2024年1月現在:1バーツ=約4円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

バンコク生活

【KOKODii(ココディー)】タイ産チョコレートが日本で販売開始!夜に食べるチョコレートNight Cacaoはいかが?

当サイトは記事広告・アフィリエイトによる収益を得ております

“タイで作るチョコレート”って日本人にはまだ馴染みがないかもしれません。

チョコの産地といえばガーナやコートジボワールなどのアフリカですもんね。

ですが、近年ではタイ産チョコレートの人気が高まっているんです。

例えば、カカオ豆の焙煎・粉砕から製品化までの全てを自社で手がけるバンコク初のBean to Bar専門店として有名なKad Kokoa(ガートココア)は、2021年に日本上陸も果たしました。

次のKad Kokoaはどこだ?と業界内で注目が高まる中、2023年1月に新たに販売されるのが 「KOKODii(ココディー)」が販売するNight Cacao(ナイトカカオ)

タイ産カカオを100%使用し、「パートナーと夜味わうチョコレート」という世界初のコンセプトのこちらの商品、どんなものなのか気になりますよね。

  • どんな背景で生まれたのか?
  • どんな味なの?
  • どこで買えるの?

など、この記事で皆様の疑問にお答えします!

パートナーと夜味わうチョコレートNight Cacaoって?

欧米では夜にチョコレートを食べる習慣があるんだそう。

また、クレオパトラや楊貴妃も、寝る前にチョコレートを好んで食べていたと言われています。

なぜ夜なのかというと、チョコレートにはリラックス効果や安眠効果があり、美容にも良いとされているからです。

日本では、まだまだそういう習慣は親しみがないかもしれません。

KOKODiiのNight Cacaoは、記念日やちょっと頑張った日のご褒美に「夜にチョコレートを食べること」を提案し、安眠効果と幸福感を高め、幸せホルモンを創出するお手伝いがしたい、という思いで作られた商品です。

写真提供:KOKODii

また、なぜタイ産チョコレートに拘るのかも気になるところ。

創業者の村田千尋さんは、ご主人の仕事に帯同して2年前までタイで生活されていました。

そのときに食べたタイのチョコレートの美味しさに感動し、日本でも販売したいと強く決意。日本に帰国後、タイ人パートナーと共にKOKODiiを立ち上げました。

KOKODiiのチョコレートは、「Farm to Bar」

カカオ農園(Farm)でのカカオづくりから製品化(Bar)までを一貫して手掛けることで、誰がどう育てたか、どう作ったかが明確になるため、安心して消費者に届けることができます。

KOKODiiは、タイ語でKOKO=カカオ、Dii=良い、を意味します。

「健康にも良い・心にも良い・品質も良い」そんなタイのチョコレートを日本で広めていきたい、と村田さんは語ります。

写真提供:KOKODii

また、かつてタイ南部地方では、カカオを作っても商品を製造する機能がないため、作ったカカオは破棄していたんだそう。

KOKODiiでは、日本でタイ産カカオを販売することが農家の支援に繋がり、さらに商品化に関わる職種を創出に繋がり、タイの地方の若者の職業選択肢を増やすような取り組みに繋がる、と信じ活動されています。

その思いから、カカオを生産しているタイ南部の農園への技術支援や、製品化のノウハウ伝承なども積極的に行われています。

写真提供:KOKODii

私たちがKOKODiiのチョコレートを購入することも、タイのカカオ農園の方々への支援に繋がると考えると、応援したくなりませんか?

とはいえ、もちろん味は大事。実際に食べてみた感想をレビューしてみたいと思います。

KOKODiiのNight Cacaoを実食!

KOKODiiでは2種類の商品が販売されます。

  1. プレーン:2,480円(4粒) 
  2. スパイスミックス:2,780円(4粒)

今回実食したのはスパイスミックス。プレーンとスパイスのチョコレート2種を組み合わせたものです。

箱のデザインは騙し絵になっています。

“パートナーとは生物学的な女と男だけではない多様な形がある”という思いから、このデザインにされたそうです。

中には、プレーンチョコレートが2粒、ジンジャー&カルダモンが1粒、チリ&ペッパーが1粒という組み合わせ。

食べる順番として、プレーンジンジャー&カルダモンチリ&ペッパーがおすすめ、と村田さんに教えていただきまた。

という訳でまずはプレーンから。

風味を一番引き出す高カカオ70%で仕上げられたというこちらのチョコレート、甘さ控えめで、まさに大人のチョコレート!

ほのかな甘みが味わい深くて、これは絶対にワインに合いますね。

実は甘いチョコレートがそこまで得意でない私、このチョコレートなら何個でも食べられそう!かなり好みです。

ジンジャー&カルダモンは、口に入れた瞬間にジンジャーの辛みがピリリときてビックリ!こんなチョコレートは初めてです。

辛みが引いた後にやってくる、ほんのりとした甘みで「あ、私チョコレートを食べてたんだった!」と思い出させてくれます笑

身体を温めてくれる効果のあるジンジャー&カルダモン、まさに寝る前に食べるのにピッタリなチョコレートですね。

チリ&ペッパーは、チョコレートというよりは、おつまみを食べているような感覚。

唐辛子やブラックペッパー、ガーリックが入っていて、タイ料理を連想させる刺激的な味です。タイのチョコレートメーカーでは、唐辛子を加えた商品も多いんです。

チョコレートとのマリアージュといえばワインを連想しますが、これは案外ビールも合いそう。

ぷくこ

いわゆるザ・チョコレートが好きな方はプレーンがおすすめ!

お酒と一緒に味わいたい方は、スパイスミックスを是非試してみてほしい!新しいチョコレートの魅力を発見することができます。

甘いチョコレートが苦手な男性にも、バレンタインにプレゼントしたら喜ばれそうです◎

KOKODiiのチョコレートを買える場所

KOKODiiのNight Cacaoは、以下の場所で購入可能です。

店頭販売

よくイベント出展をされています。出店情報はInstagramをチェック!

オンラインショップ

オンラインでも配送可能です。クール宅急便で届けてくれるので、遠方でもチョコレートの風味がそのまま残っています。

冷凍保存もできますよ◎

ぷくこ

最新の出店情報は公式Instagramを要チェックです!!

ABOUT ME
アバター
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。

こんな記事もおすすめ