バンコクごはん

「Khao(カオ)」マンダリンオリエンタルの元料理長が作る創作タイ料理@エカマイsoi10

f:id:pukuko15:20180302005918j:plain

以前から読ませていただいているブログ、「バンコクに一生住む?」の中で紹介されていたタイ料理レストランが、以前からずっと気になっていました。

2017年きーきあっが選ぶ【バンコクのタイレストラン】ベスト3! | バンコクに一生住む?

だって、毎日美味しそうなレストラン情報をアップされているブログにおいて、2017年のナンバーワンレストランに選ばれてるんですよ!?気にならない訳がありません。

そんなレストラン「KHAO(カオ)」に、先日家族で行ってきましたー!

エカマイのタイレストラン【Khao】は超絶おすすめだった! | バンコクに一生住む?

 

Khao(カオ)

f:id:pukuko15:20180302004317j:plain

以前はトンローで営業をされていましたが、昨年エカマイに移転リニューアルして話題になっているお店です。

トンロー店では、1日1組限定のシェフズテーブルのみの営業でしたが、こちらではアラカルトでも美味しい創作タイ料理がいただけます。

ここのお店のヘッドシェフは、マンダリンオリエンタルバンコクで料理長を勤めていたヴィチット氏。トンローの有名寿司店「ゆうたろう」も関わっています。

魚介は日本、肉類はフランスから、新鮮なものを取り寄せているそうです。 

HPによると、ヴィチット氏による料理教室もやっているそうですよ。料理好きな人は要チェックですね!(え、私?私は料理はちょっと…笑)

 

場所

お店があるのは、エカマイソイ10。


Google マップで開く

エカマイ駅からだと徒歩で約15分くらい。歩けない距離ではありませんが、駅からタクシーやバイタクを使った方が無難です。

ソイ10に入り、数百メートル行くと、左手にお店が見えてきます。

f:id:pukuko15:20180301225814j:plain

敷地内には、平屋建のオシャレな建物が。もちろん駐車場も完備です。

f:id:pukuko15:20180302002524j:plain

 

店内

f:id:pukuko15:20180302004711j:plain

店内はとっても広々。太陽の光が心地良く入ってくるので、とっても明るい雰囲気です。

f:id:pukuko15:20180302004821j:plain

はじめはお客さんがほとんどいなかったのですが、時間が経つにつれて人が増えていき、私たちが帰る頃には満席になっていました。ちなみにお客さんは、ほぼタイ人!

開店直後の12時過ぎに行ったので、予約なしでも入れましたが、予約はしていった方が良さそうです。

f:id:pukuko15:20180302004959j:plain

 ベルト無しのキッズチェアはいくつか用意されていました。ソファ席もあり、赤ちゃん連れのお客さんもいましたよ。 

f:id:pukuko15:20180302011514j:plain

エントランスのすぐ近くから、厨房の中を見れるようになっています。

f:id:pukuko15:20180302011502j:plain

この廊下の先にはシェフズテーブル専用の部屋が。騒がしい広間の方からは離されて部屋が作られているところに、特別感がありますね。

 

メニュー

f:id:pukuko15:20180302005202j:plain

メニューは写真付きで分かりやすいです。

f:id:pukuko15:20180302005545j:plain

「Butterfly Pea Juice」80バーツ(約270円)

 青い色が美しいバタフライピーソーダ。スッキリ爽やかなお味でした。

f:id:pukuko15:20180302005702j:plain

「Kai Jeaw Goong」240バーツ(約810円)

エビ入りオムレツ。子供が食べられるように頼んでみました。オムレツ自体も美味しかったですが、これにつけるソースが好きでした。

f:id:pukuko15:20180302005809j:plain

「Kang Kua Goong」340バーツ(約1,150円)

パイナップル入りのカレー。中の具は、カイジャオと同じく海老かカニを選ぶことができます。こちらは海老です。カニだともう少し高くなります。

辛いのが苦手なので、パイナップル入りのカレーを選んでみましたが、全く辛くありませんでした。マイルドで優しい味わい。中に入っているパイナップルがいい味をだしていますね。美味しいです。

f:id:pukuko15:20180302005840j:plain

 「Bawl Jasmine Rice」50バーツ(約170円)

ごはんは、白米か赤米を選ぶことができたので、白米を選択。思っていたよりも柔らかめに炊かれたお米で、お米自体の甘さがよく出ていました。

f:id:pukuko15:20180302005918j:plain

「Duck Sause Makarm」360バーツ(約1,220円)

きーきあっさんが絶対頼むべきとオススメされていたローストダック。添えているのは、タマリンドのソースです。

これは確かに美味しい!歯ごたえの良い鴨肉と、甘辛いソースが、日本人なら誰しもが好きな味付けな気がします。ちなみに、写真に見えているお肉だけでなくて、下にも隠れていますよ。

今回デザートはいただきませんでしたが、どれも美味しそうでした。

上記のメニューにビール2杯と水を頼み、合計1,500バーツほどでした。雰囲気の良いレストランにしては、良心的な値段なのではないでしょうか。

 

まとめ

確かにオススメされた通り、味・雰囲気・サービスともに全て満足度の高いお店でした。

店員さんも、予約なしに行ったにも関わらず、とても感じよく接してくれました。 子供にも優しかったです。

他にも食べてみたいメニューがありましたし、また行きたいなあ。

記念日やアテンドなど、特別な日のランチやディナーにもお勧めできるお店です。

 

店舗情報

KHAO

※ 2018年3月2日現在:1バーツ=約3.4円

 

◆◇ 関連記事 ◇◆

ブログランキング参加中!
記事が面白かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
ABOUT ME
pukuko15
pukuko15
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!