バンコク観光

【ワット・サケット】黄金の丘(ゴールデンマウンテン)からバンコクの街を見下ろそう!

大人の遠足ということで、友達と【ワット・サケット】へ行ってきました〜!!

遠足と言っても、スクンビットからでも1時間くらいで行けちゃうこちら。

黄金の丘と呼ばれていて、丘を登った先にある景色が最高でしたヾ(´∀`)ノ

ワット・サケットとは

アユタヤ王朝時代(1351〜1767年)に建設された古い寺院。

頂上には高さ80mの黄金の仏塔がそびえたち、別名「黄金の丘の寺(ワット・プーカオ・トーン)」とも呼ばれています。

この仏塔は、ラーマ3世が作るよう命令したもので、ラーマ5世の時代に完成したんだとか。

仏塔の周りには、360度見渡せる回廊が広がっており、ここから眺めるバンコク市内の風景を目当てに、連日多くの観光客が集まっています。

ワット・サケットへの行き方

スクンビット方面からワット・サケットへ行くには、いくつか方法があります。

  1. 水上バスで行く
  2. 路線バスで行く
  3. タクシーで行く

ひとつずつ説明していきたいと思います!

水上バスで行く

時間も読みやすく、遠足っぽい雰囲気が出てオススメなのが水上バスで行く方法。

水上バスの乗り方はこちら

スクンビット方面から水上バスに乗り、まずはプラチナム乗り場で乗り換え。そこから終点のパンファー港まで行きます。

パンファー港からワット・サケットまでは徒歩3分ほどです。

バスで行く

ワット・サケットはバス停からも徒歩1分ほどなので、行きやすいです。

バスのルートを調べるなら、VIABUSというアプリが便利です。

ViaBus

ViaBus

Intouch Marsvongpragorn無料posted withアプリーチ

BTSナショナルスタジアム駅から、15番のバスに乗れば一本でワットサケットまで行けちゃいます。

路線バスの乗り方はこちら

タクシーで行く

タクシーで行くならBTSナショナルスタジアム駅からが一番サッと行けると思います。

ただ、このあたりメーターを使ってくれないタクシーも多いので注意してください。

慣れないうちはGeabを使うのもオススメです。

ワット・サケットの拝観料

拝観料50バーツ/人

タイ人と10歳未満の子どもは無料です。

入口近くのチケットオフィスで購入できます。

ワット・サケットを登ってみよう

チケットを購入したら、後は丘を登っていくのみです。

入ってすぐのところにある、見ザル聞かザル言わザルのお出迎え。

344段…果てしないぜ。

途中には休憩できるお洒落カフェもあって、観光地化されてるな〜っていう印象。でも景観に合ってるし、実際喉乾くから、こういうの良いよね。

階段の途中に出てくる鐘を鳴らしながら登るのがいいんだとか。

仏塔へ到着〜!!20分ほどの行程で、そこまで辛いものではありませんでした。

『Please don’t take off your shoes(靴を脱がないで)』って書かれてるけど、こんな風に注意書きがあると、間違えて脱いじゃうよねえ。

中には仏像が祀られています。

こちらは黄金の涅槃像。

仏塔の中を一周したら、階段で上へ上がりましょう。

おおおーーーー!!!仏塔の先に出てきました!!

手を伸ばせば届く距離にあるっというのが不思議。写真に収まらないくらい大きいです。

そして、360度見渡せるバンコクの街の景色が美しい!!

この景色を見たら、ここまで登ってきた疲れが吹っ飛びます。

とても暑い日でしたが、仏塔の上は風が抜けて開放感があり、とても気持ちよかったです。いや、暑いんですが。

ワット・サケットまとめ

以上、ワット・サケットの紹介でした。

一度は行ってみたいと思っていたワット・サケット。実はこの日、次の予定が立て込んでいて、拝観時間が30分しかなかったのです。

なので細かいところをちゃんと見ることが出来ず。

気軽に来れることが分かったので、今度はじっくり訪れたいです。

ワット・サケット 施設詳細

地図Google Mapで開く
電話02-621-0576
営業時間8:00〜19:00
拝観料50バーツ
ABOUT ME
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 5歳児ママ。かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。

BANGKOK GIRLS NOTEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

こんな記事もおすすめ