2024年1月現在:1バーツ=約4円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

セール・イベント

【カセサート大学農業祭】毎年2月開催の楽しいイベント!行き方&全エリアの地図と解説付き!

当サイトは記事広告・アフィリエイトによる収益を得ております

Ayumi

こんにちはAyumiです。InstagramTwitterでは、家族で楽しめるタイのお出かけスポット・子育て情報などを紹介しています。

バンコクのカセサート大学で、毎年2月に開催される年に一度のお祭り【農業祭】があるのをご存知ですか?

お祭りといっても、お寺ではなく大学の文化祭。

広大な大学敷地内に、学生だけでなく企業や個人店も出店するため、美味しいもの、お得な物など、見所満載。

そもそもKasetsart University(カセサート大学)は、バンコクに本部を置く、タイで最初の国立農業大学で、かつタイで3番目に古い歴史ある大学です。

大学の創立記念日が2月2日のため、毎年この時期に約1週間開催されています。

2024年の開催日は2月2日(金)〜10日(土)です!

カセサート大学の場所

カセサート大学があるのは、BTSスクンビットラインから続く、Kasetsart University(カセサート大学)駅です。

駅の階段を降りたらすぐに入り口があるので、迷わずアクセスできますよ。

カセサート大学農業祭の基本情報

こちらが農業祭の全体マップ。

会場はAからLのゾーンに分けられています。

  • Aゾーン:Kaset Station
  • Bゾーン:Kaset Floating Market
  • Cゾーン:Agricultural Technology
  • Dゾーン:Plants of Love
  • Eゾーン:Pet Society
  • Fゾーン:Let’s Take a Break
  • Gゾーン:All U Can Eat
  • Hゾーン:Innovation and international Connection
  • Jゾーン:Soft Power on Thai Agricultural Culture
  • Kゾーン:Road of Happiness
  • Lゾーン:KU Partner & Product from Department of Correction
  • Mゾーン :Student Club

その他

  • Food Court
  • Fun Park
  • Food Truck

会場の至る所にこのマップが掲示されているので、現在地や目的地を確認しながら歩くことができます。

Ayumi

まず大前提として、大学内は本当に広く、同じ場所に戻ってくるのも大変なので、これだ!と思ったらその場で購入するのがおすすめです。

大学内はとても広いので、一部区間で運行されているシャトルバスを利用すると便利です。

農業祭では食べ歩きをする方が多いと思いますが、会場のあちこちにこうしたゴミ捨て場があります。

タイではゴミを分別する機会が少ないので、こうして細かく分別できるよう管理されているのも、カセサート大学の素晴らしさ。

また、お手洗いは大学のトイレを利用できます。

大学なのでオムツ替え台はありませんが、車椅子マークの広いトイレもありました。

仮設トイレも設置されているため、あまり混雑せず利用できます。

基本的にトイレットペーパーは無いので、ティッシュを持参してください。

カセサート大学農業祭を回るときの注意点

BTSの駅からすぐで訪れやすく、見所いっぱいの農業祭ですが、以下の点には注意も必要です。

  1. とにかく広く移動が多いので、歩きやすい服装を
  2. 基本的に屋外のため、暑さ対策を。涼しくなってきた午後から行くのもおすすめ
  3. 誰でも入れる農業祭、貴重品管理とスリ対策をしっかり
  4. Bゾーンは段差が多く、その他のゾーンも混雑しているのでベビーカーの方は注意
  5. 朝10時からオープンだけど、開店時間はお店によってバラバラ。平日は14時以降、休日は12時以降がおすすめ

Ayumi

我が子が喜んだのは、Eゾーンの動物と餌やり・Hゾーンの織物体験・遊園地とゲームゾーン・Kゾーンのタトゥーシールショップです!

カセサート大学農業祭の全エリア紹介

Aゾーン:Kaset Station(カセサート駅)

BTSカセサート大学駅から入るとまず入るのが、こちらのAゾーンです。

お祭りの屋台のように飲食物のお店がズラっと並んでおり、食べ歩きにもぴったり。

日本でも人気、韓国発祥の10ウォンパン。

10ウォン硬貨の形なので10ウォンパンという名前ですが、価格は79バーツから。

私が毎年購入している、1つ10バーツのパン屋さん。

スイーツ系からおかず系まで種類豊富で、食べ歩きにも丁度良いサイズ。

和菓子のお店もありました。

大福や団子、フルーツ飴を販売されています。

ちょっと変わったジュース屋さん。

お好みのドリンクを陶器に入れてくれますよ。

新鮮な果物のお店も。

タイでも2月はいちごが旬の時期。

スーパーで買うよりずっとお安いので、まとめ買いする方も多いです。

たくさん歩くので、水分補給も忘れずに。

キンキンに冷え、シャーベット状になった炭酸飲料のお店。

アユタヤ名物、ロティサイマイのお店もありました。その場で生地を焼いていてるのが見られるのも楽しみの一つ。

Bゾーン:Kaset Floating Market(カセサート水上マーケット)

Bゾーンは水上マーケットと名付けられた、飲食店のゾーン。

Aゾーンと同じく飲食店が並びますが、Bゾーンではテーブルと椅子に座ってゆっくり食べることができます。

ご飯ものや麺類などの食事系が多いので、おやつではなくしっかりお食事したい時にお勧め。

種類豊富なナムプリック。

果物の砂糖漬け。

昆虫食にも挑戦してみては?

北タイ名物の、カオソーイとナムニャオ。

ワニの肉も扱う串焼きのお店。

タイの地方料理も豊富なので、この機会に初めての料理を食べてみるのも良いですね。

【Fun Park(遊園地ゾーン)】

AゾーンとBゾーンの間には、遊園地ゾーンがあります。

大人も思わず夢中になってしまう的当てやビンゴなどのゲームコーナー。

メリーゴーランドやミニカーレース。

観覧車とトランポリン。

エア遊具にお化け屋敷。

人形の色塗り。

Ayumi

遊園地ゾーンはここだけでなく他にも数箇所あるので、一緒に来たお子さまが退屈そうな時に立ち寄ることもできます。

Cゾーン:Agricultural Technology(農業技術)

Cゾーンになると、食べ物よりも雑貨や企業のお店が増えてきます。

1着50バーツの男性ものハーフパンツ。

おもちゃ屋さん。

アクセサリー屋さん。

鯖トマト缶で有名なROZA製品。

オートバイのお店まで。

ベビー用品のお店。

その場で作れるメガネ屋さん。

靴屋さん。

木製食器。

キッチン用品。

10足で100バーツの靴下屋さん。

ちょっとローカルな雰囲気のお店や、お得なセールをしているお店も多いです。

Dゾーン:Plants of Love(愛の植物)

Dゾーンは植物関係のお店が並びます。

観葉植物。

フルーツの木。

肥料や種のお店。

サボテン。

エアープランツ。

盆栽。

珍しい植物も売られているので、見て回るだけでも楽しめます。

【Food Court(フードコート)】

フードコートと書かれたエリアでは、テーブルと椅子のある席で食事ができるようになっています。

小腹が空いた時や、ちょっと座って休憩したい時にも便利です。

Eゾーン:Pet Society(ペットの化学)

Ayumi

我が子は動物好きなので、毎年の農業祭で一番楽しみにしているのが、このペットゾーン。

種類豊富なペット用品。

有名なペットフードメーカーも出店しています。

春節に合わせたチャイナドレスのペット服もありました。

そして、生体の販売も。

爬虫類のお店。

金魚のお店。

犬、猫のお店。

ウサギ。

ハリネズミやハムスターなど。

動物への餌やりができるお店もあります。

うさぎ、モルモット、ヤギへの餌やりができ、子連れファミリーで賑わっていました。

Fゾーン:Let’s Take a Break(休憩ゾーン)

Gゾーン:All U Can Eat(何でも食べていいよ)

FゾーンとGゾーンは、再び飲食店のエリアです。

苦手な人も多いけど、虜になる人も多い、果物の王様と呼ばれるドリアン。

甘栗のお店はたくさんありますが、どこも人気。

私もお土産に購入しました。

何店舗も並ぶタマリンドとニンニクのお店は、個人的にこのゾーンの名物では?と思うほど。

Hゾーン:Innovation and international Connection(国際展示)

Hゾーンでは、国際展示エリア。

カセサート大学での研究についても、展示されています。

藍染の製造工程についてのコーナーでは、製品を購入することも。

今日本でも話題のコオロギの栄養価について。

本物のコオロギが飼育されている前で、コオロギの塗り絵コーナーはちょっと面白い。

織物体験コーナー。

Hゾーンはノーマークだったのですが、意外にも子ども歓迎の雰囲気。

そして、このゾーンはクーラーが効いているのも嬉しいです。

ロイヤルプロジェクトのお野菜販売もありました。

また、各国の大使館コーナーもあります。

ロシア大使館コーナーには、マトリョーシカにチェブラーシカが混ざっているのが面白くて、ロシア人の店員さんと少しお喋り。

その他にも、様々な雑貨や衣類の販売もありました。

Jゾーン:Soft Power on Thai Agricultural Culture(タイの農業文化におけるソフトパワー)

Jゾーンは、雑貨や食品など、タイの製品が並びます。

お土産に良さそうなものも。

マッサージ店も発見。

Kゾーン:Road of Happiness(幸せへの道)

Kゾーンは食品と雑貨などの販売です。

どれでも5バーツの雑貨屋さん。

ジャグアタトゥーやヘナタトゥー、タトゥーシールのお店。

寝具や衣類の販売も。

缶詰でお馴染みのUFCでは、お得なセールを開催していました。

Lゾーン:KU Partner & Product from Department of Correction(大学パートナーゾーン)

最後はLゾーン。

家具や絵画、彫刻などの大物が販売されています。

Mゾン:Student Club(生徒ゾーン)

Mゾーンは、カセサート大学の学生さんたちが出店するゾーンです。

飲食店が多いですが、雑貨も少しありました。

Ayumi

元気よく、楽しく販売されていて、まさに文化祭!という雰囲気が素敵!

カセサート大学農業祭まとめ

以上、カセサート大学の農業祭レポートでした。

毎年一度、約10日間のお祭り、みなさん楽しんでくださいね!

住所50 Ngamwongwan Rd, Lat Yao,
Chatuchak, Bangkok 10900
地図Googleマップで開く
時間10:00〜22:00
WebサイトHPFacebook
ABOUT ME
Ayumi
Ayumi
タイ在住、小学生の母。 タイでの子連れお出かけスポット、子育て情報を中心に、話題のお店などをSNSで発信。 最新情報は、Instagram・Twitterから!

こんな記事もおすすめ