2024年5月現在:1バーツ=約4.2円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

ジャルンクルンの食堂・レストラン

【Por Krua Thuen(ポークルアトゥアン)】ジャルンクルンの路地奥で沁み渡るスープを堪能!

Miwako

こんにちは!Miwakoです。タイの風景やタイ料理が大好きで、街歩きを日々楽しんでいます。

すごくローカルで美味しいスープ屋さんがあるよ!と友人に教えてもらって以来、何度も足を運んでいるお店があります。

SNS でも、本帰国や一時帰国前に「スープ納め」をされている方の投稿を見かけるほど、在タイ日本人のリピート率の高い人気のローカル店です!

創業したのは1969年とのこと。もう50年以上も前です。

身体に沁み渡るような優しい味付けのもの、トマトやニンニクを使った洋風な味付けのものなど、タイ料理・中華料理の概念を超えたスープもあります。

「タイ料理は苦手だけどローカルなお店は気になる」なんて方にも是非挑戦していただきたいお店です。

それでは、世代を超えて受け継がれ、愛され続けるスープ屋さん【Por Krua Thuen/ ポークルアトゥアン】についてご紹介していきます。

ポークルアトゥアン 場所と行き方

お店はアジアティーク・ザ・リバーフロントの向かい、ジャルンクルン通りのソイ91の路地奥にあります。

ジャルンクルン通りはチャオプラヤー川と並ぶように設計された、バンコクでも歴史のある主要道路です。

老舗の名店も多く存在し、バンコクのグルメ通りといえば!?という質問の回答に名が上がる通りのひとつでもあると思います。

そんなジャルンクルン通りで長年愛されるスープ屋さん。

お店はこの路地の一番奥にあります。ワクワクしませんか?

行き方は、BTSサパーンタクシン駅で下車し、タクシーやトゥクトゥクでジャルンクルン通りを5分ほど真っ直ぐ進むだけ。

路地に車は入れないので、ジャルンクルン通り沿いで下車し、歩いて入ってください。

ここでいいの?と思いながら路地に入り込む探検心で、きっと不安とワクワクが混在すると思います!お楽しみに!

その他、ジャルンクルン通り沿いを走る《1番》《15番》《75番》のバスでもすぐ近くまで行くことが可能です。

バスの場合、「Opposite Wat Ratcha Singkhorn」もしくは「Opposite Asiatique」で下車してください。どちらからも徒歩2〜3分程度でお店に到着します。

ポークルアトゥアン お店の様子

路地の奥までズンズンと進みます。

一番奥にあるこのお店が本日の目的地、【 ポー クルア トゥアン】です。

店先にはたくさんの蒸し器があり、様々なスープたちがセットされています。

キッチンの様子。

室内はエアコンはなく、扇風機のみです。

室内と言っても扉はありませんが、たとえ雨の日でも屋根と壁があるので心配は要りません。

路地にも席があります。

テント屋根やパラソルによって直射日光は回避できますが、地面がガタガタなので、テーブルや椅子はやや不安定です。

ポークルアトゥアン メニュー

これまで何度も「スープ屋さん」と述べていますが、スープ以外のメニューも豊富です。

(左奥)ポークリブと栗のスープ 

甘めのスープです。クコの実や棗も入っています。

(中央)牛肉のスープ

牛肉は柔らかく、ニンニクがたっぷりで、辛酸っぱく食べ応えがあります。

(手前)鴨肉とライムと冬瓜のスープ

鴨出汁の旨味とライムの酸味の相性がたまらなく身体中に沁み渡ります。

平皿に盛られているのは、黄ニラと豆腐の炒め物。

他店ではあまり見かけない、絶品メニューと評判です。

(奥)ポークリブと大根のスープ
(手前)鴨肉とライムと冬瓜のスープ

見た目はそっくりですが、ポークリブと大根のスープはおでんのようで、ほっこりする美味しさ。

スープやおかずはどれも本当に美味しいのですが、ひとつだけ惜しいことが。

それは、お米が毎回パサパサなこと。

炊飯器で保温しすぎたような状態なのですが、スープをかけて食べれば美味しくいただけます。(それを計算されているのだろうか…)

お願いしたら取り分け用のボウルも出してくれます。この写真を提示してみてください!

そうそう、他にも、このお店では栄養価の高いガイダム(黒い鶏)のスープもいただけます。珍しいですよね。

ローカルな雰囲気と珍しい食材を楽しむ、ほっこり癒されに行く、どんな気分の日にも満足できるお店ではないでしょうか!

近くのおすすめスポット

バンコクの人気観光スポットである【アジアティーク・ザ・リバーフロント】まで徒歩3分。

ステンドグラスが素敵なアンティークカフェ【Ron Ron Slow Bar(ロンロンスロウバー)】まで徒歩5分。

トルココーヒーの抽出方法を取り入れたコーヒーや、珍しいコーヒーティーがいただける【Shaloba  Boutique Coffee】まで徒歩7分。

こちら5つ星ホテルThe Salil Hotel Riversideの中にあります。

食後にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ポークルアトゥアン(Por Krua Thuen)店舗概要

住所2351 26 Charoen Krung 91 Alley,
Lane 7-1, Wat Phraya Krai,
Bang Kho Laem, Bangkok 10120 タイ
地図Googleマップで開く
営業時間9:00〜15:00
定休日土曜日
電話番号02-289-5105
WebサイトHP・Facebook・Instagram
ABOUT ME
Miwako
Miwako
タイ在住。ローカルと都会のギャップ、新しさと古さが混在するタイが好き!日々街歩きとタイ料理、タイ産のコーヒーやお茶を楽しんでいます。

こんな記事もおすすめ