量に調節されていて。

こういうさりげない心遣い、そこまでできるホテルはなかなかないと思います。

スタッフさんがプライド持って働かれてるのが分かりますね。

あと宿泊者1組ずつにバトラーがつくのがマンダリンオリエンタルの素敵サービスのひとつ。

娘へのバースデーケーキのタイミングを相談したり、枕の固さを変えてもらったり、少しだけですが利用させてもらいました。

ホテルの部屋なんて、「寝るだけ」と思ってる部分があったんですけど、マンダリンオリエンタルの居心地の良さと洗練された雰囲気は格別でした。

マンダリンオリエンタルバンコク 宿泊まとめ

マンダリンオリエンタルバンコクの魅力を伝えたい…!って思うんですけど、どうしても書いてみると他のホテルと何が違うのって感じになってしまいます。

でも確かに違うんです。

館内が纏っている優美な空気感、最高級ホテルなのにずっと優しさに包まれているような安心感、全力でおもてなしを受けているという満足感…

一歩足を踏み入れただけで、「あ、好き」ってなるんです。

こんな場所に宿泊できたというのは、私のバンコク人生の中でも上位に来る思い出。

いつかまた泊まりにこれたらいいなあ。

\このホテルの宿泊料金をチェック/

マンダリンオリエンタルバンコク 施設概要

地図Google Mapで開く
電話+66 (0) 2 659 9000
WEB公式HPFacebookInstagram
ABOUT ME
アバター
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。 応援メッセージはこちらから!
こんな記事もおすすめ