生活情報

ドンムアン国際空港からバンコク市内までのアクセス!新しい鉄道SRTレッドラインで行ってみよう!

2021年11月に開業した、タイ国鉄が運営するバンコクの新たな都市鉄道「SRTレッドライン」

そのハブ駅となるのが、こちらも新しく完成したバンスー中央駅。

タイ国鉄・MRT(地下鉄)・SRTの路線がある旧来のフアランポーン駅に代わり、将来タイを代表するターミナル駅になると言われています。

そして、新バンスー駅のあるレッドラインを利用すると、今までタクシーかバスしかアクセスのなかった、ドンムアン空港まで電車で行くことができるのです。

この記事では、ドンムアン空港からバンコク市内(アソーク駅)までの行き方を紹介しています。

ドンムアン空港からバンコク市内まで行く場合

例えば、ドンムアン駅からタイの中心地・アソーク駅まで行く場合どうなるかというと、

ドンムアン空港(第2ターミナル・国内線)
↓徒歩約5分
SRTドンムアン駅
↓7駅(約17分)
SRTバンスー中央駅
↓直結(徒歩約3分)
MRTバンスー駅
↓11駅(約24分)
MRTスクンビット駅
↓直結(徒歩約3分)
BTSアソーク駅

となります。時間は合計でおおよそ1時間くらい。

乗り換えは1回必要ですが、渋滞無しで安く市内まで出られるのは魅力です!

レッドラインでドンムアン空港からバンスー中央駅まで行ってみよう

こちらドンムアン空港の国内線・第2ターミナル。

レッドラインは第2ターミナルが最寄りです。国際線・第1ターミナルに到着した場合は、第2ターミナルまで歩きましょう。(おおよそ5分くらい)

まずは券売機でチケットを購入。

タイの券売機を使うときは、言語はタイ語モードから英語モードに変えると使いやすくなります。

行き先をバンスー駅に指定して、枚数を選ぶと、金額が出てきます。

ドンムアン駅からバンスー中央駅までは1人33バーツ。

お金を入れればコインが出てきました!タイでは、このトークンと呼ばれるコインが切符代わりになります。

改札でトークンをピッとかざすだけでスムーズに通れますよ。改札を出るときは、トークンを回収する穴があります。

バンスー中央駅に行くプラットフォームは3番乗り場。行き先を間違わないように案内板をチェックしましょう。

だいたい20分間隔で電車は走っています。

車両は新しいです。

そして、この車両、日本の企業が製造協力したとのこと。どこか、日本っぽさを感じますね。

ドンムアン駅からバンスー駅までは7駅。

走行も滑らかで、どこか日本のゆりかもめっぽい雰囲気。

ちなみにドンムアン駅まで行く途中にある「ラックシー駅」はVISAの更新などに使うイミグレーションに行くときの最寄り駅。

ラックシー駅まで行けば、タクシーやバイタクに乗って約10分ほどで到着しますよ。

そうこうしている間に、バンスー駅に到着!!約17分で到着しました。

SRTバンスー駅から、MRTバンスー駅までは建物内で繋がっていて、案内に従って行けばすぐに分かります。

そこから、バンコク市内の目的地までMRTで移動するのがスムーズです。

YouTubeでも紹介しています!

ABOUT ME
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 幼稚園児ママ。かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。

※2022年10月現在:1バーツ=約3.8円
※当サイトでは一部記事内に広告を掲載しています。

タイ・バンコクへのお得な海外航空券を探すならエクスペディア

国内・海外の世界約400社以上の
航空会社・LCC・旅行代理店の航空券価格を一括比較!

エクスペディア公式で航空券を探す

 

こんな記事もおすすめ