読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとバンコクに住んでみました。

関西系ネクラ主婦のバンコク駐在妻日記

【バンコク不妊治療】SAFEでタイミング法を試してみる〜流れや費用など〜

スポンサーリンク

f:id:pukuko15:20160903002149j:plain

前回、SAFEに不妊検査に行き、「多嚢胞性卵巣症候群」と診断された私。今後はタイミング法を試していくことになりました。

スポンサーリンク

 

 

スケジュール 

病院によって少しずつ違ってくると思うんですが、私の場合はこんな感じでした。

① 生理が来る

来た時点で通訳PさんにLINEをします。すると、Pさんが今後のスケジュール(薬を飲むタイミングや通院日など)を教えてくれます。 

② 生理開始3日目から薬を飲む

処方されていたのは、「セロフェン」という薬です。排卵誘発剤である「クロミフェン製剤」の一つで、クロミッドのジェネリックに当たるそうです。

初回の時は事前に薬を貰っていましたが、2回目からは生理が来たら病院に貰いに行っていました。PさんにLINEで「◯時に取りに行く」と言っておけばOK。Pさんが対応してくれるときもあれば、カウンターで薬を渡されるだけのこともありました。薬代の支払いも次の内診時にまとめてくれます。

③ 生理開始日から10日後に病院へ行く

病院に行く日付はPさんから指定されます。この日に、超音波検査で卵胞の育ち具合を見てもらいます。私の場合、セロフェンを飲んでいたおかげか、毎回この育ち具合に関しては問題ありませんでした。子宮内膜も良い感じの厚さだったそう。

④ 再度病院に行き注射をしてもらう

さらに排卵を確実にするため、筋肉注射(hCG注射)を打ってもらっていました。 これって必ずしも必要なものではないんですね。私の場合は、先生から提案されるままに注射してもらっていました。筋肉注射は痛い、と聞いていたんですが、そこまで痛みはありませんでした。看護師さんが上手かったのかな??

注射を打つタイミングとしては、超音波検査(③)後すぐのこともあれば、翌日や翌々日のこともありました。自分で打てるのであれば病院に行く必要はありませんが、私は怖かったので病院でお願いしていました。

⑤ 36〜48時間後に排卵

すごいですね。「この時間に排卵があるから、きちんと時間を守ってね!」って言われて、そこまできっちりしないとあかんもんなんや…ってビックリしました。

その後、妊娠しているかどうかは、病院で検査することもできますが、もったいないので生理の有無で判断していました。

 

タイミング法の費用

あくまで私の場合はですが、タイミング法1回毎の金額がこちらです。

診察代 :1,100B(docter&nurse fee)
薬代  :3,250B(セロフェン&注射)
超音波検査 :700B 
合計:5,050B(約14,900円)

どうなんでしょう。日本よりは高いと思うんですが、バンコクの他病院と比較しては分かりません。タイミング法は保険が効く場合があるので、一度会社や保険会社に確かめてみてください。

 

結果

数回試しましたが、タイミング法では結果が出なかったため、次のステップに移ることになりました。くそー、毎回「卵胞も良い大きさだし、子宮内膜も良い厚さだから今度は大丈夫よー」みたいに言われてるから、期待しちゃうじゃないかーー(# ゚Д゚)

◎ 私の不妊治療記録のまとめです。よかったら参考にしてください
【バンコク不妊治療】病院選び〜不妊検査〜不妊治療まとめ

※ 2016年9月7日現在:1バーツ=約2.9円

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

他のバンコク情報・駐在妻ブログはこちらのボタンからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ