バンコク観光

【タイ旅行に必携】海外旅行保険付きで年会費無料のクレジットカードおすすめ2選!

海外クレジットカード
タイに旅行に行くけど、保険は入っておいた方がいい?

って、友達がタイに遊びにくるたびに聞かれるんですけど、答えは一択。

ぷくこ
ぷくこ
絶対入っておいて!!

何が起こるか分からない海外。

突然熱を出すかもしれませんし、お腹を壊すかもしれません。いざというときに病院にかかれるように、保険は必須です。

また、保険に入っておけば、デジカメを落とした、鞄を盗まれた、などのアクシデントに対しても保障してくれます。

でも、改めて海外旅行保険に入る必要はありません。

今からご紹介する年会費無料のクレジットカードに入れば、海外での買い物時も便利ですし、海外旅行保険もついてきます。

特にオススメな2つのカードをご紹介させていただきます!

 

抑えておきたい!海外旅行保険の基本的な保償内容

まずはじめに、海外旅行保険のときのトラブルで、どんなことが保障されるのか?を確認しておきます。

  • 傷害死亡:旅行先でケガを原因に亡くなったときに保険金を受け取れる補償
  • 傷害後遺障害:旅行中でのケガで後遺症が残ってしまった場合の補償
  • 傷害治療費用:旅行中のケガの治療費をカバーしてくれる補償
  • 疾病治療費用:旅行中にかかった病気の治療費をカバーしてくれる補償
  • 賠償責任:他人や他人の物に損害を与え、賠償責任を負ったときに保険金を受け取れる補償
  • 救援者費用:遺体や病人の移送・搬送にかかる費用をカバーしてくれる補償
  • 携行品損害:旅行中に自分が所有している携行品(カメラ、バッグ、衣類など)が盗難・火災・破損といった偶発的な事故により損害を受けときに保険金を受け取れる補償

傷害疾病治療費用は、自分がケガや病気をしたときのために、必ず準備しておきたい補償ですよね。

また、賠償責任も大事。子供が走り回って店の物を壊してしまった!など、特に子連れ旅行だと何があるか分かりません。その賠償費用は、思っているよりも高額になることも。

案外、一番使うのは携行品損害かもしれませんね。

友達や家族が何度かタイに来ていますが、実は観光地でスリにあったケースが一度ではありません。財布やスマホが盗まれてしまったケースが何度かあります。

念のために海外旅行保険に入っておくのは、絶対必用なことなんです!!

 

クレジットカード付帯の保険は組み合わせて使うのがオススメ!

ただし、年会費無料でついてくる海外旅行保険の補填額は、それぞれ少なめ。

もし足りなさそうと思ったら、他の海外旅行保険と組み合わせて入っておくこともお勧めします。

 でも旅行でお金を使うし、出来る限り節約したい…

そんな方は、年会費無料のクレジットカードを2枚組み合わせて使うのも有りです。

2枚組み合わせることで、その分、補償金額は合算され、各カードに付帯する保険金額の応じて、損害額を按分し、支払いをしてくれます。

傷害死亡・後遺障害の保険金額は合算されないから注意!

もちろん保険金額は、実費でかかった費用が上限ですよ!

では、具体的におすすめなカードを紹介していきます!

 

海外旅行ならエポスカードが超オススメ!

ショッピングモール・マルイが発行するクレジットカードではありますが、マルイを利用しない方でもかなりメリットの多いエポスカード

年会費永年無料・即日発行・学生でも入れる、ということでメリットの多いカードです。

海外旅行のときには、持っていて損なし!必須のカードです。

ちょっと詳しく中身を見ていきますね。

 

エポスカードの補償内容

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高額500万円
傷害治療費用1事故の限度額200万円
疾病治療費用1疾病の限度額270万円
賠償責任(免責なし)1事故の限度額2,000万円
救援者費用年間限度額100万円
携行品損害(免責金額3,000円)年間限度額20万円

エポスカードは、他のクレジットカードの付帯保険と比較すると傷害死亡・後遺障害の保険金額が少なめではありますが、その他部分は特に遜色ない内容。

 

【エポスカードの特徴①】入会金・年会費が永年無料!

まずはなんといってもこれ!エポスカードは入会金も要らなければ、年会費も要りません。

初年度無料のカードを作って、使わないまま放置→知らないうちに年会費かかっていた…なんてことが防げます。

 

【エポスカードの特徴②】保険が自動付帯!

エポスカードの大きな特徴として、海外旅行保険が自動付帯となっている点があります。

ぷくこ
ぷくこ
自動付帯はとっても便利!

後に紹介する楽天カードは利用付帯となっていて、旅行の前に楽天カードを使って、航空券や空港の交通費を支払う必要があります。

これ、忘れてしまいそうじゃないですか?

そんな心配のないのがエポスカード

たとえ旅行中にエポスカードを使わなくても、持っているだけで保険がついてくるのが魅力なのです。

 

【エポスカードの特徴③】 キャッシュレス診療!

通常、クレジットカードの保険って、治療費を自分で一時立て替えて、後で保険金請求って形が多いんです。

が、エポスカードはキャッシュレス診療が可能です。これだと、病院で治療費を自己負担することなく、治療を受けることが出来ます。

ぷくこ
ぷくこ
病院に行く前に連絡をすると、全世界1,600の病院から最寄りの病院を紹介してくれるよ!

 

【エポスカードの特徴⑤】即日発行!

旅行の準備って、ギリギリにすることが多いと思いませんか?

きっとこの記事を読んでいるあなたも、「来週からタイ旅行やし、色々検索しておこう!」と思って見てくれているんじゃありませんか?

海外旅行保険に入りたいけど、もう来週じゃ間に合わない…

エポスカードなら、即日発行なので、間に合います!!

ただ、即日受け取りができる店舗は限られているので、そこだけ注意が必要です。

 

【エポスカードの特徴⑥】学生・主婦でも発行可能!

タイに住んでから親が来ることが増えました。

夫の母親は専業主婦なので、カードに入ることができないって諦めていたんですけど、エポスカードなら問題なく入れました!

父親に収入があって、その扶養に入っていれば大丈夫です◎

また、大学生の卒業旅行でっていう方も、気軽に入れますよ〜!!

 

皆持ってる楽天カードもオススメ!

持っておくと便利な楽天カード。持ってるよって方も多いのでは?もちろん私も持ってます!

楽天カードに入るだけで2,000ポイントもらえて、カードを使って買い物するとポイント2倍。

普段の生活でもポイントが貯まりやすいですし、貯まったポイントは楽天で買い物するというイメージの湧きやすさが魅力ですね。

そんな楽天カードも、年会費無料なのに、海外旅行保険も無料でついてきます!!

 

楽天カードの補償内容

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高額2,000万円
傷害疾病治療費用1事故(疾病)の限度額200万円
賠償責任(免責なし)1事故の限度額2,000万円
救援者費用年間限度額200万円
携行品損害(免責金額3,000円)年間限度額20万円

傷害死亡・後遺障害の最高額が2,000万円と非常に大きいです。エポスカードは500万円なので、その差は歴然。

その他は、エポスカードと大きく変わりません。

 

【楽天カードの特徴①】入会金・年会費は永年無料

まず大前提でコレ!

入会金・年会費は永年無料です!2年目以降もかかりません。

 

【楽天カードの特徴②】保険は利用付帯!

日本を出国する以前に、旅費に関する項目を楽天カードで支払っていること。

旅費に関する項目とは、例えば…

  • 空港までの電車・バス・タクシー代金
  • 渡航先への航空券
  • 旅行代理店で予約した海外パックツアー料金

などが該当します!

楽天カードをメインのカードとして使ってたら忘れないでしょうけど、メインじゃない場合は忘れないように要注意ですね。

 

【楽天カードの特徴③】現地の診療費用は立替後、後日請求

エポスカードとの違いとして、こちらもあげられます。

医療費は一時自分で立て替えた上で、後日診断書を提出して保険金を請求する形となります。

キャッシュレス診療と比較するとちょっと手間がかかりますが、保険金をもらえることには代わりありません。

 

【楽天カードの特徴④】即日発行

楽天カードは申込すると、最短即日で審査結果が分かり、カード発行も可能。

ただ、即日受け取りができる店舗は限られているので、そこだけ注意が必要です。

 

【楽天カードの特徴⑥】学生・主婦でも発行可能

学生や主婦でも入りやすいのが、楽天カードが人気の理由でもありますね。

申し込むと2000円分の楽天ポイントが付与されるという特典付き。

ほんと、楽天を使う人なら絶対みんな持っておいた方がいいです。

 

海外旅行時におすすめなクレジットカードのまとめ

以上、海外旅行時に持っておいた方がいいクレジットカードについてまとめてみました。

結論、エポスカード楽天カードの2枚使いがオススメ。入会金・年会費が永年無料で、海外旅行保険がついてくるとなれば、使わない手はありません。

しかも、2枚の補償金額を合算されるとなれば、2枚持っておいた方が、いざというときに安心ですね。

ただ、エポスカードは自動付帯・キャッシュレス診療ですが、楽天カードの利用付帯・保険金後日請求の部分だけ注意が必要ですね。

エポスカードと楽天カードで、是非安心してタイ旅行に来てください!!

ABOUT ME
ぷくこ
ぷくこ
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!