生活情報

【バンコク交通】タクシーの乗り方を徹底解説!タクシーで使えるタイ語も!!

年中常夏のバンコク。少し歩いただけでも干からびてしまうので、やっぱりタクシーを使いたいところですよね。

でもタクシーって、なんとなく怖いイメージありませんか?

「ぼったくられそう…」「どこかに連れて行かれそう…」みたいな。(私はビビリすぎて、一人でタクシーに乗ったの来タイ3ヶ月後とかです笑)

この記事では、そんな方たちのために、タクシーの乗り方について徹底解説しています。

こちらもバンコクのフリーペーパー・ニコラボさんに一部写真を提供してもらっています〜!!

 

タクシーの乗り方

まずは基本のキ!

タクシーの乗り方について解説します!!

道で手を挙げて、タクシーを止めます。

この《ว่าง(ワーン)空車》ランプが光っている車じゃないと止まってくれないので注意!

ドアを開けて、行き先を告げ、行けるかどうかを聞きます。

日本だと乗り込んでから行き先を告げますが、タイの場合行ってくれないことも多いので、先に可否を聞きます。

乗り込んだら、メーターがついているかどうか確認します。ついてなかったら「メーター!」とすぐに伝えましょう。

観光地の場合、メーターではなく料金交渉制の場合が多いです。メータータクシーが来るまで待つか、Grabを使いましょう。

 

広告

タクシーの料金相場

タクシーの運賃は距離によって変動します。一応目安の運賃表が車内に掲げられているタクシーもあります。。

初乗りは35Bです。支払いは現金のみで、領収書の発行は一部タクシーのみ可能です。

距離 金額
1km〜 35B
1km〜10km 5.5B/km
10km〜20km 6.5B/km
20km〜40km 7.5B/km
40km〜60km 8B/km
60km〜80km 9B/km
80km〜 10.5B/km
サービスセンターを使って呼び出したとき 20B
スワンナプーム空港・ドンムアン空港から利用したときの空港使用料 50B
渋滞で時速6km以下での走行時 2B/分

これはあくまで目安です。

 

タクシーの注意点

これまで頻繁にタクシーを使ってみて気づいた注意点を挙げておきます。

車体の色によって運営会社が違う!けど気にしなくてよし!

提供:nicoLabo

一応、タクシーの車体の色によって運営会社が違います。

私がタイに来た頃は、緑&黄色はぼったくりやすいとか、ピンクは良い運転手が多いとか、色々と言われていましたが、4年住んでみての結論としては、色での違いはあまり感じません。

 

地図が読めない運転手が多数!

タイのタクシードライバーの場合、英語を話せる運転手さんはあまりいません。

また、住所も読めないという人もいます。Google Mapsを見せてもあまり伝わっていなかったり。

目的地のあるソイ(通り)の名前と番号で伝えるのが一番分かります。

例)スクンビット通り39=スクンビット ソイ サムシップガオ

その他、BTSの駅や有名スポット、デパート名も伝わることが多いです。

あとは近くまで行ってから、自分でGoogle Mapsを見ながらタイ語で道案内をしてあげると良いです。(使えるタイ語に関しては後述)

 

乗車拒否は当たり前!

タイのタクシーで一番腹が立つのが乗車拒否!

これ、かなり頻繁にあります。渋滞時は特に多いですね。また、遠いと行きたくないって言ったり…。

仕方ないので、諦めてすぐに次を探しましょう。諦め肝心!

 

小銭の用意を忘れずに!

タクシーでは、1,000B札などの高額紙幣のお釣りはないことが多いです。

20B札と硬貨の用意を忘れずに。

また、例えば運賃が95Bの場合、100Bを出したお釣りの5Bはチップとして渡してあげるくらいの気持ちでいましょう。

たまに5Bでも、ちゃんとお釣りを出してくれる運転手さんもいて、そういうときは嬉しくなります。それでも「チップだよ〜」と言って渡しちゃってもいいんじゃないでしょうか。

 

夜中のタクシーには気をつけて!

特に女性一人で夜中にタクシーに乗るのはオススメしません。友達で危険な目にあった!って話もたまに聞きます。

どうしても乗るなら、Grabなどの方が記録が残るのでまだ安心かも。

タイ・バンコクでの移動はタクシー配車アプリ【Grab(グラブ)】が超便利!使い方や事前予約方法を解説するよ!東南アジアで使えるタクシー配車アプリGrabを簡単・便利に使えるように解説しています!...

また、知人に電話をかけたり、動画を撮ったりして、警戒しているということをアピールすることも大切。

 

怪しいと思ったら降りましょう!

めちゃくちゃ運転が荒かったり、薬でもやってるんじゃ?っていう変なテンションの運転手、明らかに道を間違っているのに言っても聞いてくれない運転手など、変なタクシーにたまに当たります。

そんなときは、迷わず降りましょう!!

 

覚えておくと役立つタクシーで使えるタイ語

それでは、タクシーで使えるタイ語フレーズについて、少しだけ紹介しておきますね。

行く パイ ไป
真っ直ぐ トロンパイ ตรงไป
右に曲がる リアオ クワア  เลี้ยวขวา
左に曲がる リアオ サアイ เลี้ยวซ้าย
ここで降りる ロン ティニー ลงที่นี่
ここで止めて ジョーッ ティニー จอดที่นี่

あ、本当にほんの少しですいません笑

でもこれだけ覚えておけば、大抵なんとかなります。

あと「Uターン」はそのまま「ユーターン!」で伝わります。

 

まとめ

以上、タクシーの乗り方について解説してみました!!

乗車拒否されたり、メーターを使ってくれなかったり、色々と腹の立つことはありますが、やっぱり便利なタクシー。

個人的には前より良心的なドライバーも増えてきたように思います。(お釣りをちゃんとくれる、子供がいると安全運転してくれる等)

うまく使いこなして、楽に移動したいですね!どうしても困ったときは、配車アプリのGrabを使うこともオススメですよ!

タイ・バンコクでの移動はタクシー配車アプリ【Grab(グラブ)】が超便利!使い方や事前予約方法を解説するよ!東南アジアで使えるタクシー配車アプリGrabを簡単・便利に使えるように解説しています!...

 

ABOUT ME
ぷくこ
ぷくこ
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!