生活情報

【保存版】バンコクで映画を見る方法まとめ~作品情報・上映時間・おすすめ映画館~

f:id:pukuko15:20170507230550j:plain

記事公開日:2016年1月22日 記事更新日:2017年11月26日(上映映画館を調べる方法について追記しました)

バンコクは、映画館がとっても充実しています。また、日本を含め世界各国から有名映画がやってくるので、映画好きにはたまりません。

私自身、バンコクに来てから何度となく映画館に足を運んでいます。スクンビット界隈の映画館は一通り行き尽くしたので、バンコクで映画を見るときに役立つ情報を、まとめておこうと思います。

公開映画情報を集めよう

まずは、どんな映画が公開されているのかを調べます。洋画の場合、日本よりも早く公開されることが多いです。

上映情報は、各映画会社のホームページをチェックすれば、簡単に手に入れることができます。日本からも頻繁に有名映画が入ってきているので、要チェックです。

タイでチェックすべき映画会社HPは、以下の3つです。

▼メジャー・シネプレックス
Homepage Major Cineplex

▼ SFシネマシティ
SF Cinema City

▼ APEX
ApexSiam-Square

試しにメジャーシネプレックスのHPを見てみましょう。

右上の言語を「En(英語)」にすると見やすくなります。

映画情報を見るときは、「Movies」タブをクリック。ここを見ると、現在公開中の映画情報の他、かなり先の上映情報までゲットすることが可能です。たまに延期になることもありますが。あくまで予定、なのがタイですね。

上映映画館を調べよう

見たい映画館の上映映画館を調べるときには、各映画会社HPを更に進んでいきます。

メジャー・シネプレックス

まず、メジャーシネプレックスのサイトへいきます。「Movie」タブを選び、現在上映中の作品の中から、「亜人」を選んでみましょう。すると、下のような画面になります。

左側の選択ボックスには、選んだ映画の名前が既に入っているはずです。そこで、右側のボックスをクリックすると、映画館の名前がずらりと出てきます。

試しに、エムクオーティエの映画館(Quartuer CineArt)を選んでみます。

すると、丈夫に希望日時タブ、下にその日の上映時間が出てきます。時間のところをクリックしていくと、チケット予約&座席選択画面へ移行します。

ちなみに、字幕音声には注意してください。メジャシネの場合は、以下のとおりです。

f:id:pukuko15:20171127000903p:plain

SFシネマシティ

まず、SFシネマシティサイトへいきます。個人的には、SFシネマシティのサイトの方が、使いやすいので好きです。

f:id:pukuko15:20170727214856p:image

上タブ「Movies」から「Now showing」を選ぶと、現在上映中の映画がズラリと並びます。ここで、試しに「名探偵コナン」を選んでみます。

f:id:pukuko15:20170727214409p:image

すると、上のような画面になるので、見たい日にちを選びます。すると、下に上映映画館がずらーっと出てきます。

f:id:pukuko15:20170727214203p:image

この例だと、スリサマンのロビンソンや、ターミナル21で上映していることが分かりますね。

ここで日本語音声のままかタイ語吹替かも分かるので、日本語音声をやっている映画館を選んでいきましょう。(もちろんタイ語が分かる方は、タイ語吹替でも)

ちなみにこのまま進めていくと、チケットの予約も可能です。人気の映画は、予約していくとスムーズに見られると思います。

APEX

APEXは、HPのトップページに、現在上映中の映画と、その上映時間が一覧で並んでいるので、一番分かり易いです。

f:id:pukuko15:20171126234751p:plain

その他

以前は、CINEMATICというサイトで、各映画会社の上映映画館をひとまとめにして記載していて、とっても助かっていたんですが、最近では全映画館を網羅しなくなってしまいました。

f:id:pukuko15:20171126235721p:plain

ただ、現在上映中の映画を、ひと目でパッと分かる点だけは使えるかもしれません。

▼CINEMATIC
Movies showing in Bangkok cinemas | Cinematic

映画を見るときの注意点

公開期間が日本よりも短い

タイでの映画の公開期間は非常に短いです。長くて1か月程度しか上映されません。また、2週間程過ぎると上映映画館数がぐっと減ります。

ですので、公開されたらすぐに見に行かないと、目当ての映画が見られないなんてことも十分あり得ます。

公開映画の切り替えは木曜日

日本では公開日は土曜日に設定されることが多いですが、タイでは木曜日です。

月曜日の時点で、次の土曜日に見に行こうと計画していても、場合によってはもう公開終了していることもありますので、ご注意ください。

上映前のCMが長い

タイで映画を見たことのある方なら「あるある」だと思いますが、CMが異常に長い!

だいたい20分以上、ひどいときには30分近くCMなこともあります。私はいつも、15分くらい遅れて映画館に入っています。

上映前に国王への讃美歌が流れる

CMの終盤で、国王への讃美歌と映像が流れます。このときには、タイ人・外国人関係なく、起立しなければなりません。

館内が異常に寒い

なめてはいけません。本当に寒いです。必ず上着やストールを準備していってください。サンダルの方は、靴下も持って行った方がいいかもしれません。

映画館へ行ってみよう

チケットの買い方

映画館によって多少違いますが、チケットの買い方は日本とほぼ同じです。

窓口型

f:id:pukuko15:20160121205621j:plain

窓口で見たい映画を伝えるだけです。邦画の場合は洋題を言わないと伝わりませんよ〜。あとは席を選んでお金を払えば終了です。

自動型

f:id:pukuko15:20160121205634j:plain

タッチパネル形式で購入するタイプです。

操作するには専用のカードが必要なので、ほとんどの方はパネル前で待機しているスタッフに見たい映画を伝えて発券してもらいます。また、ネットで予約した方も、こちらからQRコードをかざして発券することができます。

おすすめ映画館

それでは、スクンビット界隈のおすすめ映画館を紹介していきます。もし、目当ての映画の映画館がいくつか選べる状況であれば、参考にしてみてください。

雰囲気を楽しむなら!【APEX-SCALA】

f:id:pukuko15:20160121211852j:plain

大きなシャンデリアが特徴の古き良き時代の雰囲気漂う映画館。チケット代は140バーツ(約450円)~。

スクンビット最安!?【LIDO】

f:id:pukuko15:20160110004606j:plain

サイアム駅からすぐの、ちょっと年季の入った映画館。なんと、こんなに便利な場所にも関わらず、チケット代は100バーツ(約320円)~。

レディースデイ有り〼【ターミナル21】

f:id:pukuko15:20160121220337j:plain

通常は200バーツ(約640円)ですが、水曜日は日本と同じく(地域によって違う?大阪は水曜日でした)レディースデイになります。なんとお値段100バーツ(約320円)。

最新設備を体験!【エムクオーティエ】

f:id:pukuko15:20160121214254j:plain
タイ・バンコクのDACO

壁3面に投影し270度の映像体験ができる「トゥルー・スクリーンX」などの目玉スクリーンがあり、とにかく豪華。

元祖最新鋭映画館!【サイアム・パラゴン】

f:id:pukuko15:20160121215953j:plain
バンコクナビ

今でこそタイでも増えてきましたが、こちらは東南アジアで初めて4Dスクリーンが設置された映画館です。

超セレブシート!【セントラル・エンバシー】

f:id:pukuko15:20160121215857j:image
Embassy Diplomat Screens by AIS

ダブルベッドや豪華ソファで映画を見ることが可能。また、席にいながらお酒等のドリンクオーダーも可能。チケットは900バーツ(約2,900円)~。私はまだ利用したことがありません…!

まとめ

最初は海外で映画を見るなんて考えてもみませんでしたが、日本と同じか、それ以上の設備で、日本よりもずっと安く映画を楽しむことができるので、本当におすすめです。

旅行者の方も、時間が合えば是非体験してみてください。スカラなんかは、日本の映画館にはない雰囲気を持っているので、それだけでも行ってみる価値はあるかもしれません。

そうそう、以前紹介したアソークの図書館でも毎週金曜18時半から日本映画の上映をしているので、よかったらチェックしてみてください。

※ 2017年11月26日現在:1バーツ=約3.4円

◆◇ 関連記事 ◇◆

ブログランキング参加中!
記事が面白かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
ABOUT ME
pukuko15
pukuko15
2015年に大阪からバンコク入りした駐在妻4年生。2歳児ママ。 タイ・バンコクの生活&観光情報を"分かりやすく"をモットーに発信中!