ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

バンコクの漫画喫茶「春らんまんカフェ」@プロンポン

スポンサーリンク

f:id:pukuko15:20170317232024j:plain

記事公開日:2017年3月18日 記事更新日:2017年3月26日

やっと!ようやく!念願の!「春らんまんカフェ」に行くことができました〜!!!

昨年のオープン時からずっとずっと気になっていて行きたかったんですが、里帰り中だったり、赤ちゃん連れだったりで、なかなか行く機会に恵まれなかったのです。

先日ようやく時間を作れたので、ちょっと行ってきましたー(*゚∀゚)=3

スポンサーリンク

 

 

春らんまんカフェ

春らんまんといえば、元々はレンタルコミック店を営業しているお店。2016年9月に、ついに漫画喫茶までオープンしちゃったのです!レンタルコミック店も変わらず営業中です。

それまでバンコクの漫画喫茶というと、レストランと併設になっていて、漫画がたくさん置いてある定食屋という感が拭えなかったのですが、この「春らんまんカフェ」は、完全に日本の漫画喫茶と同じ。

24時間オープン、個室ブースあり、フリードリンクコーナーあり、シャワー完備…と、至れりつくせりのお店なのです。

 

場所

場所はスクンビットソイ39のマイポーチのお隣。


GoogleMapで開く

f:id:pukuko15:20170317232024j:plain

プロンポン駅から徒歩約5分という立地が魅力的ですね。

ソイ39を更に行くと、もうひとつ漫画喫茶「オレンジハウス」があります。そして更に行くと、レンタルコミック店「春らんまん書房」。ソイ39はすっかり漫画通りになりました。

 

利用料金

気になる利用料金は以下の通り。

f:id:pukuko15:20170317233109p:plain
別途税金7%要

現在プロモーション中ということで入会金は必要ありませんでした。

精算は、1時間を過ぎた時点から10分毎ごとの自動精算となっています。また、3月末までは、初回利用時のみ最初の1時間が10バーツ(約32円)になるプロモーションも行っています!

中学生未満は半額、小学生未満は無料だそうです。家族で漫画喫茶とか憧れます!(え、私だけ?)

 

店内

f:id:pukuko15:20170317234024j:plain

店内は、漫画が天井までズラリ!たくさんありすぎて、読みたい漫画を探すのに手間取ってしまいましたヾ(*ΦдΦ)ノモッタイナイ!

f:id:pukuko15:20170317235531j:plain

ランキングコーナーも。どうでもいいですが、8位にある「中間管理職トネガワ」面白いですよー!「カイジ」のスピンオフ作品なんですが、読んでなくても楽しめます(*゚∀゚)=3

 

f:id:pukuko15:20170317234226j:plain

毎週1回、新刊を日本から取り寄せているそうです。最新の漫画が読めるのは、ほんっとーに嬉しい!

f:id:pukuko15:20170317234333j:plain

(あ、写真ぶれてる…)

1階は、奥に漫画の棚、手前にテーブルがあります。ちなみに旦那氏のお気に入りは、1階のレジ裏にあるソファ席。私が日本に帰っている間、ほぼ毎週来て漫画を読んでいたそうです(;´∀`)

f:id:pukuko15:20170317234623j:plain

2階は、喫煙の出来るソファ席。ちゃんと、部屋に扉がついているので廊下まで煙がもれません。個人的には、この1人用ソファ席を禁煙席にも作って欲しいなあと。喫煙ルームの椅子だけ快適そうでズルい…!

f:id:pukuko15:20170317235038j:plain

3階は、扉のついた個室ブース。11部屋あります。この感じ、本当に日本の漫画喫茶を思い出します!

f:id:pukuko15:20170317235205j:plain

ブースの中はこんな感じ。けっこう広々としていて2〜3人でも使えそうです。

f:id:pukuko15:20170326192203j:plain

4階には、3人以上で利用できるファミリールームがあります。大人2人と赤ちゃんでも利用できました。

f:id:pukuko15:20170326192245j:plain

ファミリールーム内に、シャワーブースもあります。

各階Wi-Fi有りで、フロントで言えばパソコンも貸してもらえます。ちなみにこのWi-Fiがけっこう強力で両隣のレストラン(マイポーチとクルン・サイアム)どちらでも使うことができました(;´∀`)

 

フード・ドリンク

今回食事は利用しませんでしたが、日本人シェフが作っているということで、今度食べてみたいです。

f:id:pukuko15:20170317235341j:plain

平日は、ランチタイム(11:00〜15:00)に200バーツ以上注文すると、1時間分の席料が無料となるサービスも実施中です。

他の漫画喫茶「オレンジハウス」と「KOTO」は、漫画喫茶だけでなく食事も魅力なので、こちらも負けてられないですよね。

f:id:pukuko15:20170317235515j:plain

ドリンクは無料。2階にも同じようなドリンクコーナーがあります。が、カプチーノやカフェオレを作れるマシーンは1階のみなので注意。また、別料金でアルコールも注文できます。

 

まとめ

ちょっと値段が高いのが残念ではありますが、蔵書の豊富さ、店内の綺麗さ、椅子の快適さは、他のバンコク内の漫画喫茶に比べればピカイチです。

f:id:pukuko15:20170318000007j:plain

この日はずっと気になっていた「キングダム」の最新刊が読めてとりあえず満足ヾ(´∀`)ノ あと、「約束のネバーランド」が中途半端にしか読めなかったので、近々読みに行かねば…!

他のお客さんに迷惑さえかけなければ、赤ちゃん連れの入店もオッケーだそうですし、ちびさんのご機嫌を見ながら再訪したいと思います。

 

店舗詳細

春らんまん Comic Cafe & Bar
住所:20/12 Soi 39, Sukhumvit Rd. (マイポーチの横)
電話:02-100-9102
営業時間:24時間
定休日:なし
HP:https://www.haruranman.com/

※ 2017年3月17日現在:1バーツ=約3.2円