生活情報

【バンコク交通】モーターサイ(バイクタクシー)の乗り方!GrabBikeも便利だよ!!

これからバンコクでの新生活を迎える方、旅行者の方向けに、バンコクの交通事情を詳しく説明しちゃおうシリーズ!!

今回はモーターサイ(バイクタクシー)について説明していきます〜!!!

在住日本人の間では、モーサイやバイタクという略称で広まっています。

年々ひどくなるバンコクの渋滞事情。そんな中、ローカルの中では必須の乗り物なのです。

駐在妻の方は、会社から禁止されていることもありますし、事故があったという話もよく聞きますので、乗るか乗らないかは自己責任でお願いします。

 

バイクタクシー乗り方

それでは、基本のキ!なバイタクの乗り方を説明していきます〜!!

まずはバイタク乗り場で行き先を告げます。

バイタク乗り場は、ソイの入口や、大きな公共施設の前などに多いです。オレンジ色のベストを着た人を要チェック!

それぞれ登録した場所のテリトリーがあり、基本的には自分の登録したエリア外でお客さんを拾うのはタブー。

道の途中で手を挙げて捕まえることもできますが、乗車拒否も多いです。

こちら基本の乗り方。スーパーの帰りで荷物が多いときは前にかけてくれたりします。

タイ人女性でよく見る横乗り。これでスマホいじってたりするから、体幹凄すぎ。

目的地に到着したら、「トーライ?」と料金を聞いて支払いをします。

目的地の場所をバイタクお兄さんが知らない場合は、ソイの名前だけ告げて、自分で道案内します。

 

広告

バイクタクシーのポイント

バイタクの料金ですが、個人の感覚値で伝えてくることも多いです。また、観光地と住宅地でも料金相場が違います。

  • Soi39入口→サミティベート病院:20Bくらい
  • トンロー入口→Jアベニュー:15Bくらい
  • soi23入口→木タラ(シーナカリン大学):10Bくらい

タクシー同様、高額紙幣のお釣りはないことが多いです。20バーツ札や10バーツコインのの用意を忘れずに。

バイタクの運転は、安全運転から、荒々しい運転まで様々です。利用には地元タイ人も、注意を払っているそう。

私は、雨の日と大きな通り(スクンビット通り等)では乗らないようにしています。主にナイソイ(ソイの中)の利用に留めています。

スピードが出て怖いときには、「パイ チャーチャー ノイカ(カップ)(ゆっくり行ってください)」と遠慮せず言いましょう。

最近、バイタク運転手の配慮のない運転のせいで、乗客だけが大怪我をし、運転手は無事という事故の話を聞きました。

相手は自賠責保険に加入しておらず警察にも出頭せず、警察から運転手への取締まりもなし。被害者の方だけが泣き寝入りという信じられない事態。

そんなこともあるので、バイタクに乗るのは必要最低限の方がいいかもしれませんね。

 

オススメはバイタクよりGrabBike!!

最近、私は流しのバイタクに乗るよりもGrabでバイクを配車してもらっています。

Grabなら目的地を入力するだけで金額も出てきますし、しかもその金額が流しよりも安いことがしばしば。

目的地を言葉で説明する必要もありません。

GrabTaxiは車が捕まらないことも多いですが、バイクなら割と短時間で見つかります。

Grabのバイクは、オレンジベストのお兄さんではありません。個人のドライバーの方が来ます。

きちんとヘルメットを用意してくれることがほとんどなので、安心できます。

使い方については、以下の記事を参照してください。

タイ・バンコクでの移動はタクシー配車アプリ【Grab(グラブ)】が超便利!使い方や事前予約方法を解説するよ!東南アジアで使えるタクシー配車アプリGrabを簡単・便利に使えるように解説しています!...

 

まとめ

以上、モーターサイ(バイクタクシー)の乗り方について、まとめてみました!

危険は多少伴いますが、渋滞の多いバンコクでは使いこなせると、いざというときに便利です。

注意しながら利用してみてください。

 

ABOUT ME
ぷくこ
ぷくこ
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!