2024年7月現在:1バーツ=約4.4円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

バンコクごはん

タイ・バンコクで食べたいドリアンマッサマンカレー2選をご紹介!

当サイトは記事広告・アフィリエイトによる収益を得ております

「世界の美食トップ50」で1位に選ばれたタイのカレーと言えば、マッサマンカレー!

そのマッサマンカレーの中でも、なんと今回は「ドリアンマッサマンカレー」をご紹介!!

「ドリアン好きなんて少数派では?」なんて思われそうですが、大丈夫!

今回は、ドリアンが嫌いな方でも食べれるマッサマンカレーを厳選しました◎

ぷくこ

ぜひ、参考にしていただければ嬉しいです!

マッサマンカレーとはどんな料理?

「マッサマンカレー」とは、タイ南部で有名なイスラム風のカレーです。

具材は、鶏肉や牛肉、変わり種だとマトンやラムなどの肉類がメイン。

その他、玉ねぎやジャガイモの野菜、カレーペースト、そしてタイ料理ならではのピーナッツやココナッツペースト、スパイスなどで煮込んでいます。

日本人にとってタイのカレーのイメージは「グリーンカレー」だと思いますが、「マッサマンカレー」の方が、より外国人にとって親しみやすい味になっています。

タイ在住者にも人気の高い一品です!

ドリアンマッサマンカレー2選

そんなマッサマンカレーのなかでも、ドリアンが具に入っているものがあります!

美味しいおいしいドリアンマッサマンカレーが食べられるお店をご紹介していきますね。

【プロンポン】シートラット(Sri Thrat Restaurant and Bar)

BTSプロンポン駅からスクンビットソイ33を徒歩10分ほど。

ミシュランにも何度も掲載された名店「シートラット」。

店内に入るとレトロな雰囲気が広がっています。

なんとこの店、日本の観光ブックに載るほどの有名店なのです。

有名店「シートラット」の特徴は、タイ東部トラート県の郷土料理であるということ!

壁に描かれているオーナーのおばあちゃんのレシピを再現しているそうです。

ドリアンチキンマッサマンカレー(280B)

ドリアンもチキンも大きい!

とにかくチキンはホロホロでおいしいです。

甘さと辛さが一緒に来ますが、辛さが結構効いています。

そして肝心のドリアンはと言うと、固めで、匂いはしっかりドリアンです!!

シャキシャキとした食感で、ドリアン臭は強めですが、ココナッツとスパイスが混ざっていて、野菜のようで食べやすいです。

逆ドリアン好きからすると、匂いがあまりないから物足りないかも?

ぷくこ

ドリアンマッサマンカレーや、いつもと違うタイ料理を食べたい方は、ぜひタイ東部トラート県の郷土料理屋さん「シートラット」に足を運んでみてください。

「シートラット」ならではの、酸味のある独特なカレーに出会えます!

シートラット店舗概要

アクセスBTSプロンポン駅から
徒歩約10分
地図Google Mapで開く
営業時間11:00~22:00
(定休なし)
WEBFacebookInstagram
キッズ情報ベビーチェアあり・ソファ席あり

【エカマイ】マザーメイアイ(Mother May I)

BTSエカマイからエカマイソイ10を徒歩約20分弱歩くと、「Mother May I」に到着。

ご覧の通り、素敵なお庭が出迎えてくれます。

スペースの広い一軒家レストランで、かつ2階にもテラス席があるので、大人数での利用もできそうです。

とにかく白を基調としたこの空間は、おしゃれで女性が好きそうです。

分厚いメニューは嬉しい写真付き!

英語もあるので、わかりやすく頼みやすいです。

ちなみに、今回はドリアンマッサマンカレーをご紹介しますが、苦手な方は「No Drian」つまりドリアン無しでの注文もできます!

ドリアンは特に好みが分かれるので、ありがたいサービスですね。

ドリアンチキンマッサマンカレー(250B)、ココナッツご飯(55B)

「Mother May I」では、ドリアンマッサマンカレーと、ココナッツご飯を注文。

ドリアンチキンカレーのチキンは、レンゲから飛び出るほどの大きさで、もはやフライドチキンのよう。

このチキンに加え、他にはジャガイモとドリアンが具材として入っています。

チキンだけでなく、ドリアンも大きめで固さもあります。

ドリアンの臭いはもちろんしますが、臭みがなくジャガイモのようなので、苦手な人でも食べやすい!

ちなみにカレー自体は、辛いです。

今回カレーと一緒に注文したココナッツご飯は、まさにカオニャオマムアンの味!

相性抜群でおいしいです。

お店の方にインタビューをすると、どうやら「Mother May I」では、カレーに使用しているドリアンが一味違うようです。

なんと、カレーに合うように匂いの少ない若いドリアンを使用されているそう!

さらに、チキンは12時間煮込んでいるとのことで、随所にこだわりが感じられます。

今回は、ドリアンマッサマンカレーをいただきましたが、ラムのマッサマンカレーも人気なようですよ。

ぷくこ

Mother May Iは、素敵な庭付き一戸建てレストランで、日本人でも食べやすいタイ料理がいただけます!

マザーメイアイ店舗概要

アクセスBTSエカマイ駅から
徒歩約18分
地図Google Mapで開く
営業時間11:00~22:00
(定休なし)
WEBFacebookInstagram

まとめ

以上、ドリアン嫌いでも食べられるドリアンマッサマンカレーをご紹介させていただきました。

ドリアンが苦手な方は、「Mother May I」、ドリアンが好きな方は「Sri Trat」が食べやすいという結果になりました!

ですが、たっぷりのココナッツミルクやスパイスと煮込まれているので、ドリアンの味はいつもよりマイルド。

ドリアンが苦手な方でも食べられると思うので、ぜひタイならではのドリアンマッサマンカレーを試してみてくださいね。

ABOUT ME
アバター
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。

こんな記事もおすすめ