旅行

まさに海外在住の一時帰国用に作られたSIM!ハナセルの【ジャパンSIMカード】が凄く良かった!

今回の一時帰国で使ってみてほしいと紹介された【ジャパンSIMカード】

これが思いの外、凄く良かった!

まさに、海外在住者の一時帰国用に考え抜かれて作られたSIMカードで、色々と細かいところに配慮が行き届いているサービスやなと実感。

一時帰国時に電話番号も欲しい方や、毎回手続きをするのが面倒な方は必見です!

細かく紹介していきますね!

ジャパンSIMカードの詳細を見てみる

 

ジャパンSIMカードの特徴

まず簡単に、ジャパンSIMカードの特徴を説明していきますねーー!!

  • 使わない月は料金ゼロ!(維持費のみ年間8米ドル・初年度無料)
  • 日本の携帯電話の番号がもらえる!
  • ずっと同じ携帯電話番号!帰国のたびに手続きする必要なし!
  • データが発生した月だけ、データ定額が自動適用!
  • LTE高速データ使用!月7GBまで速度制限なし!
  • 解約手数料無料!初期費用39米ドルのみ!

海外在住者としては使いやすいサービスで、本当に考えられてる!

年間8米ドルで電話番号を保管してくれたり、データが発生した月だけデータ定額適用とか、「それそれ!」って感じ。

解約手数料が無料なのも、お手軽でいいですよね。

 

広告

ジャパンSIMカードの利用料金

ジャパンSIMカードの利用料金はこちら。

HPにも載ってるんですけど、米ドル表記なので少し分かりづらいので、2019年8月27日現在の為替で円表記させていただきます。

初期費用39米ドル(約4,120円)
維持費初年度無料
※2年目から年間8米ドル(約850円)
あんしん補償(任意)年間24米ドル(約2,530円)
データ通信月59米ドル(約6,240円)
※データが発生した月だけ
解約手数料無料

かなり安くないですか?

一度申し込んだら、年間約850円で番号を保管してくれて、そのSIMを差し込むだけで、日本の空港についた瞬間からデータ通信が使えるなんて!

データ通信が、毎月1日〜31日の間で月59米ドル(約6,240円)なので、月をまたいで一時帰国すると、データ使用量に関わらず二月分通信量かかるのが、ちょっと難点かな。

▼音声通話の料金はこちら。

ジャパンSIMカードHPより

着信は無料、ソフトバンク携帯宛なら1〜21時無料。

でもLINE電話のある今の時代だと、一番使うのは固定電話宛かな。それが1分約90円なのはちょっとお高め。

 

実際にジャパンSIMカード使ってみた

実際にジャパンSIMカードを使ってみました。

ジャパンSIMカード利用の流れ

一時帰国数日前

まず、タイにいる間にジャパンSIMカードのHPで申し込みます。

ジャパンSIMカードのHP

世界各国へ発送しているそうなんですが、タイへの発送だと在留証明か在留届の写しがいるとのことで、ちょっと面倒だったので空港受取にしました。

申込時に、世界最貧国の1つとして知られるアフリカのマラウイ共和国の子どもたちに60日分の給食を届ける募金も選択できるよ

 

空港到着

ハナセル

関空到着後に、3階のお土産物屋さんで受け取り。早朝着でしたが、7時からやってたので助かった!!

申込みの名前を伝えて書類に必要事項を記載したら、パスポートでの本人確認。それ以外は特に何も必要ありません。

本人以外の受取は不可です

 

アクティベーション

ジャパンSIMカード

ジャパンSIMカードは、SIMを差し替えてすぐに使えるわけではありません。

アクティベーションが必要になります。

SIMカードに同封されていた説明書通りに、WEBサイトでアクティベーションの申し込み。

アクティベーションを申請したのが日本時間の夜の19時半。利用可能の連絡が来たのが翌日15時と、少し時間がかかったかな。

日本時間9:00~19:00の間に申請すると、通常2時間以内に回線が開通するらしいから、ちゃんと時間内に申請しておけばよかったです汗

 

ジャパンSIMカード使ってみた感想

最初のアクティベーションでは時間がかかってしまったけど、その後はすこぶる快適!!

ネットが月7GBまで利用できるので、速度制限されることもなく毎日スイスイとネットを使うことが出来ました。

日本で車で出かけるときは、GoogleMapを使うことが多いので、ネットの容量が少ないとすぐに速度制限かかっちゃうんですよね…。

あと、病院とやり取りすることがあったので、日本の電話番号が使えるのも良かった!家族や友達と電話するときはLINE電話があるけど、やっぱり他にかけるときには電話番号があると便利ですね。

次回以降も使うかどうか、今ちょっと悩んでるんですけど(本帰国の可能性もなきにしろあらず)、初年度維持費無料ですし、更新時には連絡をくれるらしいので、ひとまず申し込んだままにしておこうと思います!!

 

ジャパンSIMカード まとめ

以上、ジャパンSIMカードについて紹介させていただきました。

海外にいる期間が長くなってくると、毎回一時帰国のたびにSIMカードやWi-Fiについて考えるのが面倒になってくるんですよね。

ジャパンSIMカードなら、一度手続きしてしまえば、帰国時にSIMを入れ替えるだけですぐにネットや通話が使えるようになる◎

維持費も安いし、これは良いもの教えてもらった!

申込みはジャパンSIMカードのHPから簡単にできますよヾ(´∀`)ノ

ジャパンSIMカードの詳細を見てみる

ABOUT ME
ぷくこ
ぷくこ
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!
日本への一時帰国時におすすめなポケットWi-Fi

日本への一時帰国時の通信環境は悩みのタネですよね。

ぷくこのおすすめは【Wi-Fi東京】!!

>>日本への一時帰国時のWi-Fiレンタルは「Wi-Fi東京」で決まり!!

  • 日額レンタル料金が200円(30日プランの場合)〜
  • 通信容量が無制限!最大10台同時接続可能!

Wi-Fi東京を詳しく見てみる