タイ料理

【Arno’s Thai】バンコクで熟成肉といえばのArnosが手がけるタイ料理店

最近バンコクでも続々と新店をオープンさせ、勢いを増すArno’s。

乾燥熟成肉が有名なArno’sですが、2018年にはタイ料理店をオープンさせています。

ずっと気になっていたんですが、ようやく先日行くことができました!!

美味しい牛肉を使った変わり種タイ料理で、とっても満足でしたヾ(´∀`)ノ

 

Arno’s Thai の場所

Arno’s Thaiがあるのは、BTSチョンノンシー駅からずーっっとナラティワート通りを南下していった先。

BTSチョンノンシー駅からBRT(バス高速輸送システム)で、タノンチャン駅まで行くと目の前がお店になっています。

私たちは車で行きましたが、駐車場はなく路上駐車するのが暗黙の了解のようになっていました。

こちらがお店です。向かって左手がレストラン、右手が精肉屋さんとなっています。

 

広告

Arno’s Thai の店内

店内はレンガ調の造りですごく綺麗です。できてまだ1年も経っていませんもんね。

隣のお肉売り場のショーケースの前にも席を作っていました。

それも必然。12時を過ぎると店内は満席!途中から並んでいる人もいるくらいでした。周辺で働いている人がランチに来ている雰囲気でした。

ショーケースの中には、パックのお肉がずらり!薄切りにされていたりと、使い勝手のよい形で販売されていて嬉しい!!

ケーキも販売されていました。パッションフルーツタルト、気になる〜!!

パンも販売されていました。バゲッド25バーツなんて激安!!

 

Arno’s Thai のメニュー

タイ料理店という形態を取っていますが、メニューはヌードルとガパオが中心。

店員さんにオススメを聞きながら注文してみたメニューがこちら。

Beef Paleron 99B(約340円)

まずは麺から。頼んでみたのは、肩肉部分のお肉。薄切りにされていて食べやすいです。

麺がというより、とにかくお肉が美味しい!!

100B以下のクイッティアオで、こんなに美味しいお肉がたっぷり入ってたらエムクオのフードコートで高いクイッティアオ頼むのためらってしまうわ…。

麺は、お姉さんオススメのセンレック(ショートヌードル)にしてみました。

Beef Short Ribs 99B(約340円)

こちらは友達の頼んでいたショートリブ。お肉の旨味がたっぷり出るのはこっちのお肉だと思います!!骨付き肉なので、少し食べづらいのが難点でしょうか。

麺はバミー(卵麺)にしていました。

Sliced Beef Tenderloin 240B(約840円)

もうひとつオーダーしたビーフガパオは2人でシェア。お肉、お米、副菜がバラバラで来て自分で混ぜる感じになるんですね。変わってる〜!!

贅沢にもテンダーロインにしてみましたが、こちらもお肉が美味しすぎる!!くさみもないし柔らかいしで、ガパオにするにはもったいないくらい!笑

辛さを、4段階で選べるんですけど、ノンスパイシーの次に辛くないスパイシーを選んだはずなのに、けっこう辛かったです!!

でもノンスパイシーも物足りなさそうやし、悩みどころですね。

 

まとめ

以上、熟成肉のArnosが手がけるタイ料理店「Arno’s Thai」の紹介でした!

とにかくお肉が美味しかった!!しかも安い!!

正直タイ料理を食べに来た感はあんまりないんですけど、凄く満足感がありました。

帰りにお肉も買って帰りました。焼いて食べるだけなのに美味しかったです!!

もっと近くにあれば嬉しいのになあ。

 

店舗詳細

Arno’s Thai

 

※2019年3月3日現在:1バーツ=約3.5円

ABOUT ME
ぷくこ
ぷくこ
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!