2024年1月現在:1バーツ=約4円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

アユタヤ

【Little Forest and a Big River(リトルフォレスト)】自然の中でのびのびと遊べるアユタヤのキッズカフェ

Ayumi

こんにちはAyumiです。InstagramXでは、家族で楽しめるタイのお出かけスポット・子育て情報などを紹介しています。

自然の中でのびのびと遊べるキッズカフェ【Little Forest and a Big River(リトルフォレスト アンド ア ビッグリバー)

アユタヤ県にありますが、パトゥムターニーとほぼ隣接しています。

実はこちらのお店は、ノンタブリーにある人気のキッズカフェ【Little Barn】の系列店。

バンコクにあるキッズカフェは室内がメインのお店が多いですが、アユタヤにあるこちらは、水と緑に囲まれた自然たっぷりの屋外プレイエリアが魅力的!

バンコクではなかなか体験できない遊びが楽しめたので、詳しくご紹介していきます。

リトルフォレストの場所

リトルフォレストがあるのはアユタヤエリアのリバーサイド。

アユタヤとパトゥムタニの県境の付近にあるので、バンコク市内から車で約1時間ほどで到着します。

リトルフォレストの利用料金と注意点

リトルフォレストの利用料金は下記の通りです。

対象料金
100cm以上200THB
75〜100cm150THB
75cm未満無料
大人100THB
※カフェ利用1,000THB毎に100THBの割引あり

遊び場を利用するには、カフェのカウンターで支払いをし、リストバンドを受け取ります。

遊び場は時間無制限、1日何度でも入退場できます。

リトルフォレストの遊び場の様子

リトルフォレストでは、自然の中でのびのびと、時間を気にすることなくお外遊びが楽しめます。

遊び場には、本物の木や廃材などを利用した手作りの遊具がたくさん!

例えばこちらのターザンロープは、どこか懐かしさを感じるタイヤで作られた物。

お絵描きコーナーと、トランポリン。

絵の具を使って、大きな布にお絵描きができます。

衣類の汚れ防止に、スモックもありました。

こちらはキックボードやストライダーのコース。

足漕ぎの乗用玩具は子どもたちに大人気でした。

奥に見えるのは、バトミントンや的当て、ボール遊びなど。

ソリでくだる滑り台も。

どろんこ遊びが楽しめる池。

最近は見ることの少ない井戸ポンプに、子どもたちは興味津々!

お砂場は二つあります。

一箇所はノーマルなお砂場。

もう一箇所には、ショベルカーのような遊具。

レバーを使ってアームを動かすのですが、これが結構難しくて苦戦しました。

木にかかる吊り橋を渡った先には、滑り台があります。

手動ジェットコースターはスリル満点!

かなりのスピードが出るのでご注意を。

訪れた日はまだ準備中でしたが、湖の岸辺にデイキャンプゾーンがオープンしました。

デイキャンプの利用は別料金。

人数によりパッケージ価格が変わります。(2023年3月時点)

時間

10:00〜14:00 / 14:30〜18:30

料金

  • Aタイプ  (3〜4名):2,590THB
  • Bタイプ  (7〜8名):4,590THB
  • Cタイプ  (12〜15名):8,590THB

デイキャンプパッケージに含まれるもの

  • カヤック、SUPのレンタル
  • 自転車のレンタル
  • テント、椅子、テーブルなどのレンタル
  • バーベキューセット
  • プールエリアの利用
  • 遊び場の利用

デイキャンプは基本パッケージ以外に、シーズン毎のキッズキャンプがあります。

詳しくはお店の公式ページをご確認ください。

リトルフォレストのカフェスペース

リトルフォレストのカフェスペースは、遊び場から道を挟んだ向かい側。

リバーサイドにあるので見晴らしがよく、ゆったりとした時間を過ごせます。

大きな窓から光が差し込み、明るい店内。

木漏れ日が気持ちいい屋外席もありますよ。

チャオプラヤ川を眺めながら、のんびりと寛げる席も。

メニューは系列店のLittle Barnと同じくタイ料理がメインですが、キッズメニューや軽食、ドリンクも豊富にあります。

他に、ショーウィンドウにケーキがありました。

どのメニューもお手頃なお値段ですが、1,000THB以上の飲食で遊び場のチケットが100THB引きになります。

今回はピザと、オムレツが乗ったご飯、チキンカツのサラダをオーダーしました。

オムレツご飯にはケチャップをかけて、オムライスのようにして食べるのがお気に入りです。

リトルフォレスト まとめ

いかがでしたか。

時間を忘れてのんびりと、緑いっぱいの遊び場で過ごす休日は、お子様だけでなくパパやママもリラックスできるはず。

手ぶらで行けるデイキャンプは、お子様との初めてのキャンプ体験にもオススメです。

以上、バンコクから日帰りで行ける自然の中のキッズカフェ、リトルフォレストのご紹介でした。

リトルフォレスト 施設概要

地図GoogleMapで開く
営業時間平日 11時00分~19時00分
土日 10時00分~19時00分
定休日水曜日
電話095-998-6244
WEBHP・Facebook・Instagram
キッズ情報ハイチェアあり・子ども用トイレあり・シャワーあり
ABOUT ME
Ayumi
Ayumi
タイ在住、小学生の母。 タイでの子連れお出かけスポット、子育て情報を中心に、話題のお店などをSNSで発信。 最新情報は、Instagram・Twitterから!

こんな記事もおすすめ