カオヤイ

カオヤイで2棟限定のプライベートなグランピングを楽しもう【MDM Glamping & Cafe】

Sunnyside

こんにちは!Sunnysideです。夫と2人の子どもたちとタイ国内を色々と巡っています。

今回はリゾート地として人気のカオヤイの、プライベート感満載のグランピング「MDM Glamping & Cafe」を紹介します。

自分でテントやキャンプ道具を用意しなくても、気軽にキャンプ体験を楽しめるグランピング。

日本でも家族連れの方を中心に、本当に人気になってきましたね。

タイのグランピングは日本と比べるとまだまだ価格も安いので、今のうちにグランピングを目いっぱい楽しんじゃおう!と意気込んでいます。

今回ご紹介する「MDM Glamping & Cafe」は、なんと2棟限定!

2021年11月にオープンしたばかりの、まだまだ穴場スポットです。 

MDM Glamping & Cafeの場所と行き方

MDM Glamping & Cafeはナコンラーチャシマー県、カオヤイ国立公園の北側にあります。

バンコクからは車で約二時間半、ちょうどチョクチャイファームがある辺りですね。

地図を見ていただくとわかりますが、国道6号線が道路延長工事中です(2022年5月現在)。

Sunnyside

ここが完成するとかなりアクセスしやすくなって、人気が出てくる予感!

プライベート感満載!2棟のドーム型テント 

MDM Glamping & Cafeには可愛らしいドーム型テントが二棟だけ。

もし二家族で行くのであれば、同時に予約すれば完全貸し切りに出来ちゃいます。

 各テントの前はそれぞれ庭の様に仕切られていて、お互いの敷地が見えないようになっています。

晴れていたら、ドーム前のお庭で晩ご飯を食べますよ。

テントの前にはネットが張ってあって、子供は飛んだり跳ねたり、大人はゆったり休憩したり。

テントの中もとても綺麗!もちろんエアコン完備。テレビでYoutubeやNetflixが見れてしまう充実ぶり。奥のお布団がエクストラベッドです。

ドームの前側は透明なシートになっていて、中から外の景色を見ることができます。子供たちが外で遊んでいても安心。

Sunnyside

家具やクッションが可愛くて、シンプルな作りなのにすっごく居心地がいいのだ。

トイレとシャワーはテントの外にあります。

特筆すべきはこの五右衛門?風呂!

カオヤイの山々を眺めながら、露天でひとっ風呂浴びることができちゃう。小さなお子さんにはプール代わりにも。

Sunnyside

このお風呂、正面からは見えてしまうのが難点。一糸纏わぬお姿で入りたい方は、奥側のテントを予約するか、日が暮れてからにしよう。

牧場感あふれる共用エリア

MDM Glamping & Cafeに泊まれるのは2グループだけですが、ちゃんとキャンパー気分が味わえるよう、キャンプグッズがあちこちに散りばめられています。

ドリンクカウンター。移動販売車の形がかわいい。

ドリンクメニューはソフトドリンク(20THB~)とアルコール。

ビールが充実してて、シンハービール(100THB)、ドイツ白ビール(250THB~)、女子にも人気のヒューガルデン(ロゼ、ピーチ 150THB)等がありました。

Sunnyside

これは真昼間から飲めということですね!なラインナップ

ここの建物で朝ごはん、雨が降った場合の夕ご飯が食べられます。

キャンプファイヤーのスペース。夜、燃えさしを見ながらひたすら思い出話とかできそう。

MDM Glamping & Cafeではオーナーさんのこだわりなのか、羊さんが放し飼いになっていて、敷地内を自由に移動しています。

最初、こちらに向かってくる羊さんを見て、子供たちはかなり怖がりました。

徐々に慣れてきて最後はえさやりをしてたけど、小さなお子さん連れの場合、十分注意した方がいいと思います。

怖い場合はスタッフに伝えると、敷地外に追い出してくれました。

Sunnyside

ちなみに「逃げるから追いかけられるのだ」との持論で、逃げずに真正面に立ち向かったSunnyside、人生で初めて羊に頭突きされました。追われたらせめて避けよう。

夕ご飯は野外でタイBBQ「ムーガタ」

キャンプと言えばBBQ!という人が多いでしょうが、MDM Glamping & CafeではタイならではのBBQ「ムーガタ」が夜のメニューになります。

提供されるメニューは「ムーガタ(2〜3人前)600THB」「ドイツソーセージ 350THB」「マシュマロ 100THB」のみ。

※メニューの一番下は「羊さんのえさ用ミルク35THB」

個人的にマシュマロが入ってる辺りで「分かってる~!」と頷いてしまいました。

Sunnyside

大人はこれで十分な位だけど、子供がいる場合には何か持参した方がいいかも。

焼きたてのドイツソーセージにドイツビール。

周りに見えるのはカオヤイの暮れゆく山々と羊さんだけ。

完全なるプライベート空間に肩の力が抜けていき、心の底からリフレッシュできます。

ここでメインのムーガタが登場!

ここからはひたすらに、だらだら焼いては食べ、飲むだけです。

屋外だと子供たちは何だかんだと遊んでくれるし、なんなら五右衛門風呂にも入ってくれるので、大人達の解放感は半端ない。

Sunnyside

ちなみに締めのラーメン「ママー」はちゃんと部屋に常備!忘れず締めよう笑

タイの人たちって本当~に長い時間リラックスしますよね。人生の甘やかし方の達人だと思います。

ここは彼らにならって、ひたすらのんびりとしましょう。

星空テントで夜トーク

私達が訪れたときは曇り空だったのだけど、テントの中に、お天気関係なしの星空プロジェクターがありました!

ドーム型テントにあったら素敵だなあと思っていたプロジェクター、まさか本当にあるとは。

ゆらゆら動く星空を眺めていると、いろんな話がしたくなって、ついつい夜更かししてしまったのでした。

朝ごはんは定番カオトム

朝ごはんは7:30から10:00まで。

アメリカンタイプと、カオトム(タイ風お粥)のどちらかが選べます。コーヒーはセルフ。

お酒を飲んだ翌日のお粥は胃に沁みます。

MDM Glamping & Cafe まとめ

いかがだったでしょうか。

ちなみに私たちが訪れたのはタイの雨季で、雨季のキャンプってどうなんだろう?とちょっと思っていました。

実際に行ってみると

  1. タイの雨はずっと降るわけではない
  2. オフシーズンなので予約が取りやすい
  3. ハイシーズンより価格が低い

と三拍子揃ってお得感がありました。

Sunnyside

雨季のうちにグランピングを開拓したい~

MDM Glamping & Cafeはオープンしたばかりでまだ予約も取りやすく、プライベート感溢れる素敵なグランピング体験ができます。

週末にカオヤイに行こうかなと思っている方、是非お友達を誘ってムーガタパーティを楽しんじゃってください。

MDM Glamping & Cafe 施設詳細

アクセスバンコクから車で約2時間半
地図Googleマップで開く
WEBHP・Facebook・Instagram
LINEアカウント@mdmglamping
ABOUT ME
Sunnyside
タイ在住。バンコクの街歩きと、市場でくつろぐ猫が大好き。ガイドブックに収まりきらないタイ国内旅行の魅力を発信中!よりディープなお出かけはInstagramから

※2022年11月現在:1バーツ=約3.9円
※当サイトでは一部記事内に広告を掲載しています。

タイ・バンコクへのお得な海外航空券を探すならエクスペディア

国内・海外のLCCを含めた航空会社を比較
航空券の最安値にチャレンジ!

エクスペディアで航空券を探す

 

こんな記事もおすすめ