タイ国内旅行

チェンマイで子連れゲストハウス宿泊!ニマンヘミンの「iROOM」がすっごく良かった!!

チェンマイにはゲストハウスがたくさんあります。

「でも、ゲストハウスって子連れで泊まるにはハードルが高い…」

そう思ってみませんか?

案外、子連れでもゲストハウスって大丈夫なものですよ!

今回チェンマイ泊まったiROOMというゲストハウスが、とても快適かつお財布にも優しかったので、紹介したいと思います。

 

ニマンヘミン中心地で立地が最高!

今回の宿泊先として選んだのは「iROOM」という、ニマンヘミンのゲストハウスです。

ここはニマンヘミン地区の中心地に位置していて、ワンニマンというお洒落ショッピングモールまで徒歩2分の場所です。


Google Mapで開く

歩いて5分以内に、超有名カフェの「RIST8TO(リストレット)」や、カオソーイで有名な「カオソーイニマン」、大人気タイ料理屋さん「Tong Tem Toh(トーン)」、セラドン食器が安い「カサマ」というショップもあって、食べるところ、ショッピングに困りません。

また、セブンイレブンも歩いてすぐなので、子供のオヤツや飲み物、オムツが切れたらすぐに買いに走れます。

実際に、観光からニマンヘミンに帰ってきてから、最後宿に戻る前に、ワンニマンで軽くショッピングなんてこともできたので、とても便利でした。

女子旅で、買い物やカフェ巡りをメインに考えているなら、ニマンヘミンは、宿泊場所としてはとてもオススメの場所です。

ただ、お寺巡りやナイトマーケットに行くには少し遠いので、そこがネックとなります。(ソンテウがたくさん走っているので、簡単に行くことはできますが)

 

キングベッド付のファミリーコネクションルーム有り

今回、友達家族と一緒に泊まったので、ファミリーコネクションルームという部屋を予約しました。

一つの部屋の中に、廊下を隔てて2つのベッドルームとシャワールームがある部屋。

どちらの部屋も広々としてキングサイズのベッドが置いてあり、寝相の悪い子どもたちにはありがたいです。

南に採光が取られていて、たくさん陽の入る気持ちのいい部屋でした。

簡単な化粧台と荷物置き場があって、こちらもなかなか使い勝手◎

2つの部屋を繋げるベランダもあって、タオルを干したり出来るのも良かったです。

こちらがシャワールーム。きちんとトイレとシャワーが分かれています。

シャワーヘッドの繋ぎ目部分のパッキンがゆるくなっていて、水が飛んでくるのがちょっと難点でしたが、そういえば伝えるの忘れていました笑

 

朝食もついてくる!

ゲストハウスだと、朝食なしのところもたまにありますが、ここはしっかり朝食もついてきます。

ニマンヘミンには朝から開いているカフェも多いので、朝ごはんはなくても問題ないのですが、子どもたちのお腹を満たすにはとても助かりました。

パンにカップケーキ、ゆで卵にバナナと、簡単なものではありますが、これが普通に素朴で美味しい。もちろんコーヒーもフリー。

朝食は部屋でも食べられますが、こんな感じで外のテラスでいただくことも可能。小上がりになっているので、小さい子供連れでも食べやすいですね。

 

日本語を話せるスタッフさんがいる

2018年11月現在、日本語を話せるスタッフさんがいます。

タイ人の方ですが、とても流暢な日本語を話されます。メールも日本語で返ってきました。

もう1人、英語を話すスタッフさんもいますが、そちらの方も笑顔がキュートな可愛い女性で、とても親切にしていただきました。

チェックインのときに、こちらから聞かずともオススメのお店を教えてくれて、地図もくれて、日本語のガイドブックも貸してくれました。

子どもたちにも優しくしてくれて、とても暖かい雰囲気の宿でした。

 

部屋の種類が多彩&安い!

こちらの宿には、今回泊まったコネクティングファミリーユニットルーム以外にも、4名プライベートルームというシングルベッドが4台並んだ部屋もあります。

例えば女友達との4人旅には最適な部屋だと思いませんか!?

また、ある程度お子さんが大きくなって4人家族でも使いやすそうです。

コネクティングファミリーユニットルームは、Agodaで予約して一泊2,200バーツ(約7,480円)。2家族で割ると、一泊1,100バーツ(3,740円)です。

これ、チェンマイで一番ホテルの値段が高くなるコムローイ祭りのときの値段ですからね!?かなり安いと思います。

普通のツインルームなら1,000バーツ以下で予約できます。

Agodaの口コミが9.3点なのも納得です。かなり満足度が高かった!!

Agodaで宿泊金額をチェックする

 

子連れゲストハウスのデメリットは?

そんな訳で、大満足のゲストハウス宿泊だったのですが、あえてデメリットをあげるなら、プールがないことでしょうか。

子連れでホテルに泊まる場合、プールがついてるとかなり助かると思うんです。でも、ゲストハウスにはそれはありません。

私達は、街歩きをメインで考えていてプールに入ることは考えていなかたので問題ありませんが、ある程度大きいお子さんだと「普通の観光は退屈で嫌だ!」と、言うかもしれません。

そういう場合は、プール付きのホテルを取った方が楽しめるかもしれませんね。

 

まとめ

以上、ニマンヘミンのゲストハウス「iROOM」の紹介でした。

特に立地の良さとスタッフさんの優しさが最高!

子連れでチェンマイ観光を考えている方には、是非オススメしたいお宿です。

Agodaで宿泊金額をチェックする

各旅行サイトの宿泊金額を一度にチェックするにはトリップアドバイザーが便利です!

TripAdvisorで宿泊金額をチェックする

【チェンマイ子連れ女子旅】2泊3日の観光モデルコース!カフェ&雑貨屋さん巡りの旅チェンマイで友達親子と子連れ女子旅をしてきました。カフェ&雑貨メインの2泊3日モデルコースを記しています。子供の食べ物やベビーカーは持っていくべきかなどの子連れ的目線も。...
チェンマイ女子旅で行きたいオススメカフェ!エリア別8選(ニマンヘミン・旧市街・ピン川) チェンマイはまさにカフェ天国! 数え切れないほどのカフェがあって、どこに行けば良いのか分からない!ってなっていませんか?...
チェンマイでカオソーイ人気店食べ比べ!超個人的ベスト3を発表するよ(ラムドゥアン・ニマン・クンヤーイ) チェンマイ発祥のごはんといえば、なんといってもカオソーイ!! カオソーイって何?って方向けに「カレー風味のラーメン」ってよ...
ブログランキング参加中!
記事が面白かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
ABOUT ME
pukuko15
pukuko15
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!