デリバリー

【バンコクで銀行口座開設】ワークパーミットなしの駐在妻でも解説可能なタイの銀行を3行紹介!

※アユタヤ銀行の必要書類が増えているので追記(2022.3.7)

「ワークパーミットのない駐在妻は銀行口座を作れない」

と勘違いしている方、けっこう多いように思います。

でもそれは間違い。ワークパーミットがなくても銀行口座を作れる銀行はいくつかあります。(旅行者は難しいと思います。今回は駐妻の話です。)

夫の銀行口座の家族カードとしてキャッシュカードを持っているから自分の口座は不要、という方もいるかもしれませんが、やっぱり自分の口座があると便利。

私も2年前に作ってからめちゃくちゃ生活が便利になりました!

その理由はなんといっても、銀行アプリ!!

夫の口座の家族カードだと、銀行アプリを使えるのは夫だけ。妻名義の銀行口座を作っておくと、自分専用でアプリが使えるので便利です。

この記事では、ワーパミなしでも口座を作れる銀行について紹介しますね。

ワークパーミット無しの口座開設については各支店の判断によります。支店・担当者の判断により口座作成できない場合もございます。また、必要書類は都度変わることがあります。詳細は銀行に直接ご確認ください

銀行口座を持っていると便利なこと

銀行口座を持っていると、その銀行のアプリを使えることになります。それが便利!!

  1. ATMカードがなくても引き出しができる!
  2. 銀行振込がスマホで簡単にできる!
  3. カフェなどでもキャッシュレスで支払いができる!
  4. 公共料金の支払いもできる!

最近デリバリーや、ネットショッピングで銀行振込を求められること、多くないですか?

振込して欲しいと、仕事中の夫に連絡するのも面倒ですし、自分でササッとできると便利です。

あと、私ATMカード作ってません。全部銀行アプリでカードレスで引き出ししてます。

ワークパーミットなしで口座開設可能な銀行

ワークパーミットなしでも口座が作れる銀行を3つ紹介したいと思います。

2021年3月の聞き取りでの話なので、今後変更になったらすいません。どの銀行にも日本語カウンターのある支店があるので相談してみてください。

カシコン銀行

持ち物

  • 自分のパスポート(ビザ)
  • 夫のパスポート(ビザ)
  • 夫のワークパーミット
  • 自宅の賃貸契約書
  • 口座入金用の1万B

アユタヤ銀行

※エムクオーティエ支店・ジェイアベニュートンロー支店・トンソン支店・ロビンソンシラチャ支店に「日本語デスク」有

持ち物

  • パスポート(ビザ)
  • 「在留届出済証明書(大使館で発行された英文のもの)」or「タイ入国管理局発行の在留証明書」or「運転免許証(原本と翻訳資料 ※英語またはタイ語)」or「国際免許証)」
  • 500バーツ

2021年時点ではパスポートだけでも大丈夫でしたが、2022年時点では在留届が必要になりました。

バンコク銀行

※シーロム本店 1階 口座開設カウンター内「ジャパンデスク」有

持ち物

  • パスポート(ビザ)
  • 在留届出済証明書
  • 自宅の賃貸契約書

カシコン銀行で実際に口座を開いてみた

私はエムクオーティエのカシコン銀行で口座開設しました!

と言っても私が口座を開いたのは2019年なのでうろ覚えです。

エムクオーティエ支店は英語かタイ語対応です。ソイ33の支店だと日本語デスクがあるらしいので、もっと便利だと思います。

最近(2021年)カシコンで口座開設した友人によると持ち物は

  1. パスポート(ビザ)
  2. 自宅の賃貸契約書
  3. 口座入金用の1万B

だけでいけたらしいんですが、私は一応「夫のパスポートとワークパーミット」も持っていきました。

※その後カシコンで口座開設した友人は夫のパスポートとワーパミは必要と言われたらしいので担当者によるんだと思います。一応持って行ったほうが賢明。

口座開設申込書などの書類に記入して、その日は30分〜1時間くらいで終了。私の場合、キャッシュカードは作らず、通帳だけ受け取りました。

キャッシュカードを発行する場合は300THB

確かアプリを使えるようになるのが次の日からで、アクティベートの手続きで再度銀行へ行ったはず。アクティベートはアプリ上やATMでもできるようです。

次の記事で、カシコン銀行アプリの使い方を解説しています!めちゃくちゃ便利ですよ\(^o^)/

ABOUT ME
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 5歳児ママ。かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。

BANGKOK GIRLS NOTEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

こんな記事もおすすめ