2024年4月現在:1バーツ=約4.1円
写真の無断転載は全面的にお断りしております

バンコク観光

※休業【飛行機墓場】アングラ感満載のバンコク穴場スポット!

当サイトは記事広告・アフィリエイトによる収益を得ております

アングラ感って言い方合ってます?

いやはや、なんとも漂うアンダーグラウンド感…!

まあ、アングラ感って言葉をちょっと使ってみたかっただけなんですけどね笑

はい、本日紹介するのは《飛行機墓場》です。

近くの遊園地に行く途中にあったので、少し寄ってみました!!

飛行機墓場に入るのに許可がいる…!?

飛行機墓場は、スクンビットエリアから車で約40分ほど。

ザ・モールのバンカピ店の近く。

ラムカムヘン通り沿いに、こんな柵に囲まれた場所が。

飛行機墓場

あれ?ここ入れないの…?

と思ったら、人が出てきました!!

「ソンローイバーツ!ツーハンドレッド!!」

あれ、お金いるのね〜。ここに入るのに1人200バーツなんだそう。

中に入ってみたら、本当にここで暮らしているっぽい雰囲気で出迎えてくれました。

子どもたちは水浴びしてるし、お父さんはご飯を食べてるし、なんだか面白い。ここで暮らしてるんだそう。

転がるボーイング747の機体の残骸

飛行機墓場

まず入ってみてビックリするのは、転がる大きな飛行機の機体の残骸。

飛行機墓場

ぐるっと回ってみました。ちょうど登りやすいように、タイヤが置いてあります。

元は乗客の席があった場所。座席は全て取り除かれ、斜めに傾いた床が、その歴史を物語ります。

床はギシギシと今にも底が抜けそうな雰囲気。ちょっと怖いです。

そろそろと操縦席の方へ行ってみました。ワクワク…!

ボーイング747

完全に朽ちてしまった操縦席。こんな光景を見るのは、これが最初で最後なんやろうなあ。

とにかくめっちゃ雰囲気がある場所なので、芸能人の誰か、ここでジャケ写撮りに来たらいいと思う!日本から誰か来ないかな?笑

飛行機墓場

まあしかし私自身はジャケ写なんて撮る必要のないパンピーなので、200バーツ(約700円)のお金を払ってまで入る価値はないかな?なんて思っちゃいました汗

多分、友達同士で写真撮り合ったりして遊びながら来るのが一番楽しいと思われます!!

もしくはカメラ好きな方!!

ぜひぜひここでしか撮れない一枚を撮りに行ってみてください!!

CNNのここで暮らす人を取材した記事があって興味深かったです。

>> バンコクの「飛行機の墓場」で暮らす人々

 
ABOUT ME
アバター
ぷくこ
大阪出身のタイ大好きブロガー。 かわいい雑貨が大好き。 バンコクの観光・生活・育児情報を分かりやすくをモットーに発信中! 楽天ROOMでタイ生活でのおすすめグッズを紹介してます。 応援メッセージはこちらから!
こんな記事もおすすめ