バンコクごはん

バンコクで一番と名高い小籠包の名店「永和豆漿(Yong He Dou Jiang)」@チョンノンシー

いつからここが、「バンコクで一番の小籠包」と呼ばれるようになったんでしょう?

少なくとも、私がタイに来た4年前には既に言われていましたね。

タイに来てすぐの頃に、「小籠包の美味しいお店があるよ!」と言って、連れて来てもらったことをよく覚えています。

確か、ここに行くときに初めてBTSシーロム線に乗って、初めてチョンノンシー駅に降り立ったんでした。

ま、そんな昔話はしはさておき、ここの小籠包はその名に違わず、本当に美味しい!

今更ですが、少し前にもまた行ってきたのでご紹介します。

 

永和豆漿(Yong He Dou Jiang)

言わずとしれた小籠包の名店。

タイ人の奥さんと、台湾人の旦那さんとで営む中華料理店です。

いつも「永和なんとか…」って呼んでたけど、実際はヨンフー・ドゥジャンと呼びます。私も今度こそちゃんと覚えたい笑

1,999年創業で、2006年にお店を今のところに移転させたそうです。

いつもお客さんで賑わってる大人気店です〜!!

 

場所

お店があるのは、BTSチョンノンシー駅から徒歩2分ほど。この立地の良さも人気のひとつかもしれませんね。


Google Mapで開く

シーロム線チョンノンシー駅についたら、3番出口を出て、北へ(マハナコンタワーとは反対方面)。左手に、お店が見えてきます。

この印象的な看板が目印です。

 

店内

店内はそこまで広くありません。

少し早めの時間に行ったのに、既にお客さんが。そして、すぐに満席になりました。

一応2階席もあるようです。

ソファ席はありませんが、ベビーチェアはありますよ。

お店で使われてる調味料も売られています。

 

メニュー

本当はメニューを見て、右の紙に書いていくんですけど、面倒だからいつも指差し注文。

空芯菜炒め 95B(約320円)

タイ料理屋でも中華料理でも、どこに行っても旦那が頼む空芯菜炒め。にんにくがきいて美味しい〜!!

蟹炒飯 135B(約460円)

子供用に頼んだ炒飯。美味しすぎて大人もめっちゃ食べるっていう笑。

焼餃子 140B(約470円)

前はもっとパリパリだったと思うんですけど、この日頼んだ餃子はちょっとベチャっとしてました。油多すぎかなあ。

※後日また頼んでみたら、羽がパリッパリでいつもの美味しい餃子でした。

牛肉のネギパン包み 195B(約660円)

牛肉と一緒にネギとキュウリが入っていて、それをパリパリの生地で包んでいます。

小籠包 210B(約710円)

そして小籠包。キャベツの上にのってるのがこのお店の特徴。

生姜に黒酢をたっぷり吸わせて、一緒にいただきます!!

あー肉汁たっぷりで美味しすぎる〜!!!

何個でもペロリといけちゃいます。2人で8個食べたけど、もっと食べたくなりました。

 

まとめ

以上、チョンノンシーの永和豆漿(Yong He Dou Jiang)について紹介しました!

ここ、ひとつ難点を上げるとすれば、年々値段が上がってることですね…。以前の値段は忘れましたが、小籠包8個で200バーツ超えっていことはなかったはず!

中華食堂のような雰囲気で、この値段は高い気がします。

でもチョンノンシーに行ったら、ついつい立ち寄っちゃんですけどね (´∀`;)

テイクアウトもできるので、チョンノンシーのプレイグループの後に、よく買って帰ってたなあ。

テイクアウトだと、よくジャージャー麺を頼んでました。価格も手頃だし美味しいのです。

 

店舗詳細

永和豆漿(Yong He Dou Jiang)

  • 住所:66 Narathivasrajchanakarin Rd.,Silom,Bangrak,
  • 電話02-635-0003
  • 営業時間:11:00〜22:00
  • 定休日:なし
  • HPhttp://www.sukanyayonghe.com/
  • キッズ情報:ベビーチェアあり・ソファ席なし

※2018年12月19日現在:1バーツ=約3.4円

ABOUT ME
ぷくこ
ぷくこ
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!