生活情報

【バンコク交通・電車編】MRT(地下鉄)について徹底解説!!

これからバンコクでの新生活を迎える方、旅行者の方向けに、バンコクの交通事情を詳しく説明しちゃおうシリーズ!!

第2弾は、バンコクの地下鉄・MRTについて説明しちゃいます〜!!

案外スクンビットに住んでいると、MRT乗ったことない〜って方もいるのでは?

MRTを使うと王宮方面や大使館、夜景が綺麗なラチャダーのナイトマーケットに行くのが便利に行けますよ〜!

今回も一部画像は、バンコクの子育てフリーペーパー・ニコラボさんの提供でお送りしていきます。

 

MRTの沿線

タイ路線図WISEファミリーより引用

MRTは、2004年に開通しました。沿線は2つに分かれています。

  1. ブルーライン:フアランポーン駅からバンスー駅を結ぶバンコク唯一の地下鉄。
  2. パープルライン:バンコク北部のタオプーン駅からクロンバンパイ駅を結ぶ高架鉄道。

バンコク在住の方なら、ほぼパープルラインを使うことはないと思います。

ブルーラインは、シーロム駅・スクンビット駅・チャトチャック公園駅でBTSの駅とも連絡しているので使う機会も多いはず。

 

広告

MRTのチケットの種類

MRTの乗車チケットは大きく分けて「トークン」「ワンデーパス」「プリペイドカード」の3種類があります。

トークン

毎回利用するたびに券売機で購入するコイン型の切符。

コイン型ですが、改札を入るときにはタッチして使います。目的駅で改札を出るときに回収されます。

 

ワンデーパス

購入した日のみ使える乗り放題券。1日券:120B(約400円)、3日券:230B(約780円)、30日券:1400B(約4,760円)です。

 

プリペイドカード

ICチップ内臓のカード式チケット。事前にお金をチャージをして使います。

初期購入金額は180B(チャージ代100B、デポジット50B、発行手数料30B)となっています。各駅の窓口でチャージしながら使います。

通常カードの他、学生カード・シニアカード・子供カードがあります。

 

トークンの購入方法

駅構内の自動券売機で購入します。

券売機は全てデジタルパネル画面になっています。初期設定がタイ語表記になっているので右上の「English」ボタンで英語表記に変えると見やすくなります。

路線図が表示されているので、目的地の駅をタッチすると金額が表示されます。

料金を投入口に入れると、トークンと呼ばれる黒い丸いチップが出てきます。

MRTの券売機は100THB札までは使用可能。大きなお札しか手元にない場合は、駅構内の窓口で両替しましょう。

 

MRTに乗るときのポイント

子供料金あります!

BTSには子供料金はありませんが、MRTにはあります。

身長91cm〜120cmの子供は子供料金が適用。乗車料金がおおよそ半額になります。

 

全駅エレベーター設置!

もうこれ!めちゃくちゃありがたいです。BTSも見習ってほしい〜!!

エレベーターを案内してくれる駅員さんも、BTSより親切な印象です。

たまに故障しているときもあるので注意。(注意しようがないけど)

 

改札脇のゲートを利用しよう

大きな荷物やベビーカーのときには、改札脇のゲートを開けてもらいましょう。

改札とゲートが離れている場合には、駅員さんにトークンかカードを渡せば、タッチしに行ってくれます。

 

まとめ

以上、MRTの乗り方について解説してみました!

個人的には駅員さんが親切な方が多い気がします。ベビーカーでもエレベーターが見つかりやすいのも乗りやすくて好きです。

MRTはあんまり乗りなれていないよ〜っていう方も、これを見て是非乗ってみてくださいヾ(´∀`)ノ

【バンコク交通・電車編】BTS(スカイトレイン)を乗りこなそう!ラビットカード情報も! さ、始まりましたよー!! これからバンコクでの新生活を迎える方、旅行者の方向けに、バンコクの交通事情を詳しく説明しちゃおう...
ABOUT ME
ぷくこ
ぷくこ
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!
日本への一時帰国時におすすめなポケットWi-Fi

日本への一時帰国時の通信環境は悩みのタネですよね。

ぷくこのおすすめは【Wi-Fi東京】!!

>>日本への一時帰国時のWi-Fiレンタルは「Wi-Fi東京」で決まり!!

  • 日額レンタル料金が200円(30日プランの場合)〜
  • 通信容量が無制限!最大10台同時接続可能!

Wi-Fi東京を詳しく見てみる