2024年5月現在:1バーツ=約4.2円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

バンコク育児

【TONCHAN PLAYGROUND(トンチャンプレイグラウンド)】実質無料で外も中も遊び放題!動物園近くのキッズカフェ

当サイトは記事広告・アフィリエイトによる収益を得ております

バンコクの有名な動物園、サファリワールド近くに【TONCHAN PLAYGROUND(トンチャンプレイグラウンド)】というキッズカフェを発見!

バンコクで男の子育児に奮闘中のHARUさんから、実際に行ってみたレポートが届きました。

HARUさん

場所が少し分かりづらく、たどり着くまで本当にあるのか不安になりましたが、現地の方に愛される素敵なキッズカフェがありました!

こちらのキッズカフェは、店内で飲食をすれば実質無料!

しかも時間無制限で遊ぶ事ができます。

詳しくご紹介していきますね!

トンチャンプレイグラウンドの場所

トンチャンプレイグラウンドはサファリワールドと同じ、クローンサームワー区にあります。

スクンビットエリアからだと、サファリワールド入口に続く大通りをUターンして細い道を左折し入っていった先に位置しています。

奥の方にあって大通りからはあまり見えないので、一瞬不安になりますが大丈夫です!

スクンビットエリアからは車で約1時間。

電車が通っていないエリアのため、車で行くのがベターです。

配車アプリのGlabだと「Ton Chan Green Farm」が選択できますが、最後入る道が少しずれているので、そこだけ直接指示した方が良さそうです。(料金はGlabで300〜400バーツ程度 ※変動あり)

配車アプリBoltでは「TonChan Playground」が選択できるものの、やはり最後の曲がる道が違うようなのでご注意下さい。

自家用車で行く場合、駐車場はないのですが、店前の路上に駐車していいとのことでした。

トンチャンプレイグラウンドの利用料金と注意点

到着したら、まずは店内で受付をします。

HARUさん

ただ、我が家は最初システムが分からず、受付もしないで屋外で遊んでましたが何も言われませんでした。

結局、食事の注文と同時に利用料金の清算することに。それでも特に問題なさそうでした。

利用料金は以下の通り。

  • 子ども:100バーツ
  • 大人:150バーツ

※身長100cm以下無料

ですが店内飲食をすれば、これらの利用料金が同額分差し引かれる仕組み!

つまり実質無料!

しかも時間制限はなしで遊び放題!

ちなみに靴下の要否に関する記載は特になく、裸足で遊んでいる子がほとんどでした。

トンチャンプレイグラウンドの遊び場の様子

屋外遊び場

トンチャンプレイグラウンドの屋外遊び場は、大きく3つのエリアに分けられます。

ゴーカートがあるプレイグラウンド、ストライダーエリア、大きいお砂場の3エリアです。

到着してまず目に入るのが、楽しそうなプレイグラウンド。

いろんな種類のゴーカートがたくさん。

こちらのゴーカートは自分でペダルを踏んで進む事はもちろん、リモコンを借りれば大人が操縦して進める事もできるんです。

まだ自分で操縦できない小さいお子さんでも楽しめますね!

なお、リモコンを借りるのは別途40バーツかかります。

2輪や3輪の自転車もあります。

プレイグラウンド内を周回したり、後ほどご紹介するストライダーエリアでも遊べます。

トランポリンもプレイグラウンド内にありました。

そして受付棟の前にあるのがストライダーエリア。

ストライダーは持参したものでも、もちろん大丈夫です。

最後に、奥にあるのが屋根付きの大きなお砂場です。

こちらは靴を脱いで裸足で遊ぶよう注意書きがありました。

サラサラの砂だったので服は結構砂まみれになるのを覚悟していてください笑

近くにホース付きの蛇口があるので、みんなそこで砂を流していました。

屋内遊び場

屋内遊び場は2箇所です。靴を脱いで入ります。

こちらが受付がある棟のプレイスペース。

0〜2歳くらいの比較的小さいお子さんが遊べるおもちゃが置いてあります。

中からはストライダーエリアを見ることができます。

もう1箇所、奥のお砂場隣にある棟内にもプレイスペースがあります。

こちらではタイ人の小学生くらいの子達が楽しそうにずっと遊んでいました。

HARUさん

こちらの棟の屋外席はお砂場に面していて屋根もついているので、暑さが気にならなければ、食事をしつつ外で遊ばせることもできて良さそうです。

トンチャンプレイグラウンドのカフェスペース

トンチャンプレイグラウンドにはお食事ができる棟が2つあり、まずは手前(ストライダーエリア前)の棟内にあるレジで注文をします。

音が鳴る番号札をもらい、出来上がり次第セルフで取りに行くシステムです。

ハイチェアやキッズカトラリーも基本セルフサービスです。

お食事後のお皿の片付けもセルフ。タイでは珍しいですね。

こちらがお食事メニュー。バンコク中心部に比べてお値段が少しお安いのが有難いです。

キッズメニューもありました。

私はチキン照り焼き(右下)を注文しましたが、普通においしかったです!

これで139バーツは大満足。

ちなみに、コーヒー等のカフェメニューはお食事と同じ場所で注文できず、プレイグラウンド横のカフェ店内で注文する必要があります。

カフェメニューはこちら。

カフェ内からはプレイグラウンドを見ることができるのはいいのですが、私が行った日は冷房が機能しておらず、かなり暑かったので誰もいませんでした。

トンチャンプレイグラウンド まとめ

以上、実質無料で遊び放題のトンチャンプレイグラウンドをご紹介しました。

わが家が行った際は、周りはタイ人子連れファミリーでとても賑わっていました。

現地の方にとっては馴染みのキッズカフェなのかもしれませんね。

食事のお値段も比較的リーズナブルでおいしかったので、動物園と合わせて食事がてら立ち寄るのもアリだと思います!

HARUさん

近場の遊び場に飽きてマンネリ化している方には特にお勧めしたい素敵なキッズカフェでした!

トンチャンプレイグラウンド 施設概要

住所248 Liap Khlong Song Rd,
Bang Chan, Khlong Sam Wa,
Bangkok 10510
地図GoogleMapで開く
営業時間10:00〜18:00
(ラストオーダー17:30)
定休日月曜日
WEBFacebook

こんな記事もおすすめ