幼稚園・保育園・習い事

【Kids’ Academy(キッズアカデミー)】日英バイリンガル部│保護者の口コミあり(バンコクの幼稚園)

記載されている保育料は2022年度最新版です

バンコクの幼稚園紹介。

エカマイソイ2にある「Kids’ Academy(キッズアカデミー)」です!

インターナショナル部と日英バイリンガル部の2つの部がありますが、今回は日本人に人気の日英バイリンガル部の紹介をしたいと思います。

記事の最後に、実際に通わせている保護者の声を掲載しています。是非参考にしてみてください。

キッズアカデミー・インターナショナルプレスクール

キッズアカデミーは、2003年にインターナショナル部、2005年日英バイリンガル部に開園された、タイで初めて日本語・英語のバイリンガル幼稚園です。

日本人教諭と英語ネイティブ教諭の2名が、午前と午後のクラスを交代で担当します。

また、英語を話すアシスタント(タイ人)が、園生活をサポート。オフィスには日本人スタッフがいます。

英語クラスと日本語クラス、それぞれに園長がいて「日本の子どもたちがどうやったら国際人として活躍できる子になるか」を考えて運営されています。

キッズアカデミー・インターナショナルプレスクールはこんな方にオススメです!

  • 子どもに本格的に英語を学ばせたい方
  • ネイティブな英語を学ばせたいけど、親自身の英語に自信がない方(日本語対応)
  • 英語だけでなく、日本文化も大切にしたい方
  • 少人数で手厚い保育を求めている方
  • 週3日コースを希望する方(最年少クラスのみ)

キッズアカデミーの場所

キッズアカデミーがあるのは、エカマイソイ2。

最寄り駅はエカマイ駅。駅からも10分弱で歩けます。

キッズアカデミーは、ソイ2のパクソイ近くと、一番奥の2つの園舎があります。

キッズアカデミーの見学予約

見学予約は、電話でもメールでも可。

オフィスには日本人の方もいるので、日本語で大丈夫です。

特に指定の曜日はありません。

見学自体は1時間で終わりましたが、その後も園庭で遊ばせてもらえました。

キッズアカデミーの保育目標

  • 自ら学ぶことの楽しさを伝える
  • 想像力を豊かにする
  • 自信をもたせる
  • 自分で考え行動できる

遊びを提供するだけでなく、教師陣が今後の小学校進学までに子どもたちの感情的、精神的、身体的な発達を促すという目的をもって保育を行っています。

キッズアカデミーの園内の様子

これは奥の園舎のプレイグラウンド。

そして裏の園庭。かなり広々しています。

なんとなく日本の公園っぽい雰囲気が素敵です。

こっちはパクソイ近くの園舎。

こっちの園庭は2018年にリニューアル工事で新しくなったそうです。遊具もたっぷりで楽しそうな雰囲気!

乗り物系も充実しています。

屋根付きの部分が多いので、雨の日でも遊べますね。

ここの制服、男女ともに可愛い!

キッズアカデミーの学級編制&保育時間

クラス保育時間備考
最年少(Pre-K)9:00〜13:001歳半〜年少 / 週3日コースあり
年少(K1)9:00〜14:00週5日コース
年中(K2) 9:00〜14:00週5日コース
年長(K3) 9:00〜14:00週5日コース
  • 1歳半から入園可
  • 最年少は週3日か週5日の選択可
  • 各クラス20名前後×2クラス

キッズアカデミーの1日のスケジュール

9:00【英語】スナックタイム
9:15【英語】サークルタイム
9:30【英語】英語コミュニケーション
10:00【英語】IQ知能遊び
11:00ランチ
11:45外遊び
12:15【日本語】テーマ活動
13:15【日本語】タイ語・タイ文化
13:40【日本語】スナックタイム&降園準備
14:00降園
  • 年少(K1)のとある1日です。
  • テーマ活動:ひらがな・数・お絵かき・製作・折り紙・日本の行事・ゲーム・音楽など。
  • 日本語・英語による授業の比率は50%ずつとなります。
  • 文部省認可を受けている幼稚園ですので、タイ語・文化教室があります。

キッズアカデミーの課外授業

  • フットボール(サッカー)
  • フィットネス&ミュージック(ダンス)
  • サイエンス
  • 中国語
  • クリエイティブ
  • バレエ
  • テコンドー
  • タイ・ボクシング
  • 水泳
  • 日本語集中クラブ
  • 中国語集中クラブ
  • 英語個人レッスン

キッズアカデミーの学期区分

  • 1学期:4月下旬〜7月下旬
  • 2学期:9月上旬〜12月中旬
  • 3学期:1月中旬〜3月中旬

キッズアカデミーの行事

保護者参加インターナショナルデー・クリスマス・運動会
卒園式・保育参観・保護者面談
園児のみ参加こどもの日・母の日・ヴィサカブチャデー・環境の日
時の記念日・父の日・七夕の日・日本夏祭り・敬老の日
ワイクルー・十五夜・写真撮影・お店屋さんごっこ
ラマ9世メモリアルセレモニー・チュラロンコンデー・遠足
ハロウィン・ロイクラトン・中国正月・ひな祭り・イースター

キッズアカデミーの保育料金

最初に必要なお金

 PreKK1〜K3
入園金45,00060,000
一時預かり金10,00010,000
合計55,00070,000
  • 入園金:日本人会会員は50%割引
  • 一時預かり金:退園日30日前までに知らせた場合には返金あり。急な退園の場合は返金なし

毎月の保育料

 PreK(週5日)PreK(週3日)
保育料36,06924,774
給食3,0692,235
設備費957957
バス代7,557〜9,9336,237〜7,953
合計40,095〜34,203〜
 K1K2K3
保育料39,20440,62341,547
給食3,0693,0693,069
設備費957957957
テキスト代825 825 825
バス代7,557〜9,9337,557〜9,9337,557〜9,933
合計51,612〜53,031〜53,955
  • 保育料:月払い・学期払い・年払いから選択可(年払いだと保育料5%割引あり)・兄弟割引あり
  • バス代:住んでいるソイによって金額が変わります。学期払いのみ選択可
  • 課外授業、写真代、遠足代、クリスマスショー等のイベントの衣装代、卒園式ガウン等は保育費に含まれません

その他(2022年度)

制服(男)690
ネクタイ(男)120
制服(女)650
Tシャツ320
帽子280
着替え入れバッグ330
図書バッグ390
課外授業5,900〜7,500(学期毎)
  • 図書バッグはK1以上から必要

キッズアカデミーに通わせている方の声

それでは、実際にキッズアカデミーに通わせている保護者たちの声を聞いてみましょう!

本当は全員分の回答をそのまま載せたかったのですが、回答多数のものなどは、省略させていただいています。

ご協力いただいた方、本当にありがとうございました!

ここに書かれている声は、あくまで個人の感想です。

鵜呑みにしすぎず、実際に園を見学して、それぞれのお子さんに合うかどうかを見極めてください。

また、良い点や不満点は、制度変更されてたりすることもあるので、見学のときに園に確認するようにしてください。

キッズアカデミーに決めた理由

2022年

  • 日英バイリンガル教育に惹かれた(回答多数)
  • 英語に触れさせたかった
  • 異文化・多様性を学んで欲しかった
  • 事務の方の感じが良く、メールの返信対応も迅速で丁寧(回答多数)
  • 勉強と運動のバランスが取れていて、外遊びもしっかりある(回答多数)
  • 子供の自主性、個性を尊重しつつ、カリキュラムが充実していて、色々な経験をさせてもらえそうだった
  • 英語や日本語の担任以外にもタイ人の補助スタッフさんも多く、きちんと子供達を見てくれそうと感じた
  • 施設が清潔で綺麗
  • 園庭が広く気持ちよかった
  • 広い芝生の園庭があり緑も多く、畑や動物もいたりして自然豊か。園庭に日除けシェードや屋根もあるので炎天下での外遊びも安心できる。遊具の種類も豊富で綺麗に消毒され整備されている

実際に通わせてみて良かった点

2022年

  • 毎日の連絡ノートに写真やコメントを載せてもらえるので、園での様子がよく分かる。それに加えて毎週末に全ての写真もアップされる(回答多数)
  • 先生が日々の出来事を写真付きで連絡たちに書いてくださり、良い思い出になる。タペストリーというアプリで毎週沢山の写真がアップされて、自分の子どもだけでなく他の子の成長の様子もわかる
  • 連絡帳がマメ(日本語、英語担当の先生に聞きたい事があれば連絡帳に書けばちゃんと答えてくれる)
  • 子どもの話からも園が楽しいこと、先生とのコミュニケーションが楽しいことが伝わってくる
  • 保育時間は短いが、毎日のスケジュールの中で必ず外遊びがあり、子供らしくおもいっきり遊んでストレスを発散できる
  • 子どもが運動のクラスをとても楽しんでる
  • 週1でプールもあり水泳も教えてくれる
  • お勉強系だと思われているが、実際はインターなので伸び伸びもしている
  • 授業参観や担任との面談も学期毎にきちんと用意されていたり、年間スケジュール内でもイギリス・タイ・日本のイベントが豊富
  • 毎週図書の時間で本を借りられる
  • 子どもが英語に苦手意識を持たなくなり、ホテルのキッズクラブでも問題なく預けられます
  • 英語で質問をすると英語で返答し、日本語で質問すると日本語で返答したり、子供が言語に対して臨機応変に対応できるようになった
  • 英語と日本語の教師2人担任かつ少人数クラスなので、子供のことをよく見てもらえる。(学期末のレポートを読んでも、子供の事をよく観察し理解されていると感心する)
  • 少人数なので先生の目が行き届く
  • 少人数なので園児同士の仲が良く、グループに分かれるのではなくクラス全員で遊んでいる姿が見られて嬉しい
  • タイ人スタッフさんも子供達をきちんと見てくれるので安心して預けられる
  • 課外活動が充実している
  • プレクラスから毎日の課外授業を受けることができる
  • 毎日給食(タイ料理、ウェスタン、日本食)なのでお弁当作りをしなくて良い
  • 子供が偏食で心配をしていたが、幼稚園に通うようになってから色々な物が食べられるようになり食生活が改善した。毎日園児が何を食べたか食べなかったかチェックをしてくれる
  • 毎月給食のメニューが送られてきたりタイ料理、日本料理、洋食と種類が豊富で美味しそう。朝のスナックタイムやランチ後のおやつも用意してくれる
  • 制服がかわいい
  • 保護者会やPTAなど親の出番があまりないため気楽(回答多数)
  • 保護者の方が皆さん気さくでお付き合いしやすい(回答多数)
  • 園庭が広い
  • サンサリーガーデンという植物を育てる広い園庭もあり、事前の期待通り勉強と運動のバランスが取れている
  • キャンパスが2つあり、年齢ごとに新しい園舎に移動するので子供達も新鮮な気持ちで新しい年次を過ごせる
  • 園舎の清掃、消毒が行き渡っている
  • コロナ禍において、休園やATKに関する基準が明確で、納得のいくものだった
  • コロナに関する連絡も小まめで対応も確実なため、コロナ禍でも安心して通わせられる
  • 入園準備も園で買うぐらいで特に無し

あえていうならの不満点

2022年

  • 預かり時間が短い(回答多数)
  • 学費、バス代などが高い(回答多数)
  • 授業料がよく値上がりする
  • 日本食が週に一回のみでお箸を使う機会が少ない
  • 英語のスピーキング力はクラスの子がほぼ日本人なのもあり、なかなか身につかない(英語力は結局家での英語教育次第で差がある)
  • 2年連続で同じ先生の予定が1年で変わった
  • 親子で英語が分からないと少し大変だったけど、先生も分かってるから何とかなる
  • 長期休暇が長い
  • 長期休暇のキャンプの種類が豊富で嬉しいが高めの設定
  • バスにナビがついていない

オンライン授業の様子

2022年

  • 1週間分の教材が前の週に送られてきて、工作、ワークを配信ビデオを見ながら行う
  • 朝の会、音楽、体操はは先生と一緒にオンライン授業で行う
  • 画面の操作や工作の手伝いなと、基本親が付きっきりでないといけないので、親の負担はかなり大きい
  • ZOOMもありましたが、多過ぎずちょうど良かった
  • 内容も子供に無理のない感じでよかった
  • リアルタイムと動画授業のバランスが程よい
  • カリキュラムが充実していた分、園児にとってボリュームが多すぎる&親の負担が大きいと感じることもあった
  • 年少だったので、なかなか画面の前に座ってる事すら難しかった
  • どこの園も同じですが、オンライン授業に対して授業料が見合わない

以上、キッズアカデミーについて紹介させていただきました。その後入園された方、もしよければアンケートへのご協力よろしくお願いします!

キッズアカデミー施設詳細

住所52/1-2, Sukhumvit 63 Ekamai Soi 2 Phra Khanong-Nua Wattana District Bangkok 10110 タイ
地図Googleマップで開く
電話02-714-3636
メールinfo@kidsacademy.ac.th
HPhttps://www.kidsacademy.ac.th/

 

ABOUT ME
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 5歳児ママ。かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。

BANGKOK GIRLS NOTEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

こんな記事もおすすめ