2024年1月現在:1バーツ=約4円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

ウドンタニ

ウドーンターニー郊外の観光スポットおすすめ3選!最強パワースポットに天空の寺

当サイトは記事広告・アフィリエイトによる収益を得ております

Sunnyside

こんにちは!Sunnysideです。

タイ旅とバンコク街歩きが大好きで、夫と2人の子どもたちとタイ国内を色々と巡り、77県中76県を訪れました。

バンコクから北東へ約560キロメートルのところにある、北イサーンの都市ウドーンターニー。

ウドーンターニーの乾季だけにみられる蓮池(タレーブアデーン)の美しい夜明けは、年末年始のお出かけ先として人気がありますよね。

そんなウドーンターニー県ですが、みどころが郊外各地に散らばっていて、「タレーブアデーンの他にどこいこうかな?」というのが悩みどころの場所でもあります。

この記事では、ウドーンターニー郊外の見どころについて、詳しく紹介していきます!

ちなみに、それぞれのスポットの位置関係はこんな感じ。

Sunnyside

どれもウドーンターニー市内からは見事に離れてます。好みにあわせてお出かけ先を決めてみてね

ウドーンターニーの行き方

バンコクからウドーンターニーへの移動は、主に下の3つの方法があります。

飛行機で行く

ウドーンターニーまでは、スワンナプーム空港、ドンムアン空港それぞれで毎日複数便出ています(所要時間約1時間10分)。

スワンナプーム空港から出ている便

  • ベドジェットエア
  • タイ航空

ドンムアン空港から出ている便

  • エアアジア
  • ノックエア
  • ライオンエア

航空券を探すならエアトリを試すべし/
キャリア航空会社から
LCCまで全て網羅!
セールや割引いろいろやってる!

航空券/飛行機チケットの予約なら エアトリ

航空券/飛行機チケットの予約なら エアトリ

AirTrip Corp.無料posted withアプリーチ

ウドーンターニー空港にはリムジンサービスがあるので、市内や郊外への移動が可能です。

長距離バスで行く

長距離バスで、バンコク北バスターミナルから行く(所要時間約10時間)。

ウドーンターニーは北イサーンの中では大きな都市なので、バスターミナルも複数あります。

市内中心地にあるセントラルプラザ・ウドーンターニーはどのバスターミナルからもアクセスが良く、タクシーが常駐しています。

ここを移動の拠点にするのもオススメです。

電車で行く

特急列車でクルンテープ・アピワット中央駅(バンスー中央駅)から行く(所要時間約10時間半)。

タレーブアデーンを見る際は、ウドーンターニーに早朝に着けばいいので、寝台列車もおすすめ!

ウドーンターニーの駅舎は新しく、地方に来たという感じがしなかったです。

私たちが訪れたときは夜だったので、タクシーは見かけませんでしたが、トゥクトゥクがたくさん停まっていました。

ウドーンターニー郊外の観光スポット

ウドーンターニー郊外のオススメ観光スポットは以下の通り。

タイ人もウドーンターニーに行くと必ずいく人気スポットばかりです。

移動時間がかかるので、ウドーンターニー市内から、タクシーのチャーター等で訪れるのがいいでしょう。Grabも使えますよ!

【カムチャノート・ワンナーキン】イサーン最強のパワースポット

カムチャノート・ワンナーキンは、ウドーンターニー市内から車で北東に1時間50分程、サコンナコーン県との県境の場所にあります。

この場所は、イサーンのタイのナーガ伝説における聖地とされており、パワースポットとしてタイ人の間でも大人気の場所です。

訪れた人数の指標ともなるGoogleMapのクチコミ件数は、なんと1万2千件!!

Sunnyside

こんなタイの奥地に、これほどたくさんの人が訪れるスポットがあるなんて驚き!

カムチャノート・ワンナーキンは、池の浮き島の森の中にあります。

イサーンの山奥に浮き島??と、いまいちイメージがわきませんよね。

航空写真で見ると、大きな池の中にできた島のようになっているのがわかります。

浮き島という文字通り、この区域は木の根が地面についていません。

周辺が洪水にあっても決して沈まないことから、現地ではこの地を「聖地」として敬うようになったのだとか。

入場料は無料ですが、入り口でパスポートの提示がありました。

橋のたもとでは、宝くじや記念写真などを撮影してくれる売り子さんがいました。

岸からは、100mあまりの橋を渡って聖地へ入ります。

この橋の手前で靴を脱ぐ必要があります。敷地内はかなり広いので、裸足でたくさん歩くのが苦手な方は、靴下を持参しましょう。

橋を渡っているうちに、なんだか空気が変わった感じがして「お!不思議空間にはいったぞ!」という感覚をビシビシと感じます。

そう感じさせる一つの理由が、浮き島の中に生えている草木。

これが外のものとは全く異なっているのです。

この地の名前の由来にもなった、チャノートというヤシの木の一種が島内にはたくさん生えているのですが、このチャノートがこれほど群生している場所は、タイの中でもここだけなのだとか。

Sunnyside

浮き島という特殊な環境が生んだ生態系なのか、とにかく景色が全く変わってすごく面白い!

この橋のナーガの体を、祈りながら手でさすって渡る人が多かったです。

橋を渡って右手に少し進むと、ナーガを祀った祠があります。

ここで祀られているのは、この地を治めているというナーガの王とその奥様。ナーガは人間に変化することができるのだそう。

神様が夫婦で祀られるというのも、タイでは珍しいですよね。

祠の周囲には、捧げられたナーガの置物がたくさん!

祠には、祈りをささげる参拝客が後を絶ちませんでした。左の奥にご神体があるのですが、写真を撮るのをはばかられるくらい神秘性がありました。

Sunnyside

この島に入ってから背筋がビリビリしっぱなし。日本で例えるなら、屋久島の中に出雲大社がある感じ?

浮き島の中は、このような遊歩道が設けられていて、周囲をぐるっと回ることができます。

こちらがご神木となるイチジクの木。

この木に粉を擦り付けて、浮かび上がった数字を読み取ると、宝くじがすごく当たるのだとか。

タイの精霊信仰は各地にありますが、仏教とはまた異なる聖地の神秘性を感じます。

水位をはかる石が置かれていました。私たちが訪れたときは乾季だったため、ほとんど水がなく、あまり「島」という感じはありませんでした。

チャノートの木とシダの群生。景観が本当に周囲と違っていて、この地が聖なる場所と呼ばれるようになったのもよくわかります。

島の北側には、ナーガの体に囲まれた井戸がありました。

この井戸の水はメコン川に続いており、川の底にあるナーガの住む町につながっているのだそう。

ゆっくり歩いて1時間程で、浮き島を1周して戻ってきました。

名称カムチャノート ワンナーキン
地図GoogleMAPで開く
営業時間8:30〜16:30

【プー・プラ・バード歴史公園】先史時代の岩絵

プー・プラ・バード歴史公園は、ウドーンターニー市内から西に車で1時間10分程の場所にあります。

歴史公園内は広く、ひととおり歩いて見て回ると2~3時間はかかります。

私たちが訪れたときはあまり時間が取れなかったので、ハイライトである奇岩が見られるところを中心に歩きました。

駐車場で車を停めてから、林の中を歩いていきます。

林を抜けると、開けた場所に奇妙な形をした岩が顔を出しました。

プーは「山」、プラバートは「聖なる足跡」を意味しているそうで、9世紀から11世紀にかけて、仏教の祭事場としても使われていました。

岩でできているお寺だったのでしょうか、結界石のような岩が円形状に並んでいました。

細い石なのにしっかりと立っていて、ストーンヘッジの様な風格です(ストーンヘッジ見たことないけど)。

「どうしてこうなった?」と思ってしまうような、浸食作用によってできた奇妙な岩がごろごろとあります。

最も有名なのは「ウサの塔」と呼ばれるキノコ型の岩

この岩の形だけでも十分不思議なのですが、この細い部分をさらに削って石室にしたと思われる場所があって、崩れないのかドキドキしてしまいました。

奇岩の周辺を散策していると、突然摩崖仏が現れました。あまり見たことのない仏像の形をしていて、かなり昔のものであることがうかがえます。

こちらにも、非常に不安定な気持ちになる場所に置かれた石仏がありました。先ほどのものよりは後の時代のようですね。

子供たちは、奇妙な形の岩たちをもぐったり、間をすり抜けたりするのが楽しかったようです。

プー・プラ・バード歴史公園には、先史時代の人たちが描いた岩絵もあるのですが、予備知識なしで訪れた私たちは、その絵をすっ飛ばしてしまいました。

赤い塗料で描かれた人たちや、牛など動物の壁画もあるようです。

名称プー・プラ・バード歴史公園
地図GoogleMAPで開く
営業時間8:30〜16:30
公式サイトFecebook

【ワット・パープーコーン】エメラルドグリーンに輝く天空のお寺

ワット・パープーゴーンは、ウドーンターニー市内から車で約2時間半の場所にあるお寺。

ルーイ県とノーンカーイ県、ウドーンターニー県の県境ともいえる山中にあり、山奥の山頂にあることから、イサーンの「天空のお寺」とも呼ばれています。

ワット・パープーコーンに行くには、麓の駐車場でソンテウに乗り換える必要があります。

ソンテウに乗って10分程ほど坂道を登っていくと、お寺へ到着。

階段の左右にあるシンハー。どことなく西洋風というか、洗練されています。

階段を登ると、広大な敷地内に規格外の大きさのお寺がどどーんと目に入ってきます。

Sunnyside

デカいと聞いていたけど、実際に見てみると想像の3倍くらい縦にも横にも大きい!

ワット・パープーコーンは、2013年に完成した比較的新しいお寺なのですが、総工費は約19億円ともいわれています。

すべて寄付によってまかなわれたそうで、タイのスケールの大きさを改めて感じさせます。

大きな建物の入り口からは、中の涅槃像を正面にとらえることができます。

本堂には、イタリアから取り寄せた白い大理石でつくられた、長さ約20mの美しい涅槃像があります。

豪華なのですが、タイにありがちなギラギラした絢爛さではなく、上品な感じがします。

台座部分には、お釈迦様の生涯を描いた壁画がありました。

新しいからでしょうか、お寺というよりは美術館のような美しさを感じさせました。

本堂の扉部分も、はっとさせる美しいレリーフで彩られていました。

このお寺の面白いところは、山奥のででーんとだだっ広い敷地内に、どどーんと大きなお寺を建ててしまったところ。

周囲には、清々しいくらい何もありません。

最初は「天空のお寺は言いすぎじゃないかな?」と思っていたのですが、この孤高感は確かに天空の城を感じさせるものがあります。

本堂の右側には、建造に使ったであろう石が球体になって並べられてました。

Sunnyside

8個あるから、これはもしや太陽系の惑星…?やはり天空のお寺なの??

本堂の横には、建造時の材料で作られたお守りなどが売られていました。

名称ワット・パープーコーン
地図GoogleMAPで開く
営業時間8:30〜17:00

ウドーンターニー郊外観光スポット まとめ

以上、ウドーンターニー郊外のおすすめスポット3か所を紹介しました。

どの場所も、ここならではの魅力にあふれていますので、お出かけの候補先にしてみてくださいね。

https://www.booking.com/affiliate/prelanding_sdk

 

(function () {
var BookingAffiliateWidget = new Booking.AffiliateWidget({
“iframeSettings”: {
“selector”: “bookingAffiliateWidget_4a484dc0-ca88-4755-8907-adb1be807211”,
“responsive”: true
},
“widgetSettings”: {}
});
})();

ABOUT ME
Sunnyside
Sunnyside
タイ在住。バンコクの街歩きと、市場でくつろぐ猫が大好き。ガイドブックに収まりきらないタイ国内旅行の魅力を発信中!よりディープなお出かけはInstagramから

こんな記事もおすすめ