バンコク観光

【Capella Bangkok(カペラ バンコク)】ミシュラン二ツ星パティシエによる 至極のアフタヌーンティー

\この記事はCapella Bangkok Hotelの記事広告です/

2020年10月1日、チャオプラヤ川沿いに新たにオープンした「Capella Bangkok Hotel(カペラ バンコク)」。

シンガポールから来た五ツ星ホテルで、上海やシドニー、モルディブなど世界中に系れるホテルが存在します。2025年には北海道のニセコにも進出予定なんだとか。

そんなCapellaでは10月24日からアフタヌーンティーメニューが誕生しました!

その記念すべきオープン日に招待していただいたので、しっかりとCapellaのアフタヌーンティーの魅了、そしてホテル全体の素晴らしさを紹介したいと思います。

Capellaのアフタヌーンティーは、数々の名だたる賞を受賞したシェフパティシエ、シルヴァン・コンスタン氏が手がけたものなので、相当期待が膨らみます!

そしてその期待を堂々と超えてくる、素晴らしいアフタヌーンティーでした!

 

Capella Bangkok(カペラ バンコク)行き方

カペラバンコクがあるのは、チャオプラヤー川のリバーサイド。アイコンサイアムなどのあるサパーンタクシン駅北側とは反対側の南側。

ちょうど先日再オープンしたばかりのアジアティーク側ですね。

BTSサパーンタクシン駅からシャトルボートが出ています。行きも帰りも予約制です。

宿泊や食事の予約時に一緒に問い合わせしておいた方がベターです。

最寄りのサパーンタクシン駅から徒歩だと15分ほどかかります。車で行くのがオススメ。

capellabangkok

フォーシーズンズホテルと同じ敷地内なので最初ビックリしましたが、中でエントランスが分かれていました。(ちなみにシャトルボートの船着き場も同じです)

capellabangkok

Capella Bangkok(カペラ バンコク)アフタヌーンティー概要

それでは、カペラのアフタヌーンティーの概要について紹介していきます。

値段

カペラには2種類のアフタヌーンティーがあります。

  1. Capella Signature High Tea:1,500バーツ++/人(約5,970円)
  2. Capella Signature High Tea & Champagne:2,500バーツ++/人(約9,950円)

正直、少し高いな…という印象でしたが、実際に食べてみてその考えが覆りました!

時間

14:00〜18:00

週末も含め毎日提供されています。

予約

予約はメールか電話から。

  • 電話:02-098-3888
  • メール:tealounge.bangkok@capellahotels.com

英語かタイ語での問い合わせとなります。

会場

capella

アフタヌーンティーの会場は、1階のTea Loungeです。車で行く場合、エントランスを入ってすぐの場所。予約の名前を言うとすぐに席へ通してくれました。

capella

私と娘の2人だけの予約にも関わらず、こんな大きなソファ席に通していただき恐縮です。

子連れ・赤ちゃん連れもウェルカムとおっしゃっていただき、Capellaの懐の深さを感じます。

奥に見えるのは睡蓮の咲く池とガーデン。土曜の昼下がりには、アーティストによる演奏も。

capellabangkok

静かなティーラウンジに軽やかなメロディが響き渡り、優雅な気持ちになれました。

ティーラウンジで受け入れられるゲストは最大20組ですので、要予約です。

 

Capella Bangkok(カペラ バンコク)アフタヌーンティー内容

冒頭にも述べましたが、カペラのアフタヌーンティーを手がけるのは、数々の賞の受賞歴を持つシルヴァン・コンスタン氏。

彼は、以前フランスの「Dior des Lices」や、東京のミシュラン二ツ星レストラン「ベージュ アラン・デュカス 東京」でパティシエを手がけていた方です。

アラン・デュカスは私でも知っているフレンチの名店中の名店。タイにもアイコンサイアム内に系列店・Blue by Alain Ducasseがありますよね。

capellabangkok

まずはお茶から。トロリーで運ばれてきたのは、たくさんの茶葉とハーブ。

capellabangkok

茶葉は、タイ北部や中国南部の厳選されたオーガニックのもので、ブラック、ホワイト、グリーン、烏龍茶の品種を選択します。

そしてそこに加えるのは、タイの新鮮なハーブや柑橘類。

カペラではアジアのお茶文化に注目し、アジアのお茶文化と、フランスの最高のパティスリーの融合を目指しているんです。

capellabangkok

茶葉を選択したら、その場で砂時計をセットしてくれ、お茶が入るのを待ちます。お茶が出てくるまでの時間を楽しむことができる演出、素敵です。

capellabangkok

ハーブを入れればいいのに、つい安全パイなレモンを選択してしまった自分の保守性よ。

capellabangkok

シャンパン付きのコースでは、ヨーロッパ最大のワイン生産者のひとつであるフランスのヴランケン・ポメリー社がカペラのために作ったオリジナルのシャンパンをいただくことができます。

capellabangkok

用意されていた2本の中から、ロゼをチョイス。

capellabangkok

これを最高と言わずしてなんと言いましょうか。

capellabangkok

お茶とお酒を楽しんでいると、アフタヌーンティー最初のセイボリーが運ばれてきました。

セイボリーは3種類。見た目からしてなんて美しい!

capellabangkok

ウニと白トリュフのロワイヤル。中には蟹の身も入っています。飾られている花はエディブルフラワーになっており、卵の殻以外はすべて食べられます。

capellabangkok

こちらは鰻とそばのフィンガーサンド。なんと使われているのは柚子ソース。

capellabangkok

三品目はフォアグラパール。貝をイメージしたお皿で、パール感を増しています。

capellabangkok

中はフォアグラとピスタチオ、そして梅干しソース!

このラインナップを見ても分かりますが、どの料理にも全て和のエッセンスが入っているんですね。これはやはり、東京で腕を奮っていたシルヴァン氏ならではですよね。

そして、どれも本当に美味しい。アフタヌーンティーを食べに来たはずなのに、高級フレンチでアミューズを食べているような感覚になります。

capellabangkok

セイボリーを堪能した後は、手作りのスコーン。

スコーンはプレーンと、オレンジピールの2種類が用意されています。どちらかというと、しっとり系で、そのまま食べても美味しい。

capellabangkok

添えられたのは、手前からポメロ&スパイスジャム、レモンジンジャーマーマレード、クロテッドクリーム。

どれも美味しかったけど、私はレモンジンジャーのマーマレードがとても好みでした。このジャム、持って帰りたいくらい!

capellabangkok

スコーンを楽しんでいると、デザートトロリーが運ばれてきました!しかも運んでいるのはシルヴァン氏!

capellabangkok

シルヴァン氏自ら、7種類のデザートを紹介してくれます。

  1. チョコレート&アールグレイケーキ
  2. ハニー、ピンクグアバ&ベルガモットのルリジューズ
  3. グレープフルーツチーズケーキ
  4. シトラスモンブラン
  5. エキゾチックフルーツ&ライムマカロン
  6. レモン&ヘーゼルナッツのパリ・ブレスト
  7. レモンミントババ

本当どれも美味しそうすぎて、選ぶのが大変でした!

ミニサイズにして7つ全部食べさせるんじゃなくて、通常ポーションで3つ選ばせるっていうのが、再訪したくなる演出で憎いですね〜!!

capellabangkok

はう〜!もったいなくて食べれない…!いや、食べるけど。

capellabangkok

まず選んだのは、シトラスモンブラン。「日本人はモンブランが好きだよね」ってシルヴァン氏にも笑われちゃいました。

モンブランクリームも、シトラスの酸味が加わるからかすごく軽くてさっぱり。上のメレンゲが反対向きに置かれているも、きっと何か意味があるんだろうな。

capellabangkok

チョコレート&アールグレイケーキ。もう絶対美味しいやつじゃないですか。口の中でチョコレートがとろけるー!!これとシャンパンが合うこと合うこと!

capellabangkok

私、柑橘系のさっぱりしたデザートが大好きなので、今回も一番好きだったのはこのピンクグアバ&ベルガモットのルリジューズ。

ピンクグアバでフランスの伝統菓子でるルリジューズを作るとこうなるんだなあと。グアバって酸味と少し苦味があるんですけど、それが大人の味って雰囲気で好き。

capellabangkok

本来なら3つだけのはずなんですが、横に娘がいるのを見て、もうひとつ取っていいよとオマケでいただいたのが、グレープフルーツチーズケーキ。

チーズケーキとは思えぬコロンとしたフォルムが可愛らしいです。

capellabangkok

更に、「お嬢さんは苺は好き?」と聞かれ、「一番好きなフルーツです」と答えたら、キッチンから持ってきてくださったのが、こちらの苺のタルト。

capellabangkok

このタルトね、私が今まで食べてきたタルトの中で一、二を争う美味しさ!!ピスタチオの食感が最高で、これもっと食べたい…!

capellabangkok

こんな美しいケーキを、シェフ自らカットし、サーブしてくれて、娘はなんて幸せものなんだ!!

capellabangkok

美味しいケーキを堪能しつつ、シャンパンと紅茶を交互に飲む。なんて贅沢な昼下がりなんでしょうか。

私の中で、これは確実にバンコクNo1アフタヌーンティーです。

私、アフタヌーンティーに来てもスイーツばかり食べてると、舌も胃もしんどくなってきて大抵残すんですけど、カペラのスイーツは全部美味しく食べられました。

そしてセイボリーは、どのアフタヌーンティーよりも素晴らしく美味しかった!!

今回はシトラスがテーマでしたが、季節ごとに変わるそう。違うテーマでもまたいただいてみたいです。

 

Capella Bangkok(カペラ バンコク)てくてくガーデン散歩

capellabangkok

アフタヌーンティーのあとは、娘とホテル内をお散歩。

カペラは10月1日にオープンしたばかりのホテルなので、もちろんどこを歩いても綺麗で美しい。

capellabangkok

チャオプラヤー川をのぞむ広々としたガーデン。ここは、船着き場にも繋がっています。

capellabangkok

ガーデンの脇には、いくつかのテーブル席。人通りのあるガーデンではあるものの、植栽でうまく隠れていて、他人の目線が気になりません。

capellabangkok

ここはチャオプラヤー川が見える場所にあるレストラン。きっとここで朝食をいただくのかな。

capellabangkok

雄大なチャオプラヤー川。決して水は綺麗ではないのに、ここに来ると気持ちが洗われる。バンコク住民のパワースポットですね。

capellabangkok

ヴィラへ続く廊下。

capellabangkok

こちらはプール。奥に見えるのはチャオプラヤー川です。

capellabangkok

手前部分が浅くなっているので、小さい子どもが安全に水遊びできるので、こういうのがあるのとないのとでは全然違いますね。

capellabangkok

フロントロビーもソファ席中心。洗練されたインテリアの中、窓の外に見える緑が気持ちいいです。

capellabangkok

ロビーを通りかかると、ブアローイを作っていました。

capellabangkok

たまたま通りかかっただけの私達に、「一緒にやってみる?」と声をかけてくださいました。なんて優しい!

カペラの客室は、7つのヴィラ、スイートルームを含む全101室。全室からチャオプラヤー川を臨むことができるんだそう。

宿泊料金は1泊18,500バーツ〜。

ただ、タイ在住者であれば、ホテル内スパやレストランで使用できる8,800バーツ〜132,800バーツのクレジットがつくそうです。もちろんこのクレジットでアフタヌーンティーを楽しむのもオススメ。

詳しくは、カペラのHPからご覧ください。私も宿泊してみたい!

 

Capella Bangkok(カペラ バンコク)施設詳細

住所300/2 Charoen Krung Rd, Yannawa, Sathon, Bangkok 10120
地図GoogleMAPで開く
電話02-098-3888
WEBHPFacebookInstagram
メールinfo.bangkok@capellahotels.com
キッズ情報ソファ席あり

※2020年10月25日現在:1バーツ=約3.4円

ABOUT ME
ぷくこ
ぷくこ
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻5年生。3歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!